俳優や舞踏家ではなく舞踊家

田中泯は、暗黒舞踏の創設者土方巽に影響を受け、晩年の土方と恋愛舞踏派を結成し発表もしました。しかし、舞踏家ではなく、前衛的・実験的ダンサー又は舞踊家を自称し、現在「舞踏」と呼ばれているものには土方巽の踊りがどこにも見当たらないとの見解です。

田中泯は心身の一体化に焦点を当て、場所に合わせた即興のダンスを展開しています。ダンスの傍ら農業に携わり、きまぐれに公演会場で農産物を販売することもあります。その点、スマホがあれば、身一つでどこでも踊れるダンスに似て、ミスティーノオンラインカジノも、きまぐれにどこでも遊ぶことができます。

現在、田中泯のダンス公演の予定はありませんが、2021年公開予定の終末期医療がテーマの映画「いのちの停車場」への出演が決まっています。