日本のプロバレエ団を創設

熊川哲也は、英国ロイヤル・バレエ団に10年在籍し、東洋人初のプリンシパルの座を射止めたバレエダンサーです。

退団後の1998年に、自身の理想を追及するため、Kバレエカンパニーを設立し、芸術監督兼プリンシパルを務めています。2005年には、専属オーケストラのシアター オーケストラ トーキョーも設立しました。

Kバレエカンパニーの興行は、当初よりTBSが担い、2018年からは東急文化村ともフランチャイズ契約を締結し、Bunkamuraを発表の拠点としています。

また、2013年にはK-BALLET YOUTHを設立し、次世代の育成にも力を入れています。

2020年12月2日(水)から12月6日(日)までBunkamuraオーチャードホールにて「くるみ割り人形」の公演が決まっています。