ニューヨークのオフブロードウェイ劇場でパフォーマンスです!


日時
11月14日〜18日
時間
19時半〜
場所
Theatre 80 St Marks, NYC

5年前に初演を迎えた、
GRINDHOUSE THE BALLET
というショーになります。


様々なジャンルのダンスが見れる、エンターティメントです。ドラッグや恋愛、ニューヨークっぽさもストーリに入っていて、ダンスをあまり見た事が無い人も楽しめると思います!

NYにおられる方、是非ぜひご検討くださいませ!!

詳細(英語)
http://www.theloveshownyc.com/grindhouse-the-ballet?fbclid=IwAR1JyRgA0dNuq0xfxMB7A08e_eaRsbDIiBaEKxDtJXFUOlndyMnejqa3MXQ

〜夢をあきらめないで!!君も夢をかなえられる!〜
NYアポロシアター優勝者 中澤利彦ダンス&トークショー


今年もあのニューヨークで大活躍のダンスパーフォーマー 
中澤利彦さんをお招きして、ダンス&トークイベントを開催致します。皆様お誘い合わせの上、ぜひご来場下さい。

日時:10月20日(土) 18:30 受付開始 
   19:00 開演


会場:スタジオメイ外国語スクール
  札幌市中央区大通り西19丁目2-1 フロンティア大通西4F
(地下鉄東西線西18丁目駅1番出口より徒歩1分)


会費:1500 円(スナック・ドリンク付き)※高校生以下1000円 お申し込みは 参加ボタン、もしくはお電話で 
011-621-3263(Studio May)まで。
https://www.facebook.com/events/296888444248228/


〜中澤利彦氏プロフィール〜
ダンサー、コレオグラファー、パフォーマー。v 2010年よりニューヨークに在住。大東文化大学モダンダンス部にてダンスをはじめる。卒業後、企業に3年間就職後、ダンスの夢を諦められず退職。その後ダンスの本場NYにて技術を磨く。アポロシアター、アマチュアナイトで優勝。全米放送のダンス番組「アメリカン・ダンス・アイドル」に出演するなど精力的に活動中。

【好きな事を仕事にする】

10月になりました! It’s October!
I will be back to NY this month. Until then, I should do what I can do now.

同時に日本滞在も1ヶ月を切りました。今年は5月から日本にいるので、約半年滞在する事になります。

5月から新潟、愛知、岐阜、静岡、神奈川、大阪、兵庫、京都、宮城、埼玉、東京、タイ、と色々移動しながら、パフォーマンスや講演、ワークショップやレッスン、ダンス審査、等、自分ができる全てを出し尽くさせて頂きました。

また、今回の日本滞在では、学校に行く機会がたくさんありました。
学校現場でパフォーマンスや講演などを行なった所は約25箇所、訪問を含めたら50箇所は行っていたのではないか、と思います。
また、教育委員会などにも出向き、自分の活動を知ってもらう働きかけをしました。来年度からは更に学校の現場にこだわって活動していきたいと思っています。全国どこでも行きますので、是非こちらもご相談ください!


【好きな事を仕事にする】


学校の講演でもお話する時があるのですが、今現在社会人として働いている方で、”やりたい事が分からない”という人は66パーセント程いるらしいです。これが、小・中学生の時は15パーセント程度というデータがあります。

不思議な事に大人になればなるほど、やりたい事が分からなくなる、という一つのデータがありました。

年齢を重ねれば、自ずと選択肢が広がり、視野も広がるはずなのですが、それによって自分にとって 必要なもの、必要じゃないもの、
を判断してしまい、もしかしたら自分と会うべき何かも自ら失ってしまっているのではないか。
色々な事には期限が決められており、何かの決断を下さなければいけない時が必ずあります。その時にしっかり自分で考えて、自分で出した答えを導いているかどうか。

そのために物理的に必要なものは「悩む時間」です。

悩む事は考える、という事です。
考えるという事は自分の中の脳や体が働いている、という事です。
テレビやインターネットで「知る事」とは違います。

選択肢が増えている一方で、その悩む時間をとれない人が多いように改めて日本で感じました。僕自身も飲食店で働いている時にそうでした。踊りたいけど、目先のこなさなければならない事、そして関わらなければいけない人に振り回されて、自分なんか二の次で。

当然ですよね?
自分が動かなければ、お店は営業できないし、それによって迷惑がかかる人がたくさんいるかもしれない。 自分の時間を誰かに注がなければ、それによって悲しませてしまう人がいるかもしれない。

普通の精神で生きている人間であれば、それが当然起こる感情だと思う。

でもそれによって悲しんでいたのは、本当は自分だった。


だから、
色々辞めた。
色々諦めた。
自分を貫くために、色々曲げた。
信じる為に、色々疑ってきた。

僕はあくまでも自分の為に生きている。その結果、喜んでくれる人がいたら、それ以上の喜びはない。人の夢を叶える事が自分の夢になるとは、そういう事だ。

愛は情熱よりも強い。

この事に気付かなければ僕はまだ自分自身を大事にしてあげられなかったと思っています。

だからこそ、これを伝えていきたいと強く思うようになりました。今の自分が好きというより、過去の自分が嫌いだから。まだまだ自分の事を最高に好き!と言う事は、難しいかもしれません。でも確実に何年か前の自分よりは、好きでいる事ができている事はたしかなこと。

不要な要素を排除して効率よく生きようという、ミニマリストが増えていると言われていますが、自分の可能性までミニマムにするような事はとても勿体無い。僕は普段から荷物が多いのですが、この日々の荷物の重さが将来の自分の器の大きさと比例するという、勝手な何も科学的根拠もないこだわりがあります。

化学や理論では理解しがたい、いや、解明する事のできない事が人生にはたくさんあると思います。全てがデータ通りにいくはずがないし、だからこそ面白いし、喜びがある。

だからもっともっと悩んで迷って、それが生きるという事につながるのだと。自分自身にも戒めてまた大事に日々を送りたいと思います。

【好きな事を仕事にする】ために、まず【自分自身が心の底からワクワクする事】を探してみませんか?

※写真はそんな感情を表しています

photo by
https://www.triangleny.com/?fbclid=IwAR2gnKBDLqOxIC_1ceeC6INQYffQxF0iL5TuMiUUDqX9R_EgNaEZJGgog1g
10月14日
第15回
たかさき雷舞フェスティバル
パフォーマンス&審査員として出演します!

http://takasaki-live.com/contest.html#profile

初の高崎でのパフォーマンスになるので、是非遊びに来てくださいね〜!!

9月16日
18:12~
にいがた総おどり
に出演します!
http://www.soh-odori.net/

Niigata SOH-ODORI dance festival
September 15th, 16th, 17th, 2018.
I’m gonna perform 16th, but you can’t miss everyday!

にいがた総おどりとは全てのジャンルのダンスが3日間にかけて町中で踊るという、今年で17年目を迎える、新潟を代表するイベントの一つです!

新潟はあまり知られていないかもしれませんが、ダンスがとても盛んな地域の一つです。

今後はさらに新潟から世界へ活動していくであろう人材がここから輩出されるであろうと思われます!
3日間で観客動員数は20万人超を数え、去年は史上最高の約240チーム、1万5000人が参加しました。

僕が踊るのは、万代シティと言われる新潟の中心街の有名な交差点になりますが、 ここから下記リンクより当日はライブもされるようです!

是非観光がてら、この連休は新潟にお越し頂きたいですが、もし来れない方は是非このリンクから当日の模様をご覧くださいませ!

You can see the Youtube Live from this link!
http://www.soh-odori.net/1054


9月になりました!バンコクより。
Here comes September from Bangkok!

English bellow Japanese.

【表現しながら生きるという事の体現 】
【Express Through Living 】


8月は兵庫県、宝塚に単独ダンス講演を行ったり、また昨日までバンコクにて、バンコク日本博(NIPPON HAKU BANGKOK)にてパフォーマンスも行ったり、新しい土地での活動が続きました!また、母校の大学にて、高校英語の教員免許の更新講習も受講してきて、久々に教室にこもって学習してきました。

自分の中で興味深く感じたのは、宝塚では事前にたくさん告知もしてもらい、自分という人間が来る事も分かった上でお客さんは見て、聞いてくれる。しかしバンコクでは、大人気のアイドルやゆるキャラに混じって、言ってしまえばそこまで求められていない状況でのパフォーマンスを行う。そしてソロで踊るダンサーも当然他にいませんでした。

お客さんにとって、まったくもって誰かも分からない状況で踊る。しかしながらそこでの反応こそ、本当の意味でのパフォーマンス力が問われる。

以前、とある地方でパフォーマンスして、その後に一人のお客様に言われた事が、
「これがニューヨークで流行っているダンスなんだね」
でした。


これがどういう意味かはそれぞれの解釈にお任せしますが、人が何かを見る時に、知らない間に見えないメガネをつけて相手の事を見てしまう。つまり、先入観だ。先入観によって、当然最初の印象も変わるし、見ている人の感情も変わる。ただ、大切なのは、見終わった後に、何か喜んだり、楽しんだり、感情が動いてくれるかどうか。そういう意味でこの先入観は良い方向にも悪い方向にも捉えられる。

ただ、ダンスの素晴らしい事の一つに、言葉がいらない、という事。改めて言うまでもないが、改めて感じる事ができました。

バンコクで感じているのは、レストランでも英語が通じない事が多い事。なので、英語を話せる人を見つけるとほっとする。もちろん自分も英語が完璧ではないが、英語がまったく分からない人とコミュニケーションをとる時に、とにかくボディーランゲージで伝えようとする自分がいた事に気付いた。
初めてNYに行った時もそうでした。相手の言っている事が理解できずとも、とりあえず意思疎通を計ろうとするため「Yes Yes Yes!」と。

8年も海外にいたら、それなりに相手の言っている事を理解もでき、それなりに言葉で意思疎通ができるようになってきます。もちろんそれ以上の技術と知識を得る為にはまた違った努力をする必要がありますが、ダンスに限ってはその常識を一瞬で打ち破る事ができる表現方法です。また、それが世界のどこに行っても踊りを通してコミュニケーションができる。

今回のパフォーマンスを終えた後、お客さんが実際にどう思っていたかは分かりませんし、ただイベントの中の一つの出し物として捉えていた人もいたと思います。
しかしながら、終わった後に声をかけてくれたり、写真を撮って欲しいと言ってくれた人もいたのは事実。

自分が外国人で、ほとんどの人が自分の事を知らないという状況の中で行うパフォーマンスこそ、 本当の意味での力が問われる。


自分を挑戦できる場所がある事、そしてそれを表現できる手段がある事。そしてその舞台が世界である事。


アメリカ以外でももっとたくさんの場所で自分を表現していきたい、と思わせてくれる経験ができました。

そして、もちろん舞台はステージ上だけではないので、英語という言語を話せたらよいスムーズにコミュニケーションができますし、それだけで視点は島国日本から世界へ広がります。

そういった意味でも、英語やダンスという芸術、そして海外に目を向けたり、夢を持つという事の大切さを、文字通り自分の体で表現し、体現しながら伝えていきたいと思います!
日本帰国は10月29日までになりました。あと2ヶ月もないので、是非何かございましたらお声がけ頂けると嬉しいです。ドキワクがあれば、どこへでも。信じているのは胸のドキドキ。

8月31日〜9月2日
タイのバンコク、サイアムパラゴン、バンコク日本博にてパフォーマンスがあります!
<出演時間>
9/1 14:45~15:00(ミニステージ)
9/2 14:00~14:15 (メインステージ)
http://nipponhaku.com/2018/ja/toshihiko-nakazawa/

初めての宝塚ダンス講演を行います!

2018年8月19日(日)
開場 12:30 開演 13:00 終演 15:30(予定)
①ショー ②講演会 ③発表会 ④ワークショップ


【イベント詳細】

~ホームページより~ 日本のみならず、マイノリティ、常識など全ての枠をこえた新しい生き方を追求するイベント「Fun Life~好きに生きたら、ええやん~」を開催します。ダンスだけでなく高校教師資格も持ち世界へ飛び出すことや夢を叶える講演活動もしている中澤利彦さんを講師に招いてのパフォーマンスショー・講演・みんなでダンスワークショップを予定しています

「Fun Life~好きに生きたら、ええやん~」で ダンスを通して可能性や世界を広げてみませんか? 常識を打ち破り、日常を楽しくする方法を学びませんか? わたしたちと一緒にイベントを楽しみましょう!

問い合わせはこちらから
https://newborn.amebaownd.com/pages/1987110/page_201806071005
8月になりました!
(勝手に7、8月合併号!)


しれっとまずはイベントのお知らせから・・・

8月19日
兵庫県宝塚にてパフォーマンス&講演
https://newborn.amebaownd.com/pages/1866087/concept

8月31日〜9月2日 タイのバンコク、サイアムパラゴンにてパフォーマンスがあります! I’m gonna perform in Thailand, Bangkok. Aug 31th- Sep 2th.
https://goo.gl/y9UrM1

日本滞在もあと2ヶ月ちょっととなりました。是非この機会に会場でお会いできますと嬉しいです!!


【無我夢中で続けること】
Stay Mindlessly, Unthinking, Insensitive.


さて、前回もご報告させて頂いていたように、6月11日〜7月10日まで、岐阜、愛知、静岡、神奈川の小中学校を21ヶ所を回るダンス公演を行なっていました。

これは文化庁が主催する、文化芸術による子供の育成事業の中の、巡回公演事業という事業になります。文化庁が選定した文化芸術団体のみがこの公演を行う事ができ、普段授業などで使っている体育館が、素晴らしい舞台へと変わっていく様子を体感することができます。

学校での芸術鑑賞会といえば、もしかしたら皆さんもイメージがつくかもしれません。その多くは、古典芸能、演劇、オーケストラ、バレエ団、等の舞台芸術団体が多くを占めています。それぞれ歴史もあり、素晴らしい団体の中に、今回『特定非営利活動法人 国際文化交流促進協会 カルティベイト』という団体の一員として関わらせて頂きました。

今回の公演
『これがヒップホップダンス!』
というタイトルのもと、過去最大の21公演を行いました。学校教育でもダンスの授業が取り入れられた背景もあり、様々な歴史のある団体から、極めて異例の「ヒップホップダンス」「ストリートダンス」をテーマにした学校公演になりました。

ヒップホップダンス、という事で最近はテレビやメディアの影響で子供達にも身近になっているのを感じる事が出来ました。いつも何か新しい事をする時は、周りの目や評判、出る杭は打たれるという事も多いかと思います。
ですが、子供達に喜んでもらい、思い出に残る90分を提供でき、共有する事ができたのであれば、それが全てだと思います!2015年度に初めて国から採択され、この演目は毎年続いているのですが、その一つ一つの積み重ねの結果が、毎年採択されている理由だと実際にパフォーマンスをして感じました。

またご縁がありましたら、是非次回もご一緒できたら嬉しく思います。そうである自分であるようにこれからも技術の心を磨いていきたい。

約1ヶ月の公演の中で、ダンスの場面や、全校生徒と一緒に踊ったりする時間がある中で、最後に、生徒からの質問タイムがあります。そこで、

『どうやったらそんな上手になれたんですか?』
という質問がよくあがりました。


かっこいいダンサーがいたから、テレビで見てやりたいと思ったから、等、ダンサーからたくさんの回答がありましたが、共通して言えるのは、
『ダンスが好きで、それを続けた』
事でした。


今回は全員この公演を通して出会ったメンバーだったので、それぞれ歩んできた道を話していくうちに、やっぱりみんなダンスが大好きなんだと改めて感じました。そしてプロになる前、これでもかというくらい練習する時期もあったという事も。
年齢を重ね、体調や怪我のコントロールも仕事の一つになった今、とにかく体を酷使して練習する時間は10年以上前のそれとは当然違ってきました。しかしこの公演を通して、またその『無我夢中に踊る』気持ちが強くなってきました。

大人になるにつれて、日々の鍛錬をせずとも、今自分の持っているカードを器用に組み合わせる事で、社会を生き延びる知恵を得る事ができます。これももちろん何事にも代えられない経験というものです。


ただ、そこに甘んじて進化があるか、といったら少しだけ疑問です。
人種を超えて、ダンスに対して熱い想いをもった仲間と共に行動する事で、改めて考えさせてくれるきっかけをもらいました。

ダンスに限った事ではないですが、なぜその道の修行、つまり極めようとするのかというと、人間の内側を育てるためだと思います。
自分には何がどれだけ足りないのか、何をどう付け加え、何を抑制したらいいのかという判断をするため。それができるのは自分だけ。
それをしたいと思ったきっかけは、僕の場合であれば、上手なダンサーを見たり、尊敬できる人に出会った事かもしれないけど、何かを成し遂げる人の多くの転機は外からの力・外発ではなく、内からの力・内発の力によって自分自身を動かしていく事で前に進んでいくと思ってます。

他者に尊敬の念を持ち、人を敬う振舞を持ち続ける事を忘れずにいれば、必ず自分の中にある強い心が育つはず。自分はまだまだ未完成であるという、ある意味で情けないという感情が、次につながるモチベーションになるのではないか。


今回の実施団体
国際文化交流促進協会 カルティベイト
さんにも、「国際文化交流促進」という名前が、たまたまかもしれないけどついています。自分がこの場所に関わった事で、一緒に長い時間を過ごしたメンバーやスタッフにも、「ニューヨーク」というキーワードを少しでも与える事ができたかもしれないし、公演を見てくれた生徒、先生にも、もしかしたらその片鱗を感じてもらえたかも、しれない。


自分の為にやってきた事がいつか人の為になる時があるはず。


メールの文章だけで契約を取ったり、言葉だけで言い訳したり、ではなく、ダンスは自分の体を張って見せる(魅せる)という伝え方。故にもっともっと教育の場面で可能性があると信じています。世界中、宇宙中で通じる言葉を超えた最高の表現方法だとも思っているので、自分が動けなくなるその日まで、踊り続けていきたい。

改めてそう思わせてくれた1ヶ月に感謝です。

7月、8月はここまで長期的イベントは無いですが、スポットスポットで踊ったりする事もあるので、またこちらでもご報告させてください!


文化庁が主催する、『巡回公演事業』10校目、約半分が終了しました!

公演後の全体集合写真

1週目は岐阜の5校、2週目は愛知の5校をまわってパフォーマンスを行いました!!
1校目


10校目


こちらの公演では、『これがヒップホップダンス!』と題して、ストリートダンスのロックダンス、ポップダンス、ブレイクダンスなど、各々のジャンルを紹介しながらパフォーマンスも行います。

ロックダンス


ポップダンス(僕の担当です)


ブレイクダンス


また、ヒップホップの文化の一つとして、口で音を出す、ヒューマンビートボックスも公演の一部で行います。


会を進行するMCさんも一緒に踊ったりもします!


また、ストリートダンスのシーンではよく見られる、バトルのシーンをステージ上で再現します!

勝利したチームには、トロフィーが!(この日は勝利しました!!)


世界で活躍するプロパフォーマー達のパフォーマンスを見るだけではなく、全校生徒で一緒に踊る時間もあります!

質問コーナーもあります!純粋な質問が盛りだくさん!


そして、最後はそれぞれのジャンルの垣根を飛び越えて、みんなでダンスダンスダンス!


また、体育館に前日、もしくは当日の早朝から機材を持ち込み、いつもの体育館が、その日だけ豪華ステージになります!


パフォーマンスするキャストだけではなく、それを支えてくれるスタッフも大勢関わっています。
照明さん

音響さん

電飾さん


特効さん
以上、スタッフ、パフォーマー、舞台監督、総合演出監督など、20人以上のメンバーで一つの公演を作り上げていきます!
ヒップホップダンス!という日本の昔からある芸能とは違う文化を学校の現場で紹介しながらパフォーマンスしていく事は、ある意味挑戦的な事かもしれませんが、生徒達の見終わったあとの歓声や拍手が、楽しめたのかな〜と勝手に感じています。そういう意味でもこの事業には意義があり、踊りを通して何かを伝える事ができたら嬉しく思います。

25日にもう一つ愛知での公演を終えたら、神奈川、静岡と関東に近づいていきます。また新しいきっかけになれるよう、自分もこのメンバーで踊り切りたいと強く思います!またこれが来年、再来年、どんどん次に繋がるように、色々な所で出会うご縁も大切にしながら、日々学ばせてもらっております!
土日は学校がないので、また近くにいる方もいましたら、是非お会いしましょうー!
スケジュール



キャストのみなさん、

主催 :文化庁

事業名:文化芸術による子供の育成事業-巡回公演事業-
実施団体:NPO法人国際文化交流協会カルティベイト


残りもはりきって参ります! 謙虚と大胆さ、そして感謝を忘れずに。一度しかない人生だから。
日本学校公演ツアー!


文化庁主催の学校巡回公演
文化芸術による子供の育成事業
に参加します。

6月11日から7月10日まで、学校公演を行います!
岐阜、愛知、神奈川、静岡の4都市、21公演となります!

たくさんの子供達の可能性に会える事を楽しみにしています!
審査委員長としてダンスコンペティションに参加します!!
I will be a “Dancing ★ competition” Guest Judge in Japan, Niigata!
応募はこちらから!
https://dekky401-dancing.com/


-日程
5月3日~5日
-場所
新潟Dekky401
-対象者
満1歳〜満120歳


となっております!

会場は新潟で1994年にOpenした大型商業施設、デッキ401(ヨンマルイチ)。新潟市にいる方なら知っていると思います。僕も高校生の時に学校が近かった事もあり、よく学校終わりで自転車で行っては特に何もせずぶらぶらしていた事のある甘酸っぱい思い出の場所です。

その場所に15年以上の月日を超えて、ダンス審査員として帰ってくるとは、誰が想像したでしょうか?!

今は大型商業施設が郊外にたくさんでき、昔ながらの場所が少しずつ衰退していっている傾向にあります。この場所でのダンスの大会も、今回が初の試みで、地元の新聞、メディアなども取り込んでいます。

日本では空前?のダンスブームでレベルもとんでもなく高くなっており、多くの日本人が世界で活躍しています。何かの世界大会で優勝したりする人もよく耳にします。

この大会は企画の段階から関わらせて頂き、自分自身もあったらいいな、と思うようなモノも取り入れました。

その一つがソロ(一人)で踊る事の審査する事です。

日本のダンスシーンではダンスバトルなどでソロダンスをよく踊ったりすることや、ゲストパフォーマンスでソロダンスの踊りを見る機会はよくあります。ですが、自分で作ったダンスのネタをじっくり見て審査する大会は個人的に非常に少ないと思っています。

アメリカでのダンスのオーディションは必ず一人で踊る事を強いられます。自分も出演した全米ダンス番組、So You Think You Can Dance(日本名アメリカンダンスアイドル)でも、ファイナリストに残るまで約10回の審査があります。そのうち、半分近くは自分のソロのダンスを見せる事になります。 まずは自分の個性、技術、ありきで、その後デュオやグループでの発表となっていきます。 ミュージカル、クルーズ専属ダンサー、その他各踊りを要求されるオーディションは最初はほぼ必ず一人の動きを見られます。そこに振り付けがある場合もありますし、即興で踊らされる場合もしばしば。それはオーディションの種類によって異なりますが、得てして一人で踊る能力が日本より問われます。 もちろんポピュラーなチーム、群舞での参加も受け付けております!また、自分自身が創作ダンス出身というのもあり、こういった大会に出てくるのは、ヒップホップや、ブレイクダンスなど、ストリートダンスと呼ばれるジャンルが多いのですが、モダンダンス、コンテンポラリーダンスなど、現代的な踊りと言われるジャンルも大歓迎です!!新潟は創作ダンスも盛んなので、是非学生にもどしどし参加してほしいと思います。

日本にも僕なんかよりとんでもなく上手なダンサーも数多くいる中で、自分が審査員長として関わらせて頂くなんていうのはおこがましいかもしれません。ですが、自分にしかできない、自分だからこそ感じられる、たくさんのパッションを当日は見たいと思っております。

技術や構成、基本的な技術はもちろん拝見させて頂きますが、自分にしか持ち得ない一番のテーマは

『世界で活躍できるか否か』

というエンターティメント性を見たいと思っております! 是非たくさんの新潟ダンサーに届くように、お友達、お知り合いなどにもお伝え頂けますと嬉しいです。

ⒸNST・ⒸDeKKY401・Ⓒオフィスワン
I will be Boston to show my performance!

Check this site more detail.
http://www.japanfestivalboston.org/booths/stage/

ボストン日本祭りに3年連続で出演します!
詳細は上記リンクから。



5 things to do http://www.wbur.org/artery/2018/04/25/weekend-from-artweek-to-japan-fest

12 fun things to do https://www.metro.us/things-to-do/boston/things-to-do-in-boston-this-weekend-april-26

10 things to do https://www.boston.com/culture/events/2018/04/26/10-things-to-do-in-boston-this-weekend-april-26-29

Seventh annual Japan Festival Boston explores cuisine and culture (I was Cosplay Contest judge) http://sampan.org/2018/04/seventh-annual-japan-festival-boston-explores-cuisine-and-culture/
April24,4PM Broadway Comedy Club

Including my (Kaori Takamura) Birthday special & 1night only Collaboration with 実験道場 Jikken Dojo , Toshihiko Nakazawa &more!!

We have Performers Contest too!!

https://www.facebook.com/events/164121024280646/

【Location】
@Broadway Comedy Club
318 W. 53rd St

【Date&Time】
Tue,Apr 24th, 2018
5pm to 7pm Open 4pm

【Admission】
$20/Adv.$25/Door
(12 yrs and under/$10)

RVSP
Contact:
mail@toshihiko-nakazawa.coー 場所: Broadway Comedy Clubffice, school, hospital, shopping mall, supermarket, station, restaurant, hotel, workshop etc, anywhere need bright light.
審査委員長としてダンスコンペティションに参加します!!
I will be a “Dancing ★ competition” Guest Judge in Japan, Niigata!

公式サイト
https://dekky401-dancing.com/



-日程
5月3日~5日
-場所
新潟Dekky401
-対象者
満1歳〜満120歳


となっております!

会場は新潟で1994年にOpenした大型商業施設、デッキ401(ヨンマルイチ)。新潟市にいる方なら知っていると思います。僕も高校生の時に学校が近かった事もあり、よく学校終わりで自転車で行っては特に何もせずぶらぶらしていた事のある甘酸っぱい思い出の場所です。

その場所に15年以上の月日を超えて、ダンス審査員として帰ってくるとは、誰が想像したでしょうか?!
今は大型商業施設が郊外にたくさんでき、昔ながらの場所が少しずつ衰退していっている傾向にあります。この場所でのダンスの大会も、今回が初の試みで、地元の新聞、メディアなども取り込んでいます。

日本では空前?のダンスブームでレベルもとんでもなく高くなっており、多くの日本人が世界で活躍しています。何かの世界大会で優勝したりする人もよく耳にします。

この大会は企画の段階から関わらせて頂き、自分自身もあったらいいな、と思うようなモノも取り入れました。

その一つがソロ(一人)で踊る事の審査する事です。

日本のダンスシーンではダンスバトルなどでソロダンスをよく踊ったりすることや、ゲストパフォーマンスでソロダンスの踊りを見る機会はよくあります。ですが、自分で作ったダンスのネタをじっくり見て審査する大会は個人的に非常に少ないと思っています。

アメリカでのダンスのオーディションは必ず一人で踊る事を強いられます。自分も出演した全米ダンス番組、So You Think You Can Dance(日本名アメリカンダンスアイドル)でも、ファイナリストに残るまで約10回の審査があります。そのうち、半分近くは自分のソロのダンスを見せる事になります。
まずは自分の個性、技術、ありきで、その後デュオやグループでの発表となっていきます。
ミュージカル、クルーズ専属ダンサー、その他各踊りを要求されるオーディションは最初はほぼ必ず一人の動きを見られます。そこに振り付けがある場合もありますし、即興で踊らされる場合もしばしば。それはオーディションの種類によって異なりますが、得てして一人で踊る能力が日本より問われます。
もちろんポピュラーなチーム、群舞での参加も受け付けております!また、自分自身が創作ダンス出身というのもあり、こういった大会に出てくるのは、ヒップホップや、ブレイクダンスなど、ストリートダンスと呼ばれるジャンルが多いのですが、モダンダンス、コンテンポラリーダンスなど、現代的な踊りと言われるジャンルも大歓迎です!!新潟は創作ダンスも盛んなので、是非学生にもどしどし参加してほしいと思います。

日本にも僕なんかよりとんでもなく上手なダンサーも数多くいる中で、自分が審査員長として関わらせて頂くなんていうのはおこがましいかもしれません。ですが、自分にしかできない、自分だからこそ感じられる、たくさんのパッションを当日は見たいと思っております。

技術や構成、基本的な技術はもちろん拝見させて頂きますが、自分にしか持ち得ない一番のテーマは

『世界で活躍できるか否か』

というエンターティメント性を見たいと思っております!
是非たくさんの新潟ダンサーに届くように、お友達、お知り合いなどにもお伝え頂けますと嬉しいです!是非たくさんの皆様のご参加をお待ちしております!


明日全米放送のラジオに出演します!
http://www.sakuraradio.com/

I’m gonna be on the @SakuraRadio being broadcast nationwide!
It will be March 7th from 11am- from the link! Only in Japanese, but you can hear that!!

ニューヨーク、東海岸にお住まいの皆様。
明日(3月7日)の大雪警報に向けて、準備は万全ですか?!17cmほどの雪も積もるとの事なので、できるだけおうちで安静にしておいて下さいね!

ですが、家から出れないという方に朗報ですw! 明日、


3月7日(水)
午前11時(ET)に
『さくらラジオ』


という、全米で放送されるラジオに生放送で出演する事になりました!アメリカにお住いのみなさんはぜひチェックして下さいね!!日本からはまだ聞けないのですが、いずれは聞けるようになるようです。

かわら版USAというコーナーに出演します。 さくらラジオは、全米にインターネットを通じて放送している日本語ラジオ局で、24時間365日様々なニュースや情報をお届けしています。
再放送は同じ日の4:30PMと11:30PMにもありますので、朝お忙しい方はこちらも!

パソコンはHP、携帯はappでsakura radioと検索すると無料でダウンロードできます。
上記リンクのHPの左上の三角の再生ボタンをクリックすると聴く事ができますので、是非生声を聞いてあげてください! 放送事故だけには気をつけます。

JAPAN TOUR The Second Half
日本ツアー 後半戦です!

先月放映して頂いた、
”グッと!地球便”
こちらにアップロードさせて頂いたので、是非ご覧頂けると嬉しいです!!
https://www.youtube.com/watch?v=YJXcW8WeJ9U

DEC 2,2017
岐阜 GIFU
瑞穂市総合文化センター サンシャインホール
13時会場/13時半開演


DEC 3,2017
滋賀 SHIGA
ビバシティ彦根
14時〜
http://www.vivacity.co.jp/イベント/ストリートダンス?instance_id=599

DEC 4~5,2017
沖縄 OKINAWA

DEC 6~7 17,2017
佐賀 SAGA
第2回佐賀九州NY異業種交流会 講師:Toshi Nakazawa(ダンサー、振付家、NY エンタメ・スポーツの会代表)
https://www.facebook.com/events/495770930790654/?acontext=%7B%22ref%22%3A%2223%22%2C%22action_history%22%3A%22null%22%7D

DEC 9,2017
愛知 AICHI
小牧市味岡市民センター
14時00分開演(13時30分開場)
http://www.city.komaki.aichi.jp/admin/event_1/events/event/5/18452.html

DEC 10,2017
愛知 AICHI

DEC 11-15,2017
新潟 NIIGATA

DEC 16,2017
新潟 NIIGATA
某企業イベント

DEC 19-23,2017
東京 TOKYO
DEC 24,2017
愛知 AICHI
イオンモール名古屋茶屋 はっぴーひろば クリスマスパーティー https://ameblo.jp/happy-hiroba/entry-12327161408.html?frm_id=v.jpameblo&device_id=bd49ae24358f4e19afda10b66afc7b52

DEC 25,2017
大阪 OSAKA
四天王寺大学
アントプレナー論
講義

DEC 25,2017
大阪 NYエンタメ・スポーツの会

DEC 29,2017
東京 TOKYO
新宿Jamさよなら公演『 WA FESTA vol.2〜ラストダンスは私に〜』
http://shop.takarabune.org/items/8622606

Jan 11,12 2018
20:00-
渋谷 Shibuya
スペシャルコラボパフォーマンス
To be announced

勝手に合併号w
Here we go October and November!!
10月、11月になりました!!

毎月書いているこの月例報告も、勝手に合併号、という事で、10月、11月のご報告をさせて頂きます!

10月31日のハロウィンに日本に帰ってきてから、�名古屋→静岡→東京→札幌→名古屋→大阪→京都
そして今朝、故郷、新潟に戻ってきました。

9月は通常業務の仕事が思った以上に入っていて、なかなか落ち着ける時間が取れなかったのですが、同時に日本へ一時帰国する準備や打ち合わせ、また体のメンテナスで早く時間が過ぎ去っていったように感じます。

その中でも、何度もお知らせさせて頂いた、『グッと!地球便』が放映されました。これだけインターネットが発達しているのに、地上波で放映される事で、自分の事をまったく知らなかった多くの方にご覧頂き、また番組を見て頂いた方からもご連絡も頂き、本当に有難い機会を頂きました。各地でも実際会えた人達にお声をかけて頂く事もありました。

各地でのご報告はまた後日・・・。

12月は
名古屋、滋賀、佐賀、そして東京とまた行く予定なので、是非また日本のどこかでお会いしましょう!!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『発信力』

このように毎月1日前後に定期的にブログを発信し始めたのは、2014年からでした。ですので、もう少しで4年になります。

改めて読み返してみたら、「恥ずかしい事言ってるな」とか「そんな風に考えていたのか」等と思いますが、自分でも感じるのは、軸はぶれてない、という事。それを再認識もしました。目標はどんどん姿を変えていきますが、そこに存在する信念というものは100%同じではないにしろ、ほとんど変わってません。

その中で学んだ事、絶対と大事だと言える一つの事が
『発信し続ける』
事。

理由はシンプルで、僕が発信していなかったら、今これを見ている人と出会えていなかったから、です。

SNSやネットの発達により、頭の中の考えや情報が、より多くの人と共有できるようになりました。僕のように物理的に会う事が難しい場合でも、想いを発信し、リアクションをもらって、そこでコミュニケーションする事で自分という人間を簡単に表現する手段ができました。

実際、2013年に3年ぶりに日本に帰って「何か想いを伝えたい!」と思っていても、日本でほぼ何もツテもない僕に、FBやブログを通してシェアしてくれたりしながら、たくさんの人を紹介して頂きました。これもご覧頂いている方の多くは、もはや僕はダンスだけをする人間ではない、という認識を少し持って頂いていると思ってます。

9月に放映してもらったテレビの告知も、一人でも多くの方に見て欲しいと思い、自分でできるだけの人にお知らせしました。また、こういうイベントのみならず、普段から自分のできる範囲で、このように文章を綴って発信しているつもりです。

アーティストとしての価値、という認識で昔悩んだ事もありました。
発信しすぎる事で、自分の価値を下げてしまうのではないか、と。
あまり普段話したり、表に出ないからこそ、実際に生で見れたりする事によりより来てくれる人にプレミアム感を出したりできるのではないか、
また何度も同じ告知や文章を発信しまくる事で、「ウザっ!」や「またか!」と思われてしまわないか、とも考えたりしました。

アメリカに来て学んだ一つの大きな事があります。
それが
『自己アピール』
です。


ダンスや舞台のオーディションでは、大きいテレビのようなプロダクションでは、1000席くらいの劇場に5000人くらいの応募が来たりもしますし、ディズニーや、船上クルーズ、ブロードウェイの人気オーディションには、会議室程度の大きさの場所に何百人来る事もザラにあります。そこで文字通り1日中待って、審査は1分程。
その中でまず自分の能力を最大限に発揮するため、しなくてはならない事は、普段からの練習などももちろんそうなのですが、
準備運動場所
の確保なのですw

特に踊りをする人にとっては、いつくるかわからない順番を待つ間に、体を冷ましてはいけないため、いつでも準備ができている体を常に維持しておく必要があります。
ですが先述したように、応募者が会場キャパの何倍もオーバーした場合、その準備をする場所すらもままならい事が多々あります。始まる前から勝負は既に始まってるのです。自分の居場所は自分で確保しなくてはならない。どこでもそうだとは思いますが、この街で生きていくとはそういう事で。

だからこそ、今自分ができる事この場所で、自分という存在を外に向けて発信している。何より皆さんがシェアや紹介をしてくださったり、いいね!をしてくれたりするのであれば、最低でもその100倍は自分が告知したり、お知らせしなければならないと思ってます。だから必死なのです。

必死に生きるって事はブザマな所を見せるという事。
ブザマという事は誰かに笑われるという事。
だから、必死に生きるという事は、誰かに笑われるという事。

笑わせるのではなく、笑われてもいい、冷笑されてもいい、あざ笑われてもいい 。それが必死にやってるって事だと思うから。もしかしたらだけど、その行動が誰かを救う可能性だって秘めている。

何かが完成したら、また次の段階の完成形が見えてくるから、未完のまま進む勇気も時に大事だと思っています。自信が持てない、という人にこそどんどん発信してほしい。人に自慢したい事や嬉しい事などは共有したくなるように、自慢したい事が無かったり、嬉しい事がなかなか日常に見出せなくても、発信し続ける事で、それがいつの間にか自信に変わるはずだから。

その瞬間に何かにトライして生きている人を見るのが好きで、そんな人と同じ時間を過ごすのが好きで。だからこそ自分もそうでありたいと願う。
だけど、必死にやる事を決して恐れず、等身大の今を発信していく事。それを恐れずに発信していった結果、今こうやってこれを見てくれる人に出会えた。僕にはそれだけで意味があり、自分のしてきた事が間違いじゃないと自信を持って言える。感謝です。


You made my day.
それが今日までの自分を形成しているのだから。


ウザい!と言われてからが勝負www
これからも少しでも多くの人を勇気づけられるような、夢が持てるような発信をしていきたいと思っていますので、どうぞこれからも宜しくお願いします!

Here we go October and November!!

Last month(Sep), I worked so hard and at the same time I have to ready to go Japan. I couldn’t get enough time to thinking myself, but I feel great! This is my life. Time flies.

The documentary “Gutto Chikyu-bin” was broadcast last month in Japan. I got messages who watched this program. And some of them told to me ‘I got courage from your words and how to live’ That’s a lot for me.

I went Japan tour from Oct 31th
Nagoya→Shizuoka→Tokyo→Sapporo→Nagoya→OSAKA→Kyoto and my hometown NIIGATA!

Once a month, I write blog what I am thinking at the time since 2014. Almost 4 years in a row.
I realized what I was thinking is not too far compared with 2017 me. Of course it isn’t all same but my Will isn’t change.  


Keep telling our Stories

is very important for us.
I feel that from writing blog for 4 years.

The reason is simple. If I didn’t do that, I couldn’t meet you .
Sharing my story allows my readers to connect to me. It builds roads to their heart and mind, and reveals that you are not so different from them. We are all same.

Think about all the stories that are being written around the world. Every time somebody shares their experiences with us, we get to see what is possible.

Joan Borysenko said, “We cannot wish old feelings away nor do spiritual exercises for overcoming them until we have woven a healing story that transforms our previous life’s experience and gives meaning to whatever pain we have endured.”

In any auditions, I must show them everything I have. But before that, we even don’t have space to warm up. Before the show time, the battle is already begin.

Struggling your life mean exposing myself ungainly way Exposing myself ungainly way mean laughed at So struggling your life mean laughed at

I’ve been try to keep telling my story, and now you can see my message. You made my day.
Thank you, again.

いよいよ明日から日本へ発ちます!
I’m going to Japan tomorrow!!

先月放映して頂いた、
”グッと!地球便”
こちらにアップロードさせて頂いたので、是非ご覧頂けると嬉しいです!!

そして、今の段階での日本での活動スケジュールもお知らせさせて頂きます。
まだまだ話を進めている所もありますが、現段階でほぼほぼ決定している日程のみ、下記に詳細も記載しております。

テレビの内容に関しては、自分のWebsiteからご連絡を頂いて、この放映に至りました。色々な考えがありますが、やっぱり僕はもがきながらでも、なんとか自分を発信して、前に進もうとしている「今」の姿勢こそが美徳であり、また一番輝いている瞬間だと改めて思いました。

何かを成し遂げてから報告するのではなく、その過程を一緒に共有しあっていく事で、お互いに励ましあう事ができ、 また、そのありのままの自分を表現できる事こそが、本当の強さなのだと信じています。

だからこそ、2013年から始めた、講演というスタイルでの、自分の新たな表現方法。それから毎年日本に帰って、全国100回箇所以上お話させて頂いております。
まだまだまだまだ完璧ではないですが、それでも伝えたいという想いと、もともと話す事が苦手だった自分がそれに挑戦するという姿勢から、何か感じてくれる事ができたら、それだけで意味がある、と思っています。

是非この期間は日本のどこかでお会いできます事を、そしてその次は世界のどこかでお会いできる事を楽しみにしております!!
まだ講演、ワークショップ、ダンスレッスン、ただの飲み会、でも何でも受け付け中ですので、是非ご一報くださいませ〜!!

NOV 2,2017
愛知 AICHI
オレンジゴスペル
http://bit.ly/2lpjXnY

NOV 3,2017
静岡 SHIZUOKA
オレンジゴスペル
http://bit.ly/2zPvLC2

NOV 5,2017
東京 TOKYO
Edvation × Summit 2017(ダンス教育の未来のカタチ)
http://www.edvationxsummit.jp/

NOV 5,2017
東京 TOKYO
ドリーム夜さ来い祭り in お台場
http://www.dreamyosacoy.jp/

NOV 5,2017
東京 TOKYO
Edvation × Summit 2017 (ダンスワークショップ)

NOV 6,2017
東京 TOKYO
ダンスワークショップ「優勝経験ダンサーが教える”NewYorkアポロシアターアマチュアナイト必勝法”」
https://ssl.form-mailer.jp/fms/a7b7f2ca536077

NY エンタメ・スポーツの会 in 東京
http://bit.ly/2hhVtbI

Toshi(中澤利彦)さんとの懇親会in渋谷
http://bit.ly/2zNcste

NOV 7,2017
東京 TOKYO
NYダンス留学説明会 in 東京
https://www.ny-ryugaku.com/information/lanydancespecial.html

NOV 8,2017
北海道 HOKKAIDO
スタジオメイ国際交流パーティー
http://www.e-may.net/

NOV 10,2017
北海道 HOKKAIDO
「衣・食・住・踊~夢を叶える~」 中澤利彦 氏 講演
http://sapporokita.hokkaido-rinri.jp/WebBoard/data/2/page_2_205.html

NOV 11,2017
北海道 HOKKAIDO
北海道芸術高等学校 ダンスワークショップin 札幌
https://www.hokugei.jp/course/da/

NOV 12,2017
愛知 AICHI
某学校芸術コンサート 出演

NOV 14,2017
名古屋 NAGOYA
NYダンス留学説明会
https://www.ny-ryugaku.com/information/lanydancespecial.html

NOV 17,2017
大阪 OSAKA
NYダンス留学説明会
https://www.ny-ryugaku.com/information/lanydancespecial.html

NOV 18,2017
京都 KYOTO


DEC 2,2017
名古屋 NAGOYA


DEC 6 17,2017
佐賀 SAGA
第2回佐賀九州NY異業種交流会 講師:Toshi Nakazawa(ダンサー、振付家、NY エンタメ・スポーツの会代表)
https://www.facebook.com/events/495770930790654/?acontext=%7B%22ref%22%3A%2223%22%2C%22action_history%22%3A%22null%22%7D

DEC 9,2017
愛知 AICHI


DEC 10,2017
愛知 AICHI


DEC 29,2017
東京 TOKYO



I will be a part of performance The Ride

October
6 matinne
7 matinne,night
8 matinne,night
9 matinne
12 matinne

13-19
LA

21 night
22 night
24 night
27 night

Please see me if you are in New York City!!!

The Ride NYC
https://experiencetheride.com/

I will be a part of performance The Ride

September
22 night
24 matinne
25 night
26 night
30 matinne(corporate RIDE by HIS)

Please see me if you are in New York City!!!

The Ride NYC
https://experiencetheride.com/

最後のお知らせです!
いよいよ明日日曜
9月17日
読売テレビ
「グッと!地球便 〜海の向こうの大切な人へ〜」
放映されます!

Final notice!
I will be featured on a Japanese TV show called “Gutto Chikyubin” produced by Yomiuri television this coming Sunday, Japan time.
公式HPはこちらから
Here is the link.
http://www.ytv.co.jp/chikyubin/

自分一人の為に、日本から、そして現地のスタッフも撮影やインタビュー、そして編集作業など、たくさんの人と労力を使って頂き、作成されました。
10年前の自分、5年前の自分からなんて、到底考えられない事だと改めて思います。たくさんの才能がしのぎを削るこのニューヨークの中から、自分を見つけてくれた事、またその為に発信し続けた自分にもたまには労いの言葉をかけてあげたいと思います。

↓番組表から↓
脱サラしてエンターテイメントの本場ニューヨークへ…バスから観る新感覚の路上パフォーマンスに挑む32歳・ダンサーの息子に届けられた両親からの意外な届け物とは?


脱サラしても、大人になってからでも、英語が分からなくても、ダンスの経験が浅くても、夢と希望、そして信念を貫き続ければ、いつか何かの形になる。自分の為にやり続けた事がいつか誰かの為になる。

家族には、
期待通りに育たなくて、我が道を貫いて、一流の会社に入れず、未だに心配かけて申し訳ない気持ちもありますが、今の所やりたい事を自由にできて幸せに生きてると思います。こうやって伝える事ができる事に改めて感謝。いつも同じ事言うかもだけど、感謝なんて何度してもいいのだから。死ぬまで「ありがとう」を世界で一番コトバにして発信したいくらいに

ではでは、是非お時間あれば是非見てくれると嬉しいです!一人でも多くの人の魂や想いが、更に燃えたぎるような夢に変わりますように。。。


中澤利彦
Toshihiko Nakazawa
【情報解禁!!】

読売テレビ
「グッと!地球便 〜海の向こうの大切な人へ〜」
9月17日 放映決定しました!!

I will be featured on a Japanese TV show!
Please see the trailer from thin link…!!
次回予告はこちらから・・・。
http://www.ytv.co.jp/chikyubin/


海外で暮らす日本人のために、日本の家族から海外の家族に最高の贈り物を届けようという内容です。

18歳から一人暮らしをしているので、実家を離れてもうすぐ15年になります。今だから話せる事、伝えたい事、家族への想いなど、普段言えないような事を、このような形で伝える事ができるのは、本当に有難い経験をさせて頂きました。

2013年より、毎年長期的に日本に帰ってるので、不思議な事に、同じ日本にいる時より、NYに来てからの方が家族と過ごす時間が多くなっています。距離っていうのは本当は関係ないって事です。距離が遠い分、その大切さに気付ける事がたくさんあります。

撮影は4日間みっちり行われ、NYで僕が普段どんな活動をしているのか、なども放映される予定です。まだまだ何も成し遂げてない自分が、『今』を精一杯生きようとしている姿が少しでも伝われば何よりです。

僕自身も、色々もがきながら今を必死に生きて挑戦しようとする人が好きで、そういう人には惹かれるし、自分もそうでありたい、とも思います。だからこそ何かに挑戦しようとしている人にとって、この放送を見て
「この人でも出来るんだから、自分も挑戦してみよう!」
という気持ちになってくれたら、これ以上の事はありません。

普段、SNSを使用するのも、本当に『一人でも』多くの人に届けばいいと思っていつも使用しています。
地元は新潟ですが、毎年日本に帰って日本全国を動き回っているので、それぞれの土地で思い出があり、それぞれの場所が第二の故郷になりつつあります。そしてそこで出会った人たちが家族に近い存在にもなっています。

夢の連鎖で、輝きを増す人が増えたら最高です!また、当たり前にあるかもしれない家族の存在も改めて考えるきっかけにも・・・

是非お友達などにお伝えしてくれたら嬉しいです。
今年も11月1日〜1月16日まで日本に帰国予定です。どこかの機会で皆様にお会いできる事を楽しみにしております!

いつもありがとうございます。

↓放送局はこちらから↓
https://ja.wikipedia.org/wiki/グッと!地球便
大阪・兵庫・京都・奈良・滋賀・和歌山
は予定通りに、その後
青森・宮城・群馬・長野・富山・愛媛・高知・長崎・大分・鹿児島・沖縄、そしてBSのDlifeでも別日で放映されるようなので、それぞれの地域でご覧くださいませ!

I will be featured on a Japanese TV show called “Gutto Chikyubin” produced by Yomiuri television.
It’s a 30 minute documentary/Variety show. This show introduce my life as a dancer in NY and also my parents will be featured on it. It will be on air on Sunday September 17th 10:25 am. Over 15 cities in Japan.

I’m grateful to all the people who have supported me. Family, Friends, and You.

Toshihiko Nakazawa
中澤利彦



9月になりました!!

8月は新しい試みでのコラボレーションや、様々な交流会などに顔を出しつつ、自分の領域を広げられる月となったと思います。
また日本に一時帰国するために準備や打ち合わせを今から綿密に行いながら、また皆様の前でお会いして、直接元気な顔をお見せできるように、体調と怪我だけは気をつけて参りたいと思ってます!

非日常を日常に

  日々の当たり前に感謝。よくこんな事を耳にします。そしてまさにそうだとも思います。でもどうやってそういう心持ちを持てばいいのか?
色々なものは無くした時、失った時に気付く事が多いです。でも無くなるまでどうして気づけないのだろうか。優しくしてくれる事も時に煩わしくなったり、でも相手にされないと、ちょっと寂しくなったり。
よく僕が考えるのは、いつも言及しているけど、何か物事を得たり、知りたい時に本質の逆から考えてみる。つまりここでは、当たり前の日常というモノが何か、を考える時に、逆に  

あなたにとって『非日常とは何か』

を問うてみる。それがわからなければ、いつも側にある日常だって知る由もない、という事だろう。あなたにとっての非日常を知る事が、日常の当たり前を感謝できる事にもつながるかもしれない。 
様々な方法があると思うけど、環境を変えるのは一番てっとり早い気がする。気持ちの持ちようで物事の見方を変える事もできると思うけど、ちょっと無理しているような気がする。直接自分の足で歩いて、触れて、感じる事が早いし、リアルだ。
日本の友人からよく聞かれる質問。  

日本とアメリカどっちが過ごしやすい?
治安はどう?
食べ物ってどうしてるの?

  これらの質問に対して、これはどの場所でも自分の状況次第で、なんとでもなるし、日本と同じように暮らす事も可能だと思っている。ただ、納得いかない事も多々。ただ  

来る”はず”のバスが時間通り来ない
着く”はず”の場所に着かない
仕上がる”はず”のものが仕上がってない

  これらに関しては、国民性と、国のシステムが大きく影響しているので、自分以外の人や環境が関わっているため、コントロールする事は難しい。でもだからこそ様々な状況に対応できる(というか気にしない心の余裕が持てる)図太い性格になれる。これはある意味で海外に住む人の恩恵である事は間違いない。つまり自国に帰った時に、環境の当たり前に感謝できるから。心と体はシンクロしてるから、気持ちの面を変えたければ、その周りの環境を変えるという道理は間違ってないと思うし、とても有効な手段だと思う。実際そうやって考え方が変わって内面も大きく変わっていく人をたくさん知っているし、実際僕もその一人だ。
じゃあその環境をどうしても変える事のできない人はどうするか。外面を変える事ができなければ、内面を変えるしか方法はない。

  自分の理想像を作る事

  これはとても大切だと思います。どんな自分になりたいか、なりたかったのか。仕事の中に価値を見出す事は、全員が難しいかもしれません。でも仕事は労働と違います。働く事に人生も目的を見出す事。それがあなたにとっての仕事と言えるのではないでしょうか。 仕事がある事は有難い事です。毎日予定が詰まっている事を充実とあなたが呼ぶならそうだと思います。ですが、往々にして本当に成りたい理想の自分を考える時間を考えなくても充実した、と思ってしまう毎日を過ごす事ができるという事実もあります。


自分が選択した答えに臆病になってはいけない。
どんな事も自分が選択した答えなら、とことん突き進んでみるべき。


  今の僕はまさにそうで、自分が何もしなければ、本当に何も起きないのです笑苦 だからこそ、ひとつひとつの自分の行動が小さくとも形になっていく事が嬉しいし、そこには間違いなく『充実感』があります。だって行動しなければ絶対得うる事ができなかったものだから。

  いる”はず”だった人がいない
ある”はず”だったものがない

  想像し難いかもしれないけど、それを考えた時にどう生きていこうか改めて考える事ができるかもしれない。
だけどそうやって悩みながらも発信し続けていけば、いつか過去の自分では考えられないような、


    あるはずもないこと
そんなはずもないこと


    が起きるかもしれない。そんな夢も叶うかもしれない。
そんな奇跡を信じて、自分の理想に向かって。
 

〜の”はず”はもう 日常ではない。
非日常はもうあなたのすぐそばに。

  皆様にとっても、自分にとってもそう胸を張って言える人生を送れるように。

それでは9月も張り切って過ごしていきましょう!!

諦めても夢は叶う
 

8月になりました!
去年の今頃は新潟の実家から海が徒歩5分なので、毎日のように海に行っては一人で素潜ってました。 今年はNYに滞在する事になりそうなので、扇風機1台で暑い夏を今年も乗り越えたいと思います!

  諦めても夢は叶う  

最近は、自分自身の事を考える時間が多くなっています。
NY に来てから
『諦めなければ夢は叶う!』
と自分に言い聞かせてきました。事実、色々な形を残している人は10年、15年、20年と一つの事を続けて全うしている人が多いです。そういう人たちを見てきて自分自身を鼓舞してきたし、事実、続けてない人に比べたら夢を叶えたという割合は高いはずです。なぜなら、続けてこなかった人のその時点での夢はそこで終わっているから。  

でも本当にそうなのか?こだわりを貫き通す事が正しい事なのか?一概にそうも言えないんじゃないか、とも考えました。まさにこれが常識に囚われている、という事ではないか、と。  

  なぜなら、夢の形が変わるから。

    ここでいう夢は形あるものです。
時代が変われば、そこに在るものも当然変わる。今あるものは将来なくなる可能性も十分にあり得る。その逆もしかり。自分自身も、人前に出る事が嫌いだったのに、ダンスと出会いステージへ・・・うどん屋店長として、そのまま働き続けて結婚とかマイホームとかかぁ〜なんて思っていたら今やニューヨーク・・・1年で帰るはずだった留学が今や7年ww 時には校長先生がいつも立つ体育館の上の教壇?で人生を語る始末www

   じゃあ仮に今僕が、「ダンス」という活動を辞めた時、自分はどうするだろうか。周りはどういう反応を示すだろうか。夢半ばにして諦めたと感じるのだろうか。挑戦したけど届かなかった、と感じる人もいるかもしれない。  
ただ、そこまでの経験で得た心だけは無くならないし、違った夢の形で新しい事の挑戦ができるだろう、という自分がいる事は自分自身で感じる。この先何かの病気になるかもしれないし、大きな転機が訪れて環境に多大な変化がもたらされるかもしれない。だけど心だけは変わらない。年老いても心だけはもっと充実したものにできる、自分の心構え次第で。

  諦めても夢は叶う  

僕はいつも何かの目標や指針を決める時、逆の事からを考える。やりたい事が見つからない人、何かわからない人、具体的なイメージが持てない人。じゃあやりたくない事から考えてみたら、自ずとやりたい道が見えてくるかもしれない。色々な進み方があるし、大いに迂回しながら進む事だって間違いじゃない。ただ一つ、

  夢が変わる事は決して悪い事ではない

  という事。今の状況を変える事が一番難しいし、勇気のいる事。ただ同時にそれを続けるという事も同じくらい難しい。

  だから答えがない。だからこそ大事だと思うのは、自分にとっての幸福とは何か、を知る事。せっかくなら幸福の満足度が高い方が良いと多くの人は思うはず。自分を知るためには、社会を知らなければならない。社会を知るためには、他人を意識しなければならない。自分の思うがままに生きるだけでは、ただの我が儘。忘れてはいけないのは思い遣り。時代という流れるプールにただ流されるのではなく、流されながらも周りを少し見ながら、時に避けたり、時に逆流したり。
シンプルに生きる事に、自分を認めてあげる事ができたら、それ以上の事はないですね。
  こだわりを捨てる勇気
その時期が来たのかもしれません。
諦めるのではなく、こだわりや価値観を捨て、執着をやめることで、自分自身を成長させられるかもしれない、という事。

もう大丈夫。信念、概念、態度、行動を変えても、周りがなんと言おうとも、自分は自分でいられるはず。  
辞めることのほうが勇気がいります。だってこれまで自分で築いてきた安定した生活や、気持ちの持ちようのスタイルを崩すわけですから。
現状維持をしようと立ち泳ぎを続けても、前には進めない。時に波に流されてたどり着く事もあるけど、自分が動く事、変わる事でその場所にたどり着きたいと思います。

11月〜1月初旬まで、一時帰国予定です!皆様、会いましょう!

NYでイベントを主催させて頂きます!現地のエンタメ情報、そして様々な方との交流を行いたい方は是非お越しくださいませ!!


7/13(木)
第14回NYエンタメ・スポーツの会

★ゲストスピーカー:Adam Erdossy (アダムエルドッシー)★

今回は、ロングラン、オフブロードウェイ
”Blue Man Group / ブルー・マン・グループ”

で、現役ブルーマンとして活動している、
Adam Erdossy (アダムエルドッシー)さん
をゲストとしてお迎えします!

普段はボストンのブルーマンシアターで公演を行っているため、NYでお話が聞けるのは、本当に貴重な機会となります。
秋からはワールドツアーも控えているので、次回の機会はおそらく無いと思います笑
日本ツアーも過去に行った経験もあるため、講演は日本語も交えて行われます!

ブルーマンに入るまでの経歴、また今後の展望など、この先ニューヨーク、アメリカで活動したいと思う人にとっては有益な、また世界的に成功しているブルーマングループの内部のお話など、ここでしか聞けない講演になる事間違いなしですので、是非ご検討くださいませ。

日時: 2017年7月13日(木) 19時から22時

19時 受付開始
19時~20時 交流会
20時 講演
20時40分〜21時半 1分間自己PRコーナー・交流会
21時半以降 そのまま2次会へ(飲み物はCash Bar)

会場: Global Labo
    545 8th Ave Suite 1410 (bet. 37 & 38th St.)
参加費:$10
   ※お支払は当日現金でお願いします。
   ※ドリンク、スナック等は持ち込み可

有志による1分間自己PRコーナーでは、皆様の活動を応援します。
我こそは発表したい!という方はお気軽にお申し込みください。
パフォーマンス:1分〜3分
宣伝、自己紹介:〜1分
ご希望の方は当日受付で予約してください。

主催:”NYエンタメ・スポーツの会” *NYエンタメ・スポーツの会について*
ニューヨークで活動する日本人のエンタメ・スポーツの業界人を応援し、新しい繋がりを作るための会です。ゲストの講義から学びをうけ、出逢いから新たな刺激、情報を得、参加者の世界がこれから更に拡がる為の充実した時間づくりを目指しています。
https://nyjapanentertainment.wixsite.com/home

*Facebook Page*
NYエンタメの会 https://www.facebook.com/New-York-%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%A1%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84%E3%81%AE%E4%BC%9A-339748159562609/

お申し込みはこちらから
ny.entame@gmail.com

運命に抗う

7月になりました!
6月もたくさんの出会いとご縁で、楽しい月となりました。

  6月は一つ、オフブロードウェイのオーディションを受けました。自分の専門外の課題も多くあり、オーディションは難を極めましたがなんとか最終オーディションまで勝ち抜く事ができました。が、最後の段階でコールバックは来ず。という事で結果は落ちてしまいました。

  結果から逃げたくないし、結果が全て。
特にアメリカではそうと言われがちですが、僕は日本の方が結果に対しての執着が強い気が最近しています。テレビによくでる芸能人や、世界的に活躍するスポーツ選手、また文化人などに多くの尊敬と影響を受けます。

  このオーディションを知った時、まず思った事

  『自分ならできる』

  でした。
その衝動が強くあり、受ける事を決意してから、3週間でダンス以外の練習(楽器等)を必死に行いました。結果は受かる事はなかったんですが、それでもできると心に決めてからそれに向けての努力をした事で、“もうちょっとの努力でできる”という事も改めて感じました。

  『自分ならできる』

  もしかしたら、これは大きな勘違いで始まった事だったかもしれません。でも、この考えを一番始めに抱く事は、大きな目標を達成する事に非常に大切な事だと考えています。
そもそもNYに来る前、海外のダンス事情なんて何も知らなかった僕がとあるYoutubeで日本人が踊っているのを見て
『自分でもできるかも』
と気持ちを抱いたのは確かです。

  また過去に色々なオーディションを受ける時もその気持ちを持って向かいましたし、そもそも人と目を見て話す事もままならなかった自分(だからこそ身体表現を選んだ)が、講演を始めようと思ったのも、自分にしか伝えられない事があるかもしれない。そんな想いで始めました。
  絶対自分ならできる、と心に決めて動き続けた時に、何か自分でも予期しない結果が出る時もある。でも結果っていうのは、運も当然つきもので、何度やってもついてこない事もある。だから結果は度外視して、まずは自分ならできるという勘違いを持つ事が、何かを成し遂げた人の共通ワードだと思っています。

  たまたました事が、たまたま良い結果になる事もあるし、 どんなに人より強く願っていても叶わない事もある、むしろそっちの方が断然多い事実をまず自分で把握しておく事が大切だ。その中で、自分が望む結果を求めるわけだから、容易な事ではない。だから結果が出ないのが当たり前で、オーディションも落ちるのが普通で、希望通りになんかならないのが人生。

  ・・・だからといってそれに立ち向かわないのか、といえば、もちろんそうではないし、そうでない自分でもありたい。運命に抗う自分でありたい。
  その時、日々思う事は、人と競い合う結果は自分ではどうしてもコントロールできない所が出てくるので、その前の段階、心ぐらいはコントロールしてやろうと。芸術と言われる、時間で計測できないものに関してはよりそうだ。  
まずスタートは  

『自分ならできる』

  と勘違いする事。そう思う為の根拠や自信は、過去に自分が行ってきた行動から来るもの。それを支えるのは今日までの自分。

   
自分ならできる
から
自分だからできる


そう思える自分になるために、未来の自分を支えるために、今日も精一杯生かさせて頂きます!

そろそろ夏本番!皆様におかれましても十分に水分等をとって体調だけは気をつけてお過ごしくださいませ。
2017年も折り返しの月になりました。どうですか!?
5月はいつも通り仕事もしながら、パフォーマンス、日本からのゲストさんもいたので、いつもと違った時間の過ごし方をしていました。またイベントをオーガナイズしている中で、多くの新しい人達にもお会いしました。

YourDreamisMyDream
誰かの夢が自分の夢になる

これは自分のライフミッションです。
小忙しく過ごしている日々も、別に自分が何もしたくなければ、毎日テレビを見る生活をしてもいいし、家を出る必要も無い環境の中で、なんでこんな事してるんだろうって思う時がたまにあります。自分の時間がなくなればなくなるほど、自問自答する時間が増える。
僕は昔から教師になりたかったし、今でもなりたいと思っている気持ちはあります。学校という場所は自分でまだ選ぶ事ができない数少ないもので、その偶然で出会った友達、先生、などは自分の人生の大きな指針にもなりうるし、またその逆もしかり。恩師にもなりうるし、またその名の通り反面教師になるパターンもある。
歳を重ねると、自分で選択肢が増える分、自分にとって都合の悪い事はどうしても避けがちだし、無駄だと思う事にも手を出さないようになってくる。これは経験からくるものであり、必要な事でもあると思うけれど、その中で出会う人は自分である程度チョイスしたものだから、感性の似ている人とつるむ時間は自然と多くなる。
だからこそ誰かの偶然になりたい
とそう強く思うようになった。だけど、誰かの為に生きる覚悟はまだ自分には無いと思ってるし、その為には自分の為に生きる覚悟が必要だとも同時に思う。

愛されたいなら愛さなければならない
好かれたいならまず好きになる
誰かの為になりたいなら、まず自分の為に生きること
助けてほしいなら、自分から手を差し伸べる勇気が必要

今自分が活動していく中で、多くの人に助けられています。自分がそれに値する人間になれるようにどんどん活躍したいと思えるし、また自分もそうやって助けてくれる人のようになりたい、と日々感じて生きています。

誰かの夢が自分の夢になる

というライフミッションを心から思えるように、日々修行です。自分の夢を叶える過程でそう思える事ができたら最高です。先日NY入りしたお笑いコンビ、ピースの綾部さんも少しお話させて頂きましたが、ここまでテレビ等に出て皆さんが知る事になるのに、16年かかってます。各先輩方もなんだかんだいって10年以上はザラにかかってますし、プロスポーツ選手だって、小学校から数えたら10年以上はむしろ普通で。
それに比べて僕は、本気で夢を叶えたいと願った2010年から、まだ7年しかたってません。奇跡が起こるにはまだ早い。起きる可能性はゼロではないけど、奇跡を起こす為に最低条件があると思っていて。
プロと言われるダンサーになるのにも最低条件はいくつかあると思います。どこまで、どこを自分が目指すか、にも大きく異なってくるのだと思いますが、技術だけ磨き続けても自分の目指す所までいけるかわからないし、オーディションを受け続けても、必ず受かるとは限らない。あくまでこの『〜し続ける』というのは最低条件で、ここから奇跡を起こす為には、もう一歩違うアクションを起こす必要がありそうだ。
信念を貫いて、周りの人たちを大切にして、日々自分の技術等を磨いて、色々挑戦し続けた先に、その奇跡が待っている。
でも今度はその低すぎる可能性のものを、必ず掴み取る必要がある。その為に何をすべきか。奇跡を起こす為に自分がすべき事はなんなのか。そもそも自分にとっての奇跡とは一体何なのか。それを改めて考えています。まだ結論は出ていないし、正解も無いと思うので、毎日、毎月、想いや思想は変わりますが、まずはその最低条件の資格だけはクリアしていきたいと思います。

つまりそれが夢と現実をつなぐもの。努力と言われるものだと思ってます。

あとはその線を常に張り巡らせながら奇跡を起こす挑戦を行っていれば、いつか必ず叶うはず。奇跡というものは起こるはず。
自分のためだけでは利己主義になり、人のためだけでは自己犠牲になってしまう。 だけど人を喜ばせる事ができれば、自分も嬉しくなる。自分一人で世界は変える事ができないけど、もしかしたら、今自分が日々話している隣の人だけであれば、その二人の世界は変えられるかもしれない。その想いを共有する事ができれば、世界も平和になれるかも、しれない。それがここ最近の自分の挑戦です。
5月29日に行われたタイムズスクエアでのパフォーマンスも、14年前は部活帰りに、駅中や、スーパー、ビルの前、深夜のしまむらの前などで練習しながら、今こうやってタイムズスクエアという地で、踊る事ができた。これは奇跡に近いであろう。
こちらの写真、昨年行われた蛯名健一さんとのツーマンショーも、僕がNYに来る前にYoutube で見た動画の方とのパフォーマンスだっただけに、2009年から7年越しにひとつの夢の形となった。これも奇跡と呼べるものだと思う。
次の奇跡はいつ起こせるのか。
とにかく新しい挑戦を全力で楽しんでいきたいと思います!!

6月3日にJapan Fes というイベントに出演します!!.




様々なアーティストの方も来られますので、是非お時間のある方はお越しくださいませ!!!詳細は下記に。。。


Japan Fes
http://japanfes.com/index.php








Detail


We’re bringing the first Konamon(flour dishes) Contest!
It’s happening June 3 , 2017 #savethedate now
JAPANFes feat Konamon Contest (Park Ave btw 38ー40th st): Explore an array of Japanese flour dishes including Takoyaki, Okonomi-Yaki,Yaki-soba, so on. Go head to head to see who will be crowned the first flour dishes in NYC – as voted on by Fes attendees.

We’ll also have many other types of delicious Japanese cuisine and Japanese product available. We are seeking food vendors that represent a wide range of Japanese flavors, New York local delicacies, and in between so that our guests can experience as much as possible.

So gather your #squad and join us for the KONAMON Contest & Japan Street Fes. filled with:


-Best flour dishes vendor
Karl’s Balls / Takoyaki
Uminoie / Vegetable Yakisoba
Okonomiyaki Kazu-chan / Hiroshima style
Okonomi / Osaka style Okonomi-yaki
Moffle Bar / Mochi filled waffle
EbiyakiYa / Shrimp Takoyaki
OH Dango / Dango
Manju / Yaki Manjyu
Matsuakaya / Gyoza & Yaki Udon
Murakami Yakisoba / Meet Yakisoba
Osaka-Ya / Osaka style Okonomi-yaki


-JapanFes Food venders
Teineiya / grilled squid/japanese soda
Harmony of shining women foundation / Hawaiian Coffee and Japanese Handmade Crafts
Ishibashi Cheese Cake / Cheese Cake & Matcha tea Cheese Cake
Fuji Mart NY / RAMEN ONIGIRI BUTADON
Sam’s Ice Cream / fried ice cream
Amnet / Japanese Shaved Ice
Jessie Foodie / okyaki, side dish
Table for Two / Onigiri
Kishuya Ramen Noodle Bar / Tantan ramen
Beard Papa’s / baked cream puffs
Soba men / Soba Salada
Yume Wo Katare / Chashu banz
and more


-Japanese Shops

Tanak taisan / Face art
Yukiko Murai / Massage chair
mingei japan / Japanese crafts
Wuhao / Tenugui
Kokeshi 375 & Saki’s Japanese Lesson / Japanese cloths
and more

-Performance
LIve music Kohei / NARUTO Performance and more

Toshihiko Nakazawa

As for Konamon Contest **One bowl of flour dishe for $8 Buy three and get a free drink**



Smonsored by Otafuku Sourse
結果発表〜!!!
The result〜!!
昨日行われた、アポロシアター、アマチュアナイトで、なんとか3位に入賞する事ができました!
毎回少しずつ試行錯誤して、作風を変えてやっていて、ここ2、3年はなかなか次ラウンドに進む事ができなかったのですが、今回はなんとか首の皮1枚で次のラウンドに進む事ができました。
自分でもまだまだ改良の余地がある出来だと感じたので、次回までに改良を加え、更に楽しく踊れるようにしたいと思います。

次回はもう来週、
5月10日(水)
です!
お時間のご都合が合う方は是非いらしてくださいねー!叫びまくる事が許される場所ですので、普段なかなか言えない事もこれを機会に叫びまくってくださいませ!ちゃかしも大歓迎!!とにかく次回もスマイルスマイルで乗り切ります!!(最後のキメポーズのおすすめがあれば、それにしようと思いますw 今回は一世を風靡した、レイザーラモン様©を採用させて頂きました!)
新しい笑いを作るのは、挑戦者の皆さんと客席の皆さん、そして、テレビの前のあなたたちです!!!©

https://www.facebook.com/events/1599724170333788/

5月になりました!

といっても既に1週間すぎてしまいました。。。月末、月初、有難い事にイベントが続いてて遅くなってしまいました。世界で二人いると言われる、楽しみにしていた貴方、申し訳ありません。
今月は

5/9  第12回NYエンタメ・スポーツの会 @New York
5/10 Amateur Night “Show Off” @Apollo Theater
5/29 ドリーム夜さ来い祭り”Dream Yosakoy”@times square
等に出演、企画します。
他にもいつも通り、マンハッタンの町のどこかで舞ってますので、見かけたら声をかけてやってください。
ボストンでは皆様と共演者のおかげで素晴らしい体験ができ、また前回のアポロシアター、アマチュアナイトでは、なんとか3位に食い込む事ができ、次のラウンドに進む事ができました.

また、5月9日のエンタメ・スポーツの会もまだまだパフォーマーさんも募集していますので、ご興味のある方は是非ぜひご連絡くださいませ!!
最近の僕が日常している事は、
仕事・練習・英語の勉強・新しいネタ作り・イベントの運営・日本とのやりとり・Websiteの更新・・・等、新しい事へ取り込む機会が一気に訪れたので、ちょっと毎日瞳孔開きっぱなしの日々でした。少し落ち着きましたが。。。全部やりたい事なので厭わないのですが、力の抜き方も器用にこなせたら、もっとリラックスできるのに、、、とはいつも思います。
先月は浅田真央選手が競技選手としての引退発表をしましたねー。これにはファンならずとも一般の人、僕ですら考えさせられるニュースでした。
小さい頃から世間に注目され、オリンピックにも出場、世界一にも輝いた彼女の決断は26歳で引退というものでした。印象的だった言葉が
『選手として続ける自分の気力もなくなりました。』
という文面。もちろん彼女と立場も状況も、すべてといっていいほど状況は異なる上で、この文章には非常に共感するものを感じました。
僕も2010年にNYに来てから6年ですら、その気力を持ち続ける事が一番大変だと思っています。
どの決断も自分で下したのであれば、そこに後悔はないと思うし、次のステージへ進むための必要な決断だとは思うので、まだまだ今後も魅了し続け、これまで同様彼女を目指す人が多く出てくるとは思っています。その中で、

現役であり続ける事
の難しさが改めて思い知らされました。
30歳を過ぎてでダンサーやってますって、本当に若くないんですよw
はっきり言って中堅の枠も超えてますw
僕より年上のダンサーは今が油ののりどきだよ、と言ってくれますが、ダンサーの平均年齢は大体27歳らしいです。体の衰えに伴い、何もしてなければピークも当然落ちてくるわけですから。でも体のメンテナンスによっては、しっかり体の機能も維持できるんだなーとも感じます。
何か一つの事を徹底的に続けると同時に、その山は次第に高くなっていきます。理由は簡単で、自分が成長するそれ以上に周りが辞めていくから。自動的に自分の立ち位置の山は高くなっていく。
最近は1ヶ月に1回くらい、海外に出たい、ダンスをやりたい、などの連絡を、まったく知らない人から受ける事があります。自分に教えられる事なんてたかが知れてると思いますが、それでも連絡が来るのは、それだけその山の絶対数が少なくなっている証拠だと思います。ただ、正直そういう人たちから今も連絡が来て、つながっているのは10%くらいです。僕は質問されたんであれば、必ず返しますし、僕もそうやって人にお世話になってきたから、できる情報や知識はすべて提供します。

ですが、ほとんどの人は行動できずに、もしくは気が変わったのか、自分の話を聞いて考え方が変わったのかは分かりませんが、その後の進展はあまり聞かないです。ただ今もそうやって繋がっている人達に関しては今もバリバリ動きまくっており、むしろ僕が感化されるような行動力とエナジーがあります。
少なくとも山の上に行きたいのであれば、全員と同じ考え方をしていては、なかなか上に登る事は難しいのではないか、と。どんな状況にも自分を貫く強さ、周りからの信頼感、そして、そして何より
「覚悟」
が必要だと思ってます。
辞書でひくと’覚悟には決心すること’ありますが、それと同時に、諦める事。ともあります。
覚悟はいいですか?→諦める準備はできてますか?→あきらめて心を決める準備はできていますか?
つまり覚悟を決めるには、何かを諦める必要がある、という論理です。それが何なのか、は人によって違いますが、多くは
『今の自分の状況』
だと思います。今の自分の状況を捨てる、変える勇気が、次の何か見えないワクワクするものを見えるきっかけの一つになるという事。

当然先が見えない状況は不安だと思いますが、その先に見えるものを信じて、何よりも自分ならどの状況下でも自分なら大丈夫!と悟っている人はやはり強いと思います。 オンリーワンになる為には、その道のナンバーワンにならなくてはいけないわけで。だから結局1番上を目指さなきゃいけないんだ。

一生涯現役で駆け抜けられる覚悟があった。

人生最後の日に、そう思えるように、今日も1日いつもより少しだけ早歩きで、地下鉄まで歩きたいと思います!
それでは引き続き素晴らしき日々を!!

4月になりました!!
3月はボストン、ラスベガス、LAなどに半分以上いて、普段と違う空気を感じ、改めてやはり自分は『旅』が好きなんだと思いました。旅というのは、普段と違う環境に身を置く事であり、そこで感じる新たな発見やひらめきにとても心が躍ります。この地球に生まれたからには、死ぬまで全ての場所に行ってやろうと思っています。 そしてアメリカ西海岸にも新たな可能性を感じてしまいました。。。
色々遊んでるように見えますが、(いや実際人生を全うに遊んでいるのですがw)何気に2月も3月もオーディション等に行ったりしていますし、普通に通常業務ももれなく行っておりましたw
ただ、オーディションについては『合格』という結果がついてきていないだけ。まあ落ちるのが99%なので、100回受けて1回受かれば、の世界なので、それに関してはいちいち気にしていられないですし、とにかく進むことだと。
また、それに加え普段の練習やレッスンも受けていたりします。なかなか時間が取れず、思い通りのスケジューリングをできない事も多いのですが、その時自分の頭に言い聞かせてる事。

Better than nothing.
何もしないよりはマシ

と思うようにしています。
しっかりキチッと計画を立てて集中すれば、こなせたであろう課題も、何かの理由でその日のうちにできない事も多くあります。それは明らかに自分の怠惰ややる気が出なくて発生した事も正直あります。
でも、そんな自分も認めてあげる事。そして
結果、できればいい
とも言い聞かせてます。
結果が全てではないのは知ってるけど、でも何かの結果を求めて僕たちは日々過ごしているはず。それは目に見えるか見えないかはまた別の問題として。生きる事だけであってもそれは、死にたくないという結果を求めているわけで。結果が全てではないと言われますが、結局、大抵の人は結果で判断するのは事実。でも結果を出した人の多くは、それぞれ苦労した、努力した過去がある事が多い。だから結局それもつながるんですね。
個人でフリーランスとして活動している方には特に共通して言える事だと思っているのですが、何かをしたから、といってそれが形になる保証はないし、収入だって予定だって毎月決まっているわけではないわけで。
現状を維持するのも大変な事ですが、更に次のステップに行くためにすべき行動も何が正解なのかわからない。だけど種は植えなければ生えないわけで。ただ毎日のルーティーンをこなすだけでも、自然と何かが巡ってくる事もあるけど、そばにあったはずだったチャンスを逃しているかもしれない。正直最近の自分の事に関しては、挑んでもその結果が返ってこない事が多い。試されているという事を感じます。
何かの高みに行こうとすればするほど、その景色は理解してもらえないかもしれないけど、貫く事で一緒にリスペクトする仲間同志のパーティーで進んでいきたいと願います。
自分の歩む道の方向が、誰かと同じ方向じゃければ、それぞれの道を歩むしかない。でもいつかその道がまた重なり合う事も知っている。いつかわからないけど、でもその時を信じていけばいい。ただ必要な人の前で必要とされたいだけ。だけど足りない分は人が持っているはずだから。

ほんの半歩でも、歩いてみる。もしかしたら、それは前に進まず後退してしまうかもしれないけど、とにかく何かやってみようと思ってます!でもまったく動かない自分すらも肯定してあげよう。
ではまた桜の季節、楽しんでいきましょう!!4月30日はボストンへパフォーマンス、そしてまた5月にはアポロにも出演予定でございます。

Photo by
http://taksitomi.wixsite.com/official
3月になりました!
2月のNew Yorkでは、大雪による交通状態完全停止かと思えば、気温が20度以上の日もあり、 相変わらず目まぐるしく動いております。

「待つ人生と待たされる人生」について
今まで飲食店等でクレームを言った事がありますか?

僕は大学を卒業してから、3年間、某飲食店で正社員として働いており、店長業務を行っていました。関東にある、とあるチェーンうどん屋さんで働いていました。水と粉があれば、うどんは作れます。
そしてあのもちもちした、ライオンのたてがみをモチーフとした某ドーナツ屋さんでも正社員として働いていました。朝の4時くらいから皆様にドーナツをお届けするために油と粉と水と格闘しておりました。水と粉と油があれば、ドーナツも作れます。

店長職なので、お客様のご苦情やクレームは、全部僕が責任を持って対応しなければなりませんでした。22歳くらいの若造に謝られるだけでは、お客様の怒りは静まらない事も多々ありました。時にはお客様のご自宅まで伺って甘味などを持っていって詫びた事も。
でも、なんでお客様はクレームを言うのか。
そもそも日本で使うクレームの意味は英語で言うと、complain という言葉の方が適しています。
英語でclaimは、主張する。という意味に近いので、なぜクレームが日本で苦情という認識になっているかわかりませんが、「自分の権利を主張する」という意義に近い言葉がクレームには含まれています。つまりお客様にとっても何かしら、自分の持つべき権利を奪われたので、クレームが発生するという事が生じるわけです。その許容力は人によって異なりますが。

中でも飲食店を経営していて、自分の耳まで届いた中で一番多かったクレームは、異物混入と、商品提供の遅延でした。お腹を空かせたお客様に対して、予想をはるかに上回る商品提供の遅さは、かなりの確率でクレームに発展します。

たかが3年ではありますが、今振り返ると、これはもはや人生じゃないかと。つまり

待つ人生

待たされる人生

では、人間の感じ方や充実感、満足感が大きく異なるのです。
当時うどん屋に勤めていた時に、全国展開を大きくしていたうどんチェーン店がありました。おそらく知っていると思いますが、丸亀製麺という、お店の真ん中にオープンキッチンを置き、その周りをお客様が、自分でトッピングやサイドメニューなどを選びながら、レジに向かっていくというスタイルのお店です。つまりセルフサービスに近い形です。セルフうどんという業態で、2000年の第1号店Openから、たったの17年で今では世界12カ国、1000店舗以上という大成功を収めています。(うどんに関してその辺の人より詳しいですよw)

一方、僕の働いていたお店は、従来の店舗型で、定員が注文を聞きにいって、注文を受けてからオーダーを裏のキッチンで作って持っていく、というスタイルのお店の形です。

当然それぞれに求めるものはお客さんによって異なるので、数字だけで判断はできないですが、多くのお客様に支持されているという点では、前者の方が価値を創造して、多くの人の生活に貢献しているという認識になるとは思います。
値段や立地条件、サービスなどもありますが、ここで考えたいのはお客様満足度。満足度とは期待値通り、またはそれ以上を継続する事によって上がっていきます。
安くてうまい!のファーストフードに求められるものは値段と提供時間。
逆に良い雰囲気で、ゆったりとした空間で食事をしたい!に求められるのは、サービスや商品の質だと言えます。

みなさんの人生のコンパスはどちらを向いていますでしょうか?
自分という一つの会社をどこに向けていくかによって、求めるものも異なってきます。 ただ、その中でも共通して言える事は、「満足度」というものです。自分の人生において、満足しているのであれば、それは幸せという認識に非常に近いものであると思います。
つまり、自分の人生に満足できたら、自分が死ぬ時に素晴らしい人生を謳歌できたのだ、と言う事ができると僕は思っています。
ようやくタイトルとリンクしましたw
つまり
自分のやりたい事に対して、その時が来るのを待ちながら生きて過ごす事

自分のやりたい事に対して、その時が来るのを待たされて生きて過ごす事
は例え結果が同じになっても、その感じ方(満足度)は大きく異なってくるのです。

お客さん目線だと、
先述した、セルフサービスのうどん屋さんでは、並んでいる時も、自分でどれだけ待つかが一目瞭然にわかり、かつ待ってる間にも、色々なサイドメニューを選ぶなどして、楽しみながら『待っている』事ができるのです。またレジまでの距離も分かるため、大体のかかる時間も計算できます。
また、従来の店舗型では、注文をオーダーしてから、商品が届くまでの間は『待たされている』という認識になるのです。
ここにお客様満足度の大きな違いがある。これは例え同じ時間を待つ事になるとしても、感じ方は異なってきます。
歳を重ねると、何かをワクワクして待つ、という事が自ずと少なくなっていきます。今まで見た景色や経験が、生きている中で何度も何度も日常に訪れるからです。だからこそ子供の時の事を思いかえすと、毎日は新鮮だったので、時の流れが長かったような感覚に陥るのではないか、と。
だから同じ時間を過ごすなら、先に見える何かワクワクを自分で待ちながら生きていきたいわけです。毎日が遠足な心の状態が毎日続いたら、どんなに楽しい事か?!遠足前夜はおやつ500円までを何持っていこうかなーとか、バスの中で何しゃべろうかなーとか、色々ワクワクした人も多いと思います。
明日という日を待ち遠しいという毎日を過ごせたら、それは自分の未来が待ち遠しい、そんな人生になるはず。そう信じていますし、自分もそうでありたい。

今年は自分主催でイベントを開催したり、様々な他ジャンルの人とコラボしたパフォーマンスをしたり、それと同時に自分のパフォーマンスも磨きながら、自分の可能性をブレイクスルーするような事ができたら、と思い、やりたい事を制限せずにやろうと思っています。今まで信じてきた事を曲げる事になっているかもしれませんが、その中にある信念は変えていないので、これをきっかけに新しい自分に成長できたら、と思っています!

それでは3月も楽しんでいきましょう!!

【生きがかり】
-信じた証が今-

https://www.youtube.com/watch?v=ri4fTKTMMyU

2月の始まりと同時に誕生日を迎え、3●歳になりました。そしてその●2歳の時に、ちょうど10年前の事を振り返って、このような動画をアップしてみました。
近況なども色々ありますが、それはちょくちょくアップしているので、ここでは半分自己満、な日頃語らない過去や想いでも。。。
今ではほとんど一人で踊る時が多いですが、この動画は大学4年生の時に初めて作ったソロ作品でもあります。と同時に自分のダンス人生を明らかに変えた作品でもあります。
今のダンススタイルからは想像できないかもしれませんが、当時は、「創作ダンス」なるものをしていました。ダンスのジャンルというものに多様化が進み、区切りは存在しなくなってきていますが、今より更に一般の人には理解しがたいダンスのジャンルだと思っていますw 
定義はないのですが、ただ踊るのではなくて、そこに意味があって、伝えたい想いがあって、テーマがある。ただ手を動かすにも、そこに意味を考えたり、ただジャンプするにもそこに意味を成すようにする。
つまり形からではなく、内面から考えて動きや構成を考えるのです。これは僕にとってダンスに決まった型はないんだ、と思わせてくれるには十分すぎました。これは僕にとって他のダンサーとは少し違う感性を持たせてくれたし、踊る上で最大の長所だと思っています。

この作品の タイトル
『生きがかり』
幾つかのフォームを象り、己の鼓動を知り、血の流れを感じつつ、末端神経まで注ぎ込む

何言うてまんねん??って感じかもしれませんが、大学生なりに当時は頑張って考えていたのです。説明分だけで意味が理解できた人は天才でしょう。
説明を砕いて説明すると、
「今ここに生きている」という進行形の描写をダンスで表現したかったのです.
幾つかのフォームを象り→どんな場面、状況でも
己の鼓動を知り→実際に脈が打っている事で、自分が生きているという事を確認  血の流れを感じつつ→その脈が身体中を巡っているという認識を覚え 末端神経まで注ぎ込む→それを意識した時に自分はどう考えるのか
それが生きているという事、生きた がっている という事。身体はどんな時にでも生きたい、と願っている。肌から血が出たり、病気で 熱が出たりするのも、身体が生きたがっている証拠 。身体の細胞は正常の状態に戻そうとするし、命っていうのも、本来は輝きたがっている。

『身体』というものは元来生きたがっているのです。
色々な困難や試練によって、心が折れそうになるかもしれないし、もう止めたい、何もしたくない、等精神的に弱ってしまう事も当然ある。だけどそんな時だって、人間や生命の身体は生きたがっている。その身体の自然な反応に五感を澄ましてみよう。という想いの作品です。
なので、そのまま言えば、タイトルは『生きたがり』なわけですが、何かを表現したい時に、直接そのまま伝える方法もあるけど、ちょっとひねって伝えた方が伝わる場合もある。直接ストレートに伝える事は決して間違いじゃないし、大切な事だけど、ちょっと気持ちが強すぎると、見ている人にとって重すぎる場合もある。
見方、感じ方は千差万別で、こちらが提示する想いに対して、それぞれの感じ方をしてもらえればいいのです。
作品を終わった後のお客さんの拍手を今でもはっきり覚えています。会場は2−300人くらい入る所だったかな、と思います。それまで群舞で踊った事しか無かった自分にとって、4分という時間を舞台で一人だけで踊った後のその拍手は、言ってしまえば全部自分に送られたものなのです。お客さんが300人であれば、4分×300人=1200分(20時間)の価値をその拍手で感じたわけです。もちろんそんな尺度で測れませんが、その時浴びたライトや歓声が今の自分を創っているし、なんども舞台に立ちたいと思うモチベーションにもなっています。

見て頂けたらおわかりかもしれませんが、身体的に優れている所は一つもありません。一個一個の動きを見て、30分くらい練習すれば、誰でもできます。
特に昔からスポーツが得意だったわけではなく、していたスポーツも常にベンチウォーマー要因、暖められればまだ良い方で、ベンチにも入れない時がほとんど。個性という言葉から真逆の生き物で、かと言って基本的にそれなりに真面目の部類でもあるので、成績も300人中120番くらいという中途半端ぶり。
でも何もかも半端というものが今の自分の個性になっているんだ。
それは自分ができるのであれば、絶対に誰でもできるという事の証明になる、唯一絶対の自信。

その22年間の中でこの作品を創って初めて自分に対して拍手という見えない形と、特別賞という見える形で評価を頂いた時、その時点で人生が決まってしまったのです。 今は有難い事に色々な団体に関わらせて頂いたり、自分が主体となってイベントなども開催させて頂いたりしています。また春先のイベントなどもいくつか決定しており、そちらに向けての準備も同時進行で行っています。僕にしては珍しく、最近あまりよく眠れないんです。集中力の低下につながるので、しっかり眠りたいタイプなのです。気持ちを抑えなければいけないのですが、ワクワクしすぎて目が冴えてしまうのです。
今まで大変な事も、心が病む事も、病気になった事も、ボコボコになった時も、ストレスで布団が血だらけになった事も、体力的に辛すぎて自分がここで倒れたらどんなに楽か、と思った事も、その瞬間瞬間で全て身体は生きたがっていたんだ。だから今がある。そして今もそう。だから安心して信じて進んでいいんだ。大丈夫。

身体が生きがかっているんだから。
今まで信じてきた証が今

今できる環境にあるのであれば、後悔しないように、やりたい事をやっていきます。やりたい事の達成の為ならやりたくない事をやる事も惜しみません。大抵の事は大丈夫。だって今これを書いているんだから。
新たな利彦も最高に楽しんでいこうと思います!

また、NYでエンタメ・スポーツを軸として頑張っている人達を応援しあいながら、様々な業種の方々の意見交換しあう場、
『New York エンタメ・スポーツの会』
を主催者の一人として2月7日に開催する事になりました。是非NYのエンタメ・スポーツに興味がある方、または海外に挑戦したい、旅行してみたい!ような人達にはチェックして欲しいと思います!こちらも是非!!



『New York エンタメ・スポーツの会』
https://nyjapanentertainment.wixsite.com/home
【幸せの瞬間を永遠に】

2017年、1月になりました!
なんか結婚指輪のセールスのようなタイトルになりましたけれどもw

Happy New Year!
いよいよ来ました、2017。
2016年は皆さまにとってどんな1年だったでしょうか?
僕の振り返りは
「良かった」
です。しかしここでは未来の話をば。振り返りはまた違う機会に。

そして2017年。
2013年も
勝手に!日本全国ツアー!
とうたって始めたように、今回も勝手にシリーズをしようと思ってます。 まずは
勝手に!ヨーロッパツアー!
勝手に行っちゃいたいです。

勝手に!全米ツアー!!
勝手に踊っちゃいたいです。

勝手に!就職!!!
ドリームメーカーになっちゃいたいです。

まずは心からやりたい、ワクワクする事、していて嬉しい事を妄想。そしていかにそれに近づけるか、を具体的に落とし込んで、あとはするのみ。
日本中を旅していて、やはり行った事のない所、見た事ない景色、体感した事のないものに関しては無条件でドキドキする事を再確認。
あとは、足を捻挫して、2ヶ月くらい満足に踊れなかった時期もあったのですが、(無理やりやってました)今自由に踊れる事に幸せを感じ、
寝る前に本を読んで寝る事に幸せを感じ、
タピオカティーを飲む事に幸せを感じ、
お笑いを見ている事に幸せを感じ、
みなさんからのコメントにも幸せを感じ、
お風呂に浸かる事に幸せを感じて、
そして
何もしない時間を幸せに感じる。

つまり、旅しながら踊って、寝る前に本を読んで、タピオカティーを飲みながら、コメディーを見て、何かそれに対して反応があって、お風呂に入って、そしてただ何もしない生活が今作る事ができれば、それは幸せなんだと。
幸せの瞬間を多く持てれば、幸せに過ごす時間が長くなり、それがずっと続けば、それは幸せな人生だったと言えるわけで。
だからその瞬間さえ見つかってしまえば、それを長い時間過ごせばいいわけで。
でも、その瞬間を見つける事が、難しいのです。一生に一つでも見つけられた人はそれだけでラッキーなんじゃないかと思います。残念だけど、見つかってない人はそれは運だったのです。運が悪かったのです。でも運を掴む努力はできるし、見つけようとすれば見つかるかもしれない。だから僕はそのきっかけのかけらになれれば、と思ってダンスだけではなく、話したりしているわけです。ダンスは素晴らしいけど、みんなに共通してある存在ではないから。
だから僕はもっと有名にならなくてはならない。多くの人の前に立たなくてはならない。明らかにそういう大人が少なすぎる。はじめの一歩を踏み出すのは、ふとしたきっかけから。伝わるトリガーも人によって違う。だからこそ自分みたいに声を上げて発信していかないといけないんだ。そんな人が多くなれば、それが本当に平和にもつながると。
マジで誰でも何でもできる。
どんな境遇でも必ず叶う。
どこの世界にも例外がいる。例外になればいい。例題に出されるような人生は送りたくないのです。 「こいつは例外だけど」そんな言葉で始まるような人生を送りたいと思っています。

It this a pen?
No, it is a dog.

中学1年生の時に出てきたこれは、そんな意味合いがあったのではないか。いきなり理解できない内容だった。うん、僕はまだ未熟だったみたいだ。しかし今ならわかるぞ。例外になれという事か。自分にしかできない事を今年は更に追求していきたいと思っています。必ずあるはず。
その最高の瞬間を、少しでも長く過ごせるように。
さて、1月はオーディションを受けたり、春先はNY以外でのパフォーマンスも予定されています。5月にはまたアポロシアターに挑戦する予定です。6月くらいには欧州ツアーにも行きたいと思っていて、9月頃はまた日本に帰れれば、と考えています。英語もまた一から勉強しています。全てが叶うかはもちろん分かりませんが、この新年の決意に向かって、日々の生活を諦めず進んでいきたいと思っています。
自分の2017年を楽しみに、そしてもし昨年お会い出来なかった方におきましては、本年はお会いできる事も楽しみにしています!
今年も昨年出会った、そして出会えずともいつも気にかけてくれる方々に感謝。それしかないです。改めてありがとうございます。

ダンスをするように生きる

12月になりました!
2016年も残す所1ヶ月となり、新年へのカウントダウンが始まります。12月は1年の中でも一番多く観光客が来る月でもあります。過去6年連続でニューヨークを訪れる観光客の数も増え続けているとの事。何がそこまで惹きつけるのか?是非この機会にまだ来た事の無い方は一度は来てみてください。クリスマス、ニューイヤーの付近は圧巻だと思います!

本当に有難い事に、NYに戻ってきてから、仕事で踊る以外にも週に1、2回は舞台等でパフォーマンスをする機会を頂いております。踊り手にとってやはり舞台は一番自分が輝ける場所。改めてこのように舞台から皆様にお会いできる機会をもって増やしたいと感じました。
いつも踊り終わって、挨拶させて頂く時によく
『かっこよかったよ!』
などと励ましの言葉を頂く事があります。また普段何気なく話していて、NYでダンサーとして活動しています、と言うと、
『すごい!かっこいいね!』
と言われる事も多いです。

もちろん嬉しい事ですし、有難いお言葉です。でも僕からしたらダンス等のパフォーミングアーツと言われる表現者の舞台ではなく、一般的に『サラリーマン』と言われる方達にもかっこいいと思える人がたくさんいます。戦場は違いますが舞台という概念では同じなのです。
最初にダンスと出会ったインパクトは一生忘れる事はないでしょう。もちろんかっこいい、という印象も受けたのは事実です。でもそれ以上に、僕からしたら何かに打ち込んでいるその姿の先輩達に心を打たれたのです。たまたまそれがダンスだっただけで。

なので、もし少しでも自分に対して
『かっこいい』
という感情を抱いてくれている方がいたとしたら、その生き方や姿勢にも感じてほしいと思うし、僕のダンス自体は、有名シンガーのバックダンサーのそれのようではなく、それだけ見たら決してかっこいいものではないと思います。でもそれでもなおかっこいいと思ってくれる人がいたら、その想いを裏切るわけにはいかないし、そう思い続けてもらえるように、未来に向かってまた進める自分のモチベーションにもなる。
『かっこいい』
という言葉は僕の一つの生きる指針にもなっている。海外に住みたいと思ったのもかっこいいと思ったから、英語を話したいと思ったのもそう、色々挑戦し続ける自分でありたいのもそうなんだ。どうせなら自分で自分の人生、かっこいい!と自信を持って過ごす生き方がしたい。
そんな事を自信を持って言える大人がどれだけいるのか。僕はそう多くはないと思っています。幸いにも今の僕の周りや、いつも勇気づけてくれる人達は少なくとも前向きに生きようという気持ちを感じられて、とても心地よいし、自分にとってもすごくエネルギーをもらえる。

僕はこういう場所では宗教や政治の話はしたくないのですが、政治等でも大きな変化があり、 アメリカは色々な意味でもっと一つにならなければならないし、発砲事件やテロなども、日常に聞かれる世の中になってきた。日本にいる人がまた地震か、と思うような感覚で日常的にそういう事件が多発している。
本来であれば楽しいイベントや大きな行事は、昨今ではそれと隣り合わせで危険のシグナルが出てしまう。これは本当に辛い事だ。だけど、そんな事言ってたら何もできないし、どこも行けない。いつどこでどうなるかわからない世の中だからこそ、どうなってもいいように心だけは常に充足されていたいと強く思う。強い信念を持ち続けていれば、多少の環境の変化にも対応できる自分になれる。だからこそ何かを信じて生きる事が更に重要になってくると思います。それが神様であっても、自分の心の中であっても、また他人であってもいいと思います。その気持ちこそが尊い。お地蔵様に手を合わせる行為も、それはある意味自分の為に祈っていると言う事も言えるのではないでしょうか。

今年も色々あったなぁ〜と思いながら、来年度に向けて色々妄想を膨らませまくり中です。一人の人間がどれだけの事ができるかなんてたかが知れてるけど、その大きな夢を諦めない事が今の夢だ。形は変わってもいい。心は動くものだから。

ダンスをするように生きる。
今にスポットライトを当てて。

舞台に立った時、強烈なスポットライトを浴びると客席は最前列さえ見えない。中途半端に会場全体が明るければ、全体が見えるような錯覚をしてしまう。だからこそ今、ここで超強烈なスポットライトを浴びて『かっこよく』生きていきたいと。人生、人が生きる意味は自分自身で決める事。
さて、今後は
ーオーディションへの再挑戦
ー第二弾勝手にシリーズ!勝手に!ヨーロッパツアーへの準備
ー英語の上達期間〜初中級から上級へ〜
ー来年度、日本講演に向けての準備
ーNY外でのパフォーマンス
に向けてとにかく続けてみたいと思います。必ずその先に何かがあるはず!と信じて。そう、言霊なのです。発信していれば、叶うかもしれない。無理かもしれない事でももしかしたらできるかもしれないので、宣言しておきますw
それでは(特別号が無ければ)また来年!良いお年をお迎えください!!いつもお付合い頂きありがとうございます。

photo by
Triangle NY
http://www.triangleny.com/#!

10,11月合併号!
こんにちは。中澤利彦です。いつもありがとうございます。

【一人だけど、独りではない】

さて、私はというと先週NYに戻ってきました。
今回は4ヶ月という、過去最大の日本滞在となり、そのおかげで、本当にたくさんの場所に行き、たくさんの人に出会う事ができました。これは紛れもない財産です。今回の日本滞在はアーティストビザの更新の為に、期間を長めにとっておいたのですが、予想以上に早く取得する事もでき、自分の活動に専念する事ができました。
北は北海道から、南は沖縄まで、21都道府県に訪れる事ができ、かなりの場所に行ったな、と思っていたのですが、まだ半分にも満たないんだな、と改めて感じたと同時に、まだまだ日本にも素晴らしい風景や伝統はたくさんあるのだと再認識。また次回訪れる時は今回あまり行けていない東北と九州にも訪れ、制覇したいと思います!同時に今回お世話になった場所や人にも改めて伺いたいと思っておりますので、引き続きよろしくお願いします!!
今回このような長い期間を設定したのは、改めて日本をもっと知りたい、と思ったからでした。これは海外に住んだ事のある人は体感する事だと思いますが、外から自分の国を見た時に、自分達の国の素晴らしさがよりリアルに、鮮明に分かる。
逆に足りていないのではないか?と思う事もしかり。でも、足りないものは足せばいい。しかし既に在るものの有難味に気づくのはその何倍も難しい。不変が正当化されているのも事実としてある。だって日本にいれば英語だって話す必要はないし、おいしい食事だって低価格で食べられるし、困った事があっても日本語で助けを求められる。

でもそれは世界では当たり前じゃない。

その当たり前に気づけた時、今の自分の人生は更に輝きを増す。日々に充足感をより感じる事ができる。
幸せの条件は幸せな時間をいかにたくさん多く過ごせるか、だと思う。どうせならハッピーな時間がたくさん続けば嬉しいし、文字通り幸せだ。
もし自分が夢中に思える事や生きがいというモノを見つける事ができて、人生の残りの時間、もし100歳まで生きれば

20歳の人なら、あと80年
50歳の人ならあと半分
その幸せを感じる事ができる。年齢なんて関係ないんだ。

だからこれからもやりたい事をやって、Happyに生きる。そのHappyを伝える為の手段が、僕にとってはダンスだったり、講演だったり、生き様だったりするわけで。
来年はまた来年でどうなるかわかりませんが、2017年9月頃に再び帰る事ができたらな、、、と思っています。もちろんそれ以外にも自分が楽しそう!と思える事があればいつでも飛んでいく覚悟です!!是非ご連絡頂けたら嬉しいです。今からどんどん半年後、一年後、三年後、五年後と仕掛けていきます!
改めて今回の日本の旅でまたやりたい事がたくさんできてしまいました。

沖縄で三線を弾きたいと思い、
鳥取で薬膳カレーを自分で作りたいと思い、
山口で世界の鍾乳洞巡りをしたいと思い、
香川でうどん作りをまた一からしたいと思い、

などなどキリがないですが、パフォーミングアーツという仕事以外にも、もっと人間として経験したいと思う事がたくさんありました。全部やります。生きてる限り。その環境が自分にある限り。
アメリカに帰ってきて、早速、独特の匂いや、人間の強さを感じました。一つだけ確実に言えると改めて思うのは、自己主張をしないとペースを持っていかれる。歩調を合わせて歩く事は大事な事ですが、それ以前に自分の主張や考えを持っていないと、この国で戦いながら挑戦していくのは、かなり厳しい。その為に自分を信じて、自分のやってきた事にいかにプライドを持っていけるか、今後の鍵になると思います。

戦うのは何時も自分自身
一人だけど、独りではない。
信念を貫き通せば、必ず成し遂げられる。

そう信じて進んでいきます。
これから寒い季節になってきて、一層NYらしい景色に変わっていきます。僕は夏より冬の方がNYっぽい感じがして、好きです。町中はイルミネーションに変わり、世界一とも言える光の景色が広がる。11月でちょうどNYに来てから丸6年になります。いつも思うのですが、今ここにいれる事に感謝。そして自分を表現できる場所がある場所に改めて感謝。
これから毎月の更新は、このノート、という機能を使ってシェアしていきます。同時に2015年からの過去の記事もノートにまとめておきました。過去を振り返る事ができるよう、その想いを確かめる事ができるよう。言ってる事はかなり同じだったりするんですがw それはそれで良いと思いますし、変わる事も決して悪い事ではない。信念さえ貫けば。

それでは11月も楽しんで行きましょう!
私たちは『何を』失ったかに気付いてない

9月になりました!

とは言ってももう終わろうとしてますね。。。しかしこうやってゆる〜くでも、毎月のご報告を続けさせて頂きたいと思っておりますので、どうぞお付合い頂きますよう、よろしくお願いします。
さて、8月から9月前半にかけてはとにかく移動した月となりました。
新潟→大阪→神戸→香川→徳島→高知→愛媛→広島→新潟→東京→滋賀→京都→新潟→浦佐→越後湯沢
と初めて訪れた5県を含む、11都道府県に行く事ができました。全ての所でパフォーマンスや講演を行った訳ではありませんが、全ての所でまた新しい出会いがありました。


ワクワクドキドキの赴くままに。


新潟で生まれ、大学から東京に上京。その後関東で正社員として働く中で、『行く必要の無い』関西より西の方は、ほぼ行った事がありませんでした。そのままアメリカに渡米。しかしそのアメリカ生活で感じた事は日本にもまだ見ぬ素晴らしい所や文化はたくさんあり、それを知らずに世界で活動するのはもったいない、と思って日本に帰ってきた時はできるだけ、まだ行った事の無い所に行くようにしています。そこから何かが生まれるわけではないかもしれないし、自分の芸のこやしになるかどうかも分からない。けど、そこにいたという事と、体で体感したその感覚は、代え難いものになると信じています。それがライブを感じるという事で、僕が一番大切にしている事。便利になればなるほど、実際目で見て、耳で聞いて、肌で感じるという感覚がより大切になる、そんな気がする。

四国では、それぞれの地域の祭りを堪能してきました。踊り手だから、素人だから、、などはまったくなく、そこにはまぎれもなく衣・食・住・そして踊が存在していました。踊は誰の体にも存在していて、言ってしまえば、ただ手を差し伸べる、それでも踊りと言えば踊りなのです。正真正銘、身一つで表現できる自己表現、それが踊り。
大人から子供まで、全員が同じふりつけ(だけど心は皆それぞれ)を踊りながら街を進んでいく姿は、踊りという表現にまた新たに感銘し、いかに自分の行っている事は素晴らしいものなんじゃないか、と再認識させてもらいました。10年以上同じ事をしていると、いかに大好きで始めた事であっても、正直たまにうんざりする事もあります。それが仕事となり、お金を頂く事になれば尚更。ただ自分の欲求のままに踊るだけでは成り立たない事もあります。もちろんプロとしては当たり前なんですが、本来は違うものなんだ、と。多分大学でダンスに出会ってからの4年間の大学生活は、世界一ダンスを好きだったんじゃないかって自分でも思います。あの頃と同じような感覚になるのはある意味一つの夢です。今は今の感覚でも楽しいですが、ふと感じる時もあります。それを四国の祭りツアーでふと頭に入ってきました。
舞には無限の可能性があり、遠い昔から本来は型なんてなく、ただ即興的に動けばいいもの。ですが、自由を表現するには、自由を表現する方法を学ぶ必要があり、調和とバランスを意識し、創造する事で芸術(おどり)になる。

また、滋賀では、前回EBIKENさんもパフォーマンスを行った所で踊らさせて頂きました。多くのお客さんと、また多くの新しい人にもお会いする事ができました。このご縁でまた滋賀に10月2日に行く事になりました。
新潟では、毎年行っている、トークライブ。そして日本酒で有名な八海山さまの全社大会と言われる毎年全社員が集まる会合で、パフォーマンスをさせて頂きました。もともとNYで知り合った社長さんや、社員さんとずっと話を進めていたのですが、このように一つの形となり、嬉しい限りです。本番は現役でもドラムやDJなどでも活動している社員の方々とコラボしてのパフォーマンスとなりました!
さて、9月、10月もまたドキドキ率が高い所に気の向くままに行きたいと思ってます!

9月
17〜31 新潟

10月
1〜3   滋賀・京都
4〜6   沖縄
7     福岡
8〜9   佐賀
10〜12 福岡・中国地方
13〜17 名古屋
18〜20 新潟
21    帰国

というようなスケジュールで考えています!九州より南も生まれてから一度も行った事がないですし、まだまだ日本には素晴らしいものや人がたくさんあります。それをこの目で見てみたい。是非1日でも1分でも直接会って一人でも多くの人に会えるよう、動き回りたいと思っています!日本のどこかの地でお会いできます事を楽しみにしてます!何か現地(特に福岡、沖縄)の情報があったら、是非教えて頂きたいです!!!

絶対必要ではないものに、価値を自分で定めながら生きている瞬間にできるだけ多く自分の身を委ねていたい。その選択肢の基準はどれがワクワクするのか。それだけ。胸のドキドキだけ。どうせならかっこよく生きたいですよね!!
ニューヨークに戻る前、そろそろラストスパートに入ってきそうです。自分の不注意で少し怪我をしてしまって思うように動けなかったのですが、、、長期的な事も考えるきっかけになりました。必ずやります。

8月になりま、す!!フライング気味ですが。


やったもん勝ち=やらなかったもん負け


いよいよ8月になりますね!8月の真夏日を日本で過ごすのは、実に6年ぶりなので、海に山に川に祭りに夏のイベントを全て網羅して、楽しんでいきたいと思っています!
さて、この写真は何を隠そう、来る9月22日、新潟県魚沼市で行われる公演です。NYに2010年11月に行ってから、約5年半。これは自分にとってとても意味のある公演なのです。
NYにいったきっかけはいくつかありますが、まだ日本でサラリーマンをしている時にあるYoutubeの動画をたまたま見ていた時に、そのうちの一人がこの蛯名健一(EBIKEN)さんの動画でした。海外にも行った事のない自分が、飛行機にも乗った事ない自分が、

『こんな舞台で踊ってみたい』
『自分にもできるかもしれない』
『もう一度中途半端だった自分の夢を追ってみたい』

そう思わせてくれた方の一人です。NYに着いた日に蛯名さんのWebsiteから仕事の依頼でも無いのに、お会いしたいです!とメールさせていただき、快くお会いさせて頂きました。
後で聞いたお話ですが、普段そういう突然のメールであまり会う事は無いらしいのですが、何か特別なものを感じてくれたらしいです。
その会った日の後に送ったメールがこちら。

————————————————————

2010/11/13
TOSHIです。
本当に本人がきてくれたことに感動しました!!今頃ショー中ですね!?
1年でやれることは全部して、喰いないように全力で NYを楽しみながら、切磋琢磨していきたいです。
えびなさんと一緒に踊れる日を夢見て、 ガッツで頑張っていきます!! 本当にありがとうございました!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

全ての舞台はスペシャルで、オンリーワンで、100%本気で挑んでいますが、この舞台には更に特別な想いがあります。当初は1年で帰る予定でしたが、色々な事が重なり、今現在は日本にいますが、アメリカ生活も6年目に入りました。
舞台人にとって舞台はまさに自分を一番表現するステージであって、これは舞台に立つ人に与えられた最高の場所であって、この喜び、喝采の為に舞台に立ちつづけている人も少なくないわけで。
それを5年前の自分が宣言していた事。その時はまさかその日が来るなんて正直思ってもなかった。未来が見えない中、渡米して言葉や文化もわからず、まだ何も先が見えなかった中、とりあえず言ってみた言葉だったかもしれない。だけどその片鱗に自分の想いは必ずあったはず。

一つ一つの瞬間の連続が、今この瞬間に繋がっている。

昨日久しぶりに会った人も
今日初めて出会った人も
明日会うかもしれないまだ出会ってない人も

今のこの瞬間が未来につながっていて、それはつまり過去の自分の行動が今の自分の瞬間に繋がっているんだ。

改めて、今まで出会った人たちに“ありがとう“と言いたいし、もちろん色んな方に紹介してもらったりする事も多いですが、でも基本的には自分が知らず知らずのうちに行ってきた選択の連続によって、その人達に出会う事ができているのは確かなので、それは誇りに思いたいし、自信にしたい。だってこんな素晴らしい人達に出会えているのだから、間違いではなかったはずなんだ!

opportunity(機会)をは転がっているわけではない。運命も自分で創り出すもの。偶然や予期しなかった事(By Chance)で生まれる機会もありますが、僕個人はあまりそれを好まない。
買わなきゃ当たらない宝くじ! 買った事が一つの行動として評価するかしないかは個人で決める事だが、ほとんど買う以外の行動ができないものに関しては、僕は魅力を感じない。でもそういうものが流行って、世の中に蔓延している事が、“人間”の本来の弱さが出てしまう。それにつけこんでお金を儲けようとする大人達もたくさんいる。良いか悪いかの問題ではなくて、それを決めているのは全て自分なのである。本来人間は弱いもの、だからこそ協力して共存する必要がある。その為に僕がこの社会でできる事は何なのか。やったもん勝ちだ、逆に言えばそれは、やらなかった事が負けなんだ。負けるのは、そう自分に。
その意味でもこの舞台は過去の一つ一つのオポチュニティーを掴み続けて一つの形として到達した舞台なので、非常に楽しみです。いつも一人で踊る事が多い自分ですが、この舞台は正直、見なきゃ損です。僕は今まで築いてきた、感じてきた事を1000%出し、失敗を恐れずまた挑戦する舞台にしたいと思っています。

講演活動やワークショップ等で人に教える機会は有難い事に増えていますが、根本には自分が舞台に立って、みんなに注目を浴びたいが為に始めたダンス。どんなにすごい過去の経歴がある人でも、どんなに世界で活躍した人でも、“現役”には敵わないと僕は思う。


だって今しか未来をつなげる事はできないのだから。


やります!9月22日!
【10年前の自分に今の自分を会わせたい】


7月になりました!
日本に戻ってきて約2週間立ち、色々な方に出会わせてもらってます。新しく出会う人もいますが、それ以上に以前出会った方達と改めてお会いして、以前会った時からの近況などを共有したりしています。
海外に行って改めて思う事は、過去の自分とその周りにいた人達も大事にしたい、という事。

過去がなければ今はなく、今がなければ未来はない。
今まで出会った人達にもう一度出会える事ができたら、どんなに素晴らしい事だろう。

その全員と出会う事は僕の一つの夢でもあります。その時誇れる自分でありたいし、その為にガンバレる。
今回は10月まで滞在するという事で、中期的な予定も立てる事ができ、またいつも自分で色々予定を入れてしまって、会えなかった友人にも会う事ができたり。忙しい、時間がないを言い訳にして出来なかった事を全部やり尽くしたいと思っています!

日本に戻ってすぐに京都で講演、パフォーマンス、ワークショップをさせていただきました。それと同時に自分でも不思議なくらいパワーがみなぎって、毎日3時間くらいの睡眠でものすごく元気な日々を過ごしていました。
なんでだろうって考えた時、一つは自分が教えたり、伝えたりする事に対してレスポンスがある事。大げさかもしれないけど、僕との出会いがその人の人生を変える可能性だってある。僕が色々な人たちに出会って、人生を変えてきたように。だから今度は自分がそれになりたい。

https://www.youtube.com/watch?v=v69D9ZeC-UU

上のリンクの動画は京都で行ったものですが、自分が伝えた事でそれに対してレスポンスがあり、またその一生懸命さの様子から本当に学ばせてもらう事がたくさんあって。

ちなみに僕は生まれた時から色弱で、ある特定の色の区別がつきません。信号とかは場所で覚えていたりします。よくこれを人に話すと、そうなんだ。。。とちょっと申し訳なさそうに言われるんですが、個人的には逆にみんなと見えてる景色が違うだけという認識で、むしろポジティブに捉えていますw

自分は特別なんだと

これはおそらく一人一人持っているもので、視線ひとつとっても、同じ景色を見ている時だって、それぞれ見ている景色が違うし、感じ方も違う。それを悲観するんじゃなくて、それが当たり前なんだ。人と話していて、たまに色の観点からするとお互いの意思の共通項が違う時はあるけど、生きてく上でそこまで問題ではない。敢えていうなら、焼肉の赤味が焼けているかどうかがあまりよくわからないくらいですwww ですので、中澤と焼肉に行き私を焼き大臣に申請すると、生肉か焦げ焦げを提供してしまいますので、ご注意を笑

そして、やっぱり自分は本当は自分のやっている事を発信したいんだと改めて感じさせられました。講演というスタイルで話すのであれば、1時間~1時間半は自分だけの時間で、ダンスであれば、3~5分くらいは全部自分の時間なんです。自分の好きなようやっていい時間なのです。やりたい事や言いたい事も言えない言いづらいこんな世の中ですが(poison)

せめて自分の人生くらいはわがままに生きていいんじゃないか?

少なくとも僕はこの2週間で人に発信、そして色んな人に自分の想いを伝える事で、すごく心が浄化され、体の中のリトルトシヒコが巡っている感じがします。
これは不思議な感覚で、やっぱりNYに戻った時はすごく自分を締め付け、開放的ではなく、1日の大半を一人で過ごすような感覚です。日本では1日の大半を誰かと過ごします。やっぱり人からもらえるエネルギーが共鳴して、自分にこんなパワーをくれるんだなぁーと。でもその為に自分だけの時間とのバランスをとって初めて成り立つものなんだと思っています。でも基本場所は変わっても自分のやる事が変わらない、信念があるから。

NYに来て、自分がどんな人間かを考えた時、僕は人といると甘えて、依存してしまって、その人に合わせてしまって、自分の意見を押し通せない性格だと気づきました。そんな事じゃ自分のしたい事が達成できないと思い、独りで過ごす事を最優先に考えました。

でも逆に人といると自分の限界以上の力も出せる事も、後々気づきました。ただしそれは競技を競い合ったりする時や、何かを人に任された時なんです。でもクリエーションする作業は基本一人で、集中して絞って考えないと出てこないのです。なので、これもバランスが必要で。。
ただ日本にいる時の方が自分の魂エネルギーは高く、とてもヘルシーです。いつかどの舞台でも常にこの感じを持てるようになるために訓練です。楽しく生きる為の努力です。でもその割り合いは周りのみなさんのおかげで確実に増えています。
さて、僕は今東京に滞在していて、学生時代の友人や、お世話になった方々にも直接お会いしたり、人間活動にも全力注ぎます!
まずは感謝から。

今後は

東京
7月1日~5日
北海道
7月5日~10日
新潟
7月11日~15日
神戸、京都、名古屋
7月16日~22日
新潟
7月23日~31日
神戸
8月1日~7日
滋賀
8月21日
新潟
8月26~9月4日

などに行きます!この日程の全部にパフォーマンスや講演があるわけではないのですが、この日程を目安に今後イベント等を打っていきたいと思っておりますので、もしこの日程で近くにおられる方がいましたら、是非ご連絡ください!

それでは夏本番になってきます!暑さに負けぬよう、それ以上の熱さで駆け抜けていきたいと思います!
【6月16日~10月20日まで日本に帰ります!】
I will be back to Japan June 16th-Oct 20th.

6月になりました!
早いもので2016も折り返しの時期がやってきました。振り返ってみて、新年に決めた計画は思い通り進んでいますか!?

冒頭でもお伝えしましたが、再び日本に戻ります。今回は最長4ヶ月という期間を予定しています。また今のアメリカ生活、そして日本の生活に馴染めるか、不安且つ楽しみではありますが、今まで会えなかった人、そして新しい可能性に向けてゆっくり時間をかけて取り組んでいきたいと思っています。

細かい日程などは今調整中ですが、とりあえず新潟、東京、北海道、愛知、京都、大阪、兵庫、和歌山、福岡、は行く予定ですし、その間にも可能な限り色々な場所を巡っていきたいと思っています!もしどなたか講演、ワークショップ、その他何でもお知り合いの方や何かできそうな場所を知っている方がいたら、是非ご連絡くれると嬉しいです!できるだけ調整して、向かいたいと思っています。
テーマは去年に引き続き

‪‪教育‬×‪‎ダンス‬×‎英語‬=可能性‬

の中で少しでもピンと来るものがあれば、是非!
2013年から行っているこの活動も今年で4年目となりました。そしてこのように毎月(大体)1日に、長い文章を書くのも3年くらい前から行っています。

ほんとに少しずつですが、周りの方から、『なんかいつも長い文章書いてるよね』『日本で色々活動してるよね』くらいまで言って頂ける機会が以前より増えた気がします。それでもおそらくしっかり内容を読んで頂いている方は数人に過ぎないと思いますし、どんな活動をしているかを把握している人も更にしぼられると思います。

「認知」してもらうまでにまず時間がかかるし、その後で更に「理解」してもらうまでは更に時間がかかる。その後、「納得」してもらい、「共感」してもらう事で、初めて人に伝える行動ができる。そして最後に一歩踏み出す「行動」を起こす事で初めて完了する。そのステップを踏んだ上で、聞いてもらう人に想いが伝わるのはおそらく1%も満たないだろう。

当然だと思います、直接お会いした事がない人もいますし、一回や二回しか会った事のないかたも多いです。お会いできたとしても自分の全てを語る事なんてできているはずがない。だからこうやって書き留めて、たまたま少し時間のある人が見てくれて、本当に一人でも想いを共感する事ができたら、と思って続けています。

これは3年前に日本でも活動しようとした理由とも重なっていて、今の自分をどうにか伝えたいと思って、人前で話す経験なんてほぼ無かった自分でも、温かい人の協力のもと、始める事ができました。そもそも話す事があまり得意ではないので、ダンスを選んだのですから。 
でも得意であるのと好きである事は違っていて、好きだからそれがやりたい事、と言ったら一概にもそうは言えず、また本当にしたい事が好きな事なのか、というのも疑問で。でも入り口はどこでもよくて、まずはその中に入りこむ事が一番大事だと思っています。どこに何のきっかけがあるか分からないし、求めなければ与えられる事はほぼ無い。
大学生の時、僕は夢や自分のやりたい事を求めてなかったけど、本当にたまたま自分にとって大事な事を見出せたし、それはまぎれもなく周りの影響からだったのです。 求めたくても何を求めればいいかわからない、行きたくてもどこに行けばいいかわからない。そしてやりたくても何をすればいいかわからない。


それは結局【知らない】という事から来ている。


知らない事は罪、だというが、教えてあげない事も罪の一つだ。結局未来を繋げていくのは、今の若者、子供達だし、その活動を強めなければ、未来はないわけで。高齢化社会で、政治経済が年配の方が中心に動いている。その世代の支持を得れない事には政治家等になる事が難しいから、自然と年配の方よりの政策になってしまうのも無理はないし、納得もできる。今の日本を作った先人達にベネフィットを無くせ、という意味ではなくて、だからこそ、若者は自分たちだけで生きる術を身につけなければならない。本当はまずは生きる為に全員が自分で食べるものを作る事ができる事が理想ではありますが、そういうわけにもいかないですし。それぞれの得意な分野で各々が活躍すればいいと思う。

じゃあ、自分にできる事は何か、と思ったら、「心を動かす事」だと思っています。ダンスが上手で、かっこいいダンスを教えられる人は自分よりもっといる、その中で自分にしか出来ない事。やっぱり日本人である以上、日本人の世界での活躍はまったくの他人でも嬉しいし、それはまず単純に国籍が同じであること、同じこの日本という地で生まれたという共感から来るのだと思います。便利な世の中になりましたが、人間の心を動かせるのは、やっぱり人間だけなんだ。

僕は幼い頃からダンスを習っていたわけではないし、身長体重身体能力も別に普通だし、でもそんな自分がなんとかできているからみんなできるはず。
その最初のステップが自分の可能性を信じる事。しかも世界水準で。
まだまだ完璧でない今の自分を体当たりで伝える事で、少しでも何かを感じてもらう事ができたら、と思って始めました。
僕より上手に話す事ができる人、踊る事ができる人、伝える事ができる人はたくさんいると思いますが、僕にしかできない事も必ずある。
一人でも多くの方に想いが届けられるよう、またその人にとって大きな夢に歩む一歩になれるよう。そうなった時僕の夢も叶うはずだから。それが夢を創るという事。無いなら創ればいい、創るしかない。

過去の講演の様子
https://www.youtube.com/watch?v=RMu0I1gxu98&list=PLAx9_EDjuIaehqnEwpwcwZCzt8bttgCQf
5月になりました!
日本ではGWですね?みなさんどこかに行かれる予定はありますか?!NYに来る事がありましたら、是非ご連絡ください!!

https://vimeo.com/164943578

【6月16日~約3ヶ月、再び日本に帰ります!】
僕も新たな出会いをする事で、自分の可能性も広がり、人の夢を叶える事が自分の夢をも叶える。Dream Maker. 動画は去年作成したものですが、今年のものも作成中!過去に出会った人、これから出会う人、またたくさんの人に出会いたいです!是非何か感じるものがございましたら、ご連絡くださいませ!そこにワクワクがあれば、どこでも行きます。

ー目に見えないものを伝える事ができた時、それは芸術になり、感動につながる。

先週になりますが、ボストンでパフォーマンスさせて頂く事ができました。主催者とスタッフの努力で6万人もの人が来場したとの事でした。また、そこで数々の素晴らしいアーティストと会う事ができ、自分の見解を広げる事ができたと思います。それぞれの方々が、これからどうしようか悩んでいたり、エネルギーに満ちていたり、アーティストとしての考えを共有でき、心地の良い時間を過ごす事ができました。やっぱり同じアーティストとして共通する部分がたくさんあるので、そこら辺で良いfeelingをシェアできたのではないかな、と思います。

実はいくつかオーディションも受けたりもしてました!結果的には良い報告ができたとは言えなかったのですが、落ちる方が確率的に高いのだから、めげずに挑戦し続ける事だけは止めないよう、いつか来る素晴らしい最高の瞬間に備えていきます。 そう、ここからが勝負。見えない夢なら描けばいい。未来が見えないのならば、まずは思い描かなければ始まらない。

実はというと、今年の1月~3月まで、あるアメリカの会社の社長のアシスタント業務をしていました。もちろんフルタイムで働いていたため、平日は朝から夜まで、土日はいつも通りダンスの仕事をしていました。身心ともに結構いっぱいいっぱいになってしまってました。非常にその仕事を就くかどうかも悩んだのですが、中澤利彦という人間として、更に未知の世界と、自分の見解を広がられたら、と思って決断しました。もちろん英語でのやりとりが主ですし、日本人のクライアント様には日本語を駆使して、まがりなりにもなんとかやっていました。
ですが、たったの3ヶ月足らずですが、やりたい事をやれないストレスは、自分にとってかなりのものになる事に改めて気付かされました。もしかしたら続けていた方が、英語力や人脈、ビジネスの経験等の為には良かったかもしれない。だけどやっぱり思ったのは、1分1秒でも多く、自分がいたい所に身を置くべきだという事。海が好きだったら、1秒でも多く海へ行き波を眺め、風が好きだったら、1分でも多く外に行って風を浴びよう、と。

どうせなら1秒でも多く笑って幸せだと感じた人生の方がいいじゃないか。どうせなら。

それと同時に自分で勝手に判断していた、「自分の目標にとって必要じゃないと思われるもの」にも果敢に触れていきたいとも思っています。その指針は、ドキドキするか、そしてそれをしないで後で後悔しないか。今を楽しむ事にだってちょっとだけ許せる余裕のある自分でありたい。過去の色々な出来事で曲がった人間になってしまったのでw これが一番難しいのだけど、今後のテーマです。
さて、また詳細が決まったらお知らせしようと思いますが、5、6月はNYを少しずつ脱出wして、ワシントンDCや、シカゴ等でもパフォーマンスが決定しており、こちらも新しい自分への挑戦となっていて、とにかく見ている人を楽しませる事ができるよう、普段からアンテナを張り巡らせています。

加えて、6月16日から日本へまた一時帰国します!今回はビザの面接も兼ねているので、いつもより更に長く滞在する予定です!最長で3~4ヶ月程滞在するかもしれませんので、まだ見ぬ人や場所に会いにいけたら、と思いますので、講演でもパフォーマンス、またワークショップでも、少しでも何かひっかかるものがあれば、まずはご連絡頂けたら嬉しいです。
目に見えないものを伝えるこの活動も引き続き行っていきたいと思います.自分が運良くやりたい事に出会えたこの幸せを、一人でも多くの人に伝えたい、と。

日本で夏を過ごすのは、2010年ぶりなので、海とか、夏祭りとか、暑い夏を更に熱くできるような活動をしていきたいと思っています★

10年後の自分が今の自分を見てどう思うのか・・・
NYは春なのに、気温も3℃になったり、とても落ち着かない天候となっていますが、私個人は元気に過ごしています!

4月もいくつかパフォーマンスの機会があるのですが、
4月13日(水)

再びアポロシアターの舞台に立ちます。

2011年から5年、もう12回くらい出ているのではないか、と思います。多分ソロダンサーとしては一番出場してるんじゃないかな、と自分でも思います。というのも、同じ舞台に出続けるっていうのはある意味で必要ない事だったりするのです。それが競技者として、であればなおさら。

でもこの舞台はやっぱり特別で、ここで踊る為にNYに来たという一つの当初の目的もあります。常に自分を初心に帰させてくれる場所でもあります。もしお時間がありましたら、是非お越しくださいませ!

髙橋大輔さんは2年前に競技者からは引退を決意したそうです。8歳から20年以上も競い合ってきたのですから、まだ30歳と若いですが、それだけずっと続けて来た事は本当に驚嘆に値します。僕もダンスに出会ったのは18歳で、しかも3年も踊ってなかったですし、そう考えたらまだ10年目。

何かを創りだすという作業は、何物にも代え難い。というのはこればかりは集中して考えないとアイデアが出て来ないからだ。音楽を聞きながら、何か他の作業をしながらでは、素晴らしいアイデアが浮かばない。単発でインスピレーションを受ける事はあるけれど、もっと深く詰めて作品として完成させる為には一つの事に没頭してアイデアを捻出する必要があるのです。だから頭の中のリトル中澤にフル活動してもらわなければならない。

これは生き方にも言えると思う。なぜなら適度な忙しさは大切な事を考えなくていいという、都合の良い理由になるからだ。それが大きな問題で、自分も含め、多くの人に欠けているものでもあると思う。忙しい事を理由に大事な人や事を失って来た過去が自分にもあるから。

でも、その考えて、悩んで、時間をかける過程を踏まなければ、なかなか自分を次の階段に上らせる事は難しいと感じます。でもその余計とも取れる、extra workを行う事によって、新しい境地が見えてくる、と信じています。少なくとも考えなくては見えてこない。イメージもできないのに、それが叶うわけはないし、叶ったとしてもそれは本当の偶然で続かない。だから僕は宝くじ的なものは好きではない、自分の力で得たものじゃないものに興味はないんだ。

今回アポロシアターに再びチャレンジするのも、その一つ。自分の新しい可能性を広げる為。そのために失うものもあるけど、そんなのたかがしれている。
また今回の挑戦が一区切りつけば、今度はまた日本での挑戦が始まります!6月、9月に一時帰国する予定ですので、また見た事無い人や場所に行きたいと思っています!過去に会った人もまた再びお会いできる事も楽しみです♪是非ご連絡頂けると嬉しいです!色んな人と想いを共有して、一人でも多くの人の輝いている人生の瞬間を間近でもっと見たいから。

若かったらこうしたい、という事を今したい。
10年後、『あの頃は若かったな。。。』
というだろう。でも、10年前の自分にもそう思う。つまり考えかた次第で感覚は変えられる。


誰でも今この瞬間が若くて、誰でも今この瞬間が一番歳を取っている。
Today is the oldest you’ve ever been, and the youngest you’ll ever be again.


今しか出来ない事、というよりも今しか出会えない人、物、事、何かに出会いたい。
今の所、6月、9月に帰る予定です!


ー画像粗いですが、講演の一部模様です。
https://www.youtube.com/watch?v=RMu0I1gxu98&list=PLAx9_EDjuIaehqnEwpwcwZCzt8bttgCQf&index=1

それでは良き4月をお過ごしください!!
3月の月例報告です!
またしてもいつのまにか2週間経ってしまいました。。。でも自分のペースでも発信続けることだけは忘れないようにしたいと思っています。

最近の僕はというと、(良い意味で)忙しく、なかなかクリエーションを考えたり、発信したりする時間が取れないでいます。日々のトレーニング、仕事、睡眠、+創造的活動の時間を増やしていきたいと思っている所です。何かを維持するってことも大変な作業だけど、それと同時に何かを創って発展させる作業が必要になってくると思っています。

その中で今挑戦しているのが、色々なアーティストが一つのパフォーマンスを一度に魅せるというコンセプトの下、あるオーディションの為の撮影を行ってきました。写真はその一部です。この時の撮影とは別に、当日別の企画でプロフィギュアスケーターの高橋大輔選手と対談を行ってきました。現役を引退後、新たなフィールドに挑戦している、との事でした。スケート以外の世界にも不安ながら果敢に挑戦していく姿は、同世代としてまた刺激をもらいました。いつか自分もそんな存在になれるよう、とにかく行動しないと、と思います。こういう風に自分の専門性を追求して一つのモノを創り上げるという作業、そして色々な自分の知らない世界に人をお話できるのは、本当に貴重な体験でした。

3月28日 TBSチャンネル2で見る事ができるらしいので、もし見られる環境がある方は是非お知らせください!!!
http://www.tbs.co.jp/tbs-ch/item/s1638/

こちらからもご覧頂けます!
https://www.youtube.com/watch?v=M82-XNVCxCM

このオーディションとは別に、4月にまた個人でオーディションを受けようと思っています。今はその為の体作りと準備です。4月 24日にはボストンに行ってパフォーマンスもする予定ですので、ボストン近郊の方、是非お越しください!こちらの詳細はまた後日。。。

しかし色々な事にチャレンジしていくには、絶対的に時間との兼ね合いが出てくる。自分は二人いない、1日は48時間無い。でもその中で自分のしたい事を追求するには、能率を上げる必要がある。一定時間ででき得る自分の出来高の事だ。年齢を重ねれば重ねる程、絶対に年を重ね無いと得る事のできない、”経験”を得る事ができる。言い換える事ができるとすれば、その一つに、


効率良く生きる事ができる


という事が挙げられると思います。
効率とは作業量によって得る事のできる成果の割合の事。過去に生きている経験から、無駄を削ぎ落とす事ができるようになってくる。
例えば
ー階段とエレベーターがあって、一刻も早く目的地にたどり着きたい時、どちらを選択するか?
ゴールは知らされていません。入るまでわかりません。

答えはわかりません。でも僕は前者を選ぶでしょう。もしかしたらゴールは100階かもしれないし、2階かもしれない。でも”進んでいる”という実感が欲しい。例えその決断が結果的に無駄なモノであったとしても。
ここで面白いのは、ゴールは変わりうる、という事。着いたと思ったらまた違うステージが用意されていたり、ゴールに向かう途中で最終地点が変更になってしまったり。

例え事前にゴールが30階、とわかっていたら、エレベーターに乗るかもしれない、けど途中で故障して止まってしまうかもしれない。
色々なケースを考えてもキリはないんだけど、だからこそ、自分の足で進める距離を伸ばしておかなければ、そして同時に把握しておかなければ、と思う。

効率とは、労力、エネルギーに対してのリターンであり、
能率とは、時間に対するリターンの事であるという。

そこで最初の問いに戻る。
一刻も早く。
という言葉を自分も含め、どれだけの人がそれはいつまでにたどり着けばいいのか?という疑問を持っただろうか?

できるだけ、なるべく早く、できたら、できる時に、いつか。

などの抽象的概念に疑問を持ち、具体化する事で自分でゴールが決める事ができる。いつかは、では絶対いつまでもできない。これは断言できる。作業効率を上げる事はもちろん大事だけど、時間的概念で、能率を上げる事も重要だ。というか、機械や技術の進歩で効率良く作業を進める事ができる環境は常に周りから与えられていて、便利になっているだけに、それをいかに使って一定時間内に自分に何ができるか、を深く考え、行動していく必要がある。
自分を知っていれば、自分で階段を登れるスピードも把握でき、ゴールに対しての推測も立てられる。現実的により近づくような気がする。無駄を削ぎ落とすという効率を上げる事も、もちろん同時にうまく付き合う事ができたら一番。世の中に無駄な事は実質的にあると思います。でもしそれを無駄と思わず自分の心にしまいこむ事ができる事ができた時に、無駄では無かったと言う事ができる。

自分が一番輝いている、と実感して生き続ける事が一番幸せだ。それが結果は全てではない、という事なのかもしれない。もし今そう感じて無いと思っていたら、何かを変える時なのかもしれません。自分も含め。


時間を大切に。
人生は一度きり。
やりたい事をやろう。


難しい事じゃない事が一番難しい。
それでは、みなさん。旅立ちの月ですが、残り18日間、432時間、を輝いて活きていきましょう!
あわせて、6月、9月に日本に一時帰国の予定ですので、パフォーマンスや講演、ワークショップ、その他雑談!でもなんでも!何かありましたら、是非ご連絡ください!

2月になりました!それと同時に新しい歳を迎えました。コメントやご連絡を頂いた皆様、ありがとうございました。その年齢でしかできないことが必ずある!と信じてますので、今年は今までの自分を更に越えたいと思います!

Stuck

最近の僕を表す単語です。
直訳で
動けない、抜け出せない、困った、行き詰まった、
などの意訳もあります。

先日は地下鉄で1時間も待たされ、その前はエレベーターに40分も閉じ込められ。。。
あとは、自分の環境がなかなか外に出れないものになっているのです。つまり未来への準備、自分自身のレベルアップの時期だからなのです。大きな夢を掴むために、耐え忍ぶ時期も必要だ。

自分自身にチャートがあって、グラフがあって、それがもしビジュアル化できるとしたら、いつか来る大きな目標や、楽しい事の前には、必ず停滞する時期がある。その先に見えるものがなければ、辛いだけかもしれないけど、ぼやっとはしているかもしれない、だけど、先に見えるものがあるのだから、止まっていると感じていても、それは止まっているわけではないんだ。動けない状況を嘆いても仕方がない、それに逆らわず、自然体でいれる強さも必要なんだ。溺れた時に慌てても、水をたくさん飲んだりしたり、体力を無駄に消耗してしまうかもしれない。だけど、力を抜けば体は勝手に浮かんでくれるのだから。力を抜くという事は実はとっても難しい。

ダンスでも出すのは意外と簡単にできるけど、それと同じだけの速度と正確さで戻す事の方が難しい。力を入れた後に、いかに力を抜けるかで、その次の力の大きさを更に大きく魅せる事ができる。
何がしたいのか、これは永遠のテーマだと思います。でもそれぞれの置かれた状況で今できる精一杯をぶつけて、どこかで線を引いて、『これでいい』と自分自身を納得させてしまう時がある。でももう一度、それでいいのか、と。
石の上にも3年という言葉がありますが、10年続ける事ができたら、その道のプロフェッショナルになれるという事もよく耳にします。ダンスを18歳で初めて、途中3年のブランクがあるので、ちょうど丸10年が経ちました。踊りというものを追求し続けて今このような形が形成されました。そこで踊りは、技術だけじゃなく、そしてその魅せ方や、自分のダンスに対しての身の丈(実力)を知る事ができました。


でもそもそも始めた理由は、

何か人と違う事がしたかった

という事が根底にありました。目立ちたがりではないんですが、注目されたかったのだと思います。それはニューヨークに来てからは更に顕著に考えながら行動した、いや、そうせざるを得なかったのもある。他人を気にしていたらストレスも溜まったり、納得できないことだらけだから。どの業界でもそうだと思うけど、厳しいダンスの世界、人と同じ事をしていたのでは、到底頭一つ抜ける事はできない。ただ楽しいだけのパーティーなんかに行っても、自分の夢に近づけない。思えばこういう事を此処に書き込みだしてから、少し自分のリズムが変わったのかもしれない。

ソーシャルメディアっていうのは、本来は自分の為じゃなく、人の役に立つような情報を発信しなければならないらしい、じゃないと読んでももらえないから。でも、自分に必死に生きている事が誰かの為になったら、それが一番理想だとも思う。自分の為にやってきたことがいつか人の為になる時が来る。

世間一般的に言われる『成功』から逃げたくはない。人それぞれ違う価値観なのは既に知っているし、その形も違うのもわかる、だけどそれを言い訳にそこから逃げてはいけない。

結果が全てではない、という言い訳からも逃れたくはない。結果が全てで僕は成功するために生きている。
とにかく今日も楽しんでいきましょう!Stay warm!
こんにちは!
新しい年を迎えましたね。本年もどうぞ宜しくお願い致します。
みなさん、今年はもう振り返って、2016への準備はできましたか!?

僕の2016年は

1 英語の強化
2 基礎技術の向上
3 振り返りの徹底

・英語
毎日twitter でつぶやきます。マジでガチでリアルなその日にあった英語表現をお伝えします。その他NYの日常や簡単な報告などをつぶやいていきます。

・基礎技術の向上
平日朝8時からのワークアウトでいつでもベストなコンディションを整えたいと思います。

・振り返りの徹底
就寝前の30分の当日の振り返り&復習(瞑想込) です。年齢を重ねて失うものは若さですが、それと同時に得るものは経験です。でもそれは時として『慣れ』として邪魔をしてしまう時がある。0歳の僕と30歳の僕では、新しく経験することの総量は当たり前だけど違う。だからこそ計画を立てたり、予習をすることと同じくらいかそれ以上、振り返る事が大事になってくると感じています。
ニューヨーク、英語、ダンス、海外生活、夢、など更に詳しく知りたい方がいたら、ぜひFacebookページでフォローをよろしくお願いします!個人のページでたくさん投稿してしまうと、みなさんのタイムラインにたくさん表示されてしまうので、こちらでしか投稿しない内容も多いです!

ツイッターでもほぼ毎日つぶやきます
https://twitter.com/goemonfromjapan
さて 2015年もまた僕にとって色々な新しい挑戦と出会いをさせていただきました。

1月 ライドの仕事と同時にオーディションへ。(ライド記事3つ)
2~4月 クラウドファンディングの準備&スタート(目標金額達成)
5~7月 日本講演の準備&日本滞在(7都市32箇所での講演、パフォーマンス)
8~9月 新しいプロジェクトのスタート
10月 タイでのパフォーマンス
11月 両親渡米
12月 まとめ
すごーくざっくり書きましたが、、
2015年は、クラウドファンディング、日本講演、タイでのパフォーマンスの大きな3本柱で、もちろんこの間に普段の仕事もしてます笑 そしてイベントやオーディションにもちょこちょこ出ています。 中でもやはり日本で今回知り合えた人達から、また来年度の新しい可能性に繋がっているケースも多く、本当に一つの点が線になっていると感じる事ができます。毎年日本に帰っていて、いきなり、ドンっ!っと大きくなるわけではないですが、少しずつ自分のやりたい事ができてきている実感があります。まだまだなんですが、迷いながらでもとにかく歩みを止めなければ、そこに見える何かがあるはず。じゃなかったらおかしいですもんね。30歳になって、モヤモヤしたり、たくさん考えたりする時期ではあるのですが、足だけは止めずに、ちょっとでも歩いていけたらと思っています。
ライドに仕事が日常は入っているので、ニューヨークでの単発でのパフォーマンスの回数はめっきり減りました。日本では2日に1回はパフォーマンスしていましたが。それでもまだこの体がある程度健康である事に感謝であります。
2016の目標は既に立てました。2015年の目標は、70%程は達成できましたが、できなかったものもあります。特にダンスの大会等は、自分のやれる事を全部できても、その結果を決めるのは自分ではないし、その時の空気やお客さんにも左右されますし、簡単な事ではない、という事を改めて思い知らされました。が、こちらも引き続き挑戦していきたいと思っています。
しかしながら、基本はフリーランスとして活動しているので、目標こそありますが、楽しい事があれば、そちらを優先し想像もできないような事も起こりうる可能性は十分にあります。
2015は中澤ブームをまだまだ起こせませんでした。
2016は、やります。2015年は仕事に少し余裕が出てきたので、未来の為の準備の時間がかなりありました。1ヶ月や、3ヶ月後の事のために、今を費やすのではなく、3年や5年後の為に今を費やしています。今を全力で活きるという事が大前提なのですが、その目標をちょっと先に置いています。1、2ヶ月の努力だけで得れるものなんて、たかが知れていると思うので。もっと大きな何かが欲しい。

その為にちょっと充電期間に入ります。表舞台に立つ事は少なくなるかもしれませんが、その先の未来の為です。振り幅を大きくするために、しっかり助走、下に屈んでその時に備えます。先の遠い目標を追うのは簡単なことではありませんが、色々シェアしながら負けずに進んでいきたいと思います。
今まではビザやオーディション等のために、必要なことに迫られてそちらにフォーカスしていました。そしてそれと同時に新しいことにも挑戦してきました。そこで出会った人たち、得てきたもの等、まずはそれらをしっかり自分の中にいれてから進んでいきたいと思っています。
新しいものに手を出すのは大事な事ですが、僕の場合環境が1月からガラッと変わるため、それは自然に付随してくるもの。その中で大事だと思うのは、もっと過去を大切にしていく事。途中まで積んで、まだ自分の中で完成していないものがたくさんあります。 0から1を作り出す作業より1から数字を上げていき作業を自分の中では心がけていきたいと思っています。もちろんなんでもできるジェネラリストではなく、スペシャリストを目指して。
GeneralistとSpecialist
http://ameblo.jp/goemonfromjapan/entry-12067738854.html

ここまでお読み頂きありがとうございました!今まで出会った方々、どうぞ引き続きよろしくお願いいたします!

こんにちは!12月になりました!

11月は色々な身辺整理をしていました。それと同時に自分の引き出しを増やす作業を色々行っていました。また楽しいエキサイティングな報告ができるよう、挑戦と更新を続けていきたいと思っています。


【一生の想い出がありますか?】


大きなイベント、すごく個人的な事ですが、ようやく初めて両親がニューヨークへ観光に来てくれました。楽しんでくれた模様で、一生の思い出ができた、とコメントももらえました。NYという地で一緒に毎日過ごして色々考えさせられる事も多々ありました。
ご存知の通り、世界では色々聞きたくない、だけども真実として受け止めなければならないニュースが続いています。
そんな中でも生きていかなければいけないし、人生を真っ当しなくてはならない。じゃあどうすればよいのか?と。どれだけ年齢を重ねても、一生の思い出はできる。それを感じさせられた両親の滞在でした。自分もまだまだこの先もたくさんの大きい一生の思い出を作っていきたいと思ったし、その為にはどうしなければならないのか、を再度考えさせられました。
何回か過去に投稿したと思いますが、改めて。。。

なぜやりたい事ができないのか。また何か充実しないような毎日を送っている、、という感覚になってしまうのか。
僕が正社員としてレストランのマネージャー職をしていた時は3年間、ずっとそんな気持ちでした。もやもやしていました。しかもその先に見える光もなく。。。なんでなんだろう、と考えてみたら、まだ何をやりたいかわからない21歳の僕は就職活動をする時の自分の中の条件がいくつかありました。

通勤時に満員電車に乗りたくナイ
SPY(一般常識試験)を受けたくナイ
長時間働きたくナイ
机でじっとしたくナイ
スーツを毎日着たくナイ
就活あまりしたくナイ

など、
(—したくない)
という理由から就職先を選びました。これではやりたい事ができる、はずありませんよね。


これを
(—したい)
という小さい理由の羅列でもいいので、そこから選んでみたら、少しでも本当にやりたい事(長く浸っていたい気持ち)に近づけるのではないか、と。
上記の(—したくない)という理由も、もし(—したい)という気持ちが強ければ、(—したくない)気持ちも乗り切る事ができるはずだからです。もし毎朝満員電車に乗るだけで、生活が保障され、いくらでも贅沢ができるのならば、間違いなくそれもーする為の過程、と捉える事ができるはず。

もしかしたら、結果として同じ職業に就く事になるかもしれないですが、(—したい)から始めた場合その幹が違うため、感情自体は違うものになると思います。
これは
年齢は関係ない、環境は関係ない、性別は関係ない。
僕は幸せな事に踊れる体を持っているし、話す事もできる。でも人並みですが、悩みもありますw

僕の両親の年齢で一生の思い出ができたと感じる事ができたのだから、それぞれの状況の中で必ずそこで幸せを見出す事ができるはず!できないとすれば、何かを言い訳にしているだけだ。甘い考えをするな!本当に大変な状況で生きている人達もたくさんいる。と言われるかもしれないですが、その中でも力強い目を輝かせてキラキラ生きている人もたくさんいるのも事実。自分一人の力で全員を変える事なんて無理かもしれない。だけど、隣の誰かなら何か感じてくれるかもしれない。だから自分だけでも幸せに生きるように生きなければならないんだ。


—したくないを
—したい



という言葉に入れ替えるだけで、何か変わるかもしれない。
長時間働きたくない
というのも
趣味に費やす時間をもっと増やしたい
という言葉に変えてしまう。それだけで気持ちが変わるはず。

僕がそうだったから、進路に悩んでいる人や、日々にもやもやしている人には、何か変われるきっかけがあるはず。実はその一歩を踏み出しさえすれば、そのまま流れに乗る事ができる。やはりそれは自分にとって仕事を辞めた事と、海外に行った事。
一生の思い出を作り続けるために今懸命にできることに全力を注いでいきたいと思います!
 
11月になりました!

https://www.youtube.com/watch?v=rLYR3WPH2cM

ハロウィーンも終わり、今日はNYでは、NYシティーマラソンですね!ランナーのみなさん。楽しんできてください☆
そして、今月でちょうど渡米、5年が経ちました。経ました。振り返れば短かったように思えますが、自分でも想像できない今の姿はあります。これがそと時描いていてゴールだったのかどうかはわかりませんが、とにかく楽しんで生きています。それだけで感謝です。いつもありがとうございます。
動画は5年間の一部を編集してもらったものです。本当に色んな舞台で表現させてもらいました。踊りという自己表現でも、日本もアメリカも、それ以外の国も訪れる事ができました。感謝、感謝です。

さて、先月は既に色々投稿していますが、タイに10日間ほどパフォーマンスに行ってきました。これはハワイにいるシェフとのパフォーマンスだったので、直接会える時間は前日までなく、スカイプやメール等で練習や打ち合わせ等を行っていました。1日3回以上のパフォーマンスが毎日ありましたが、なんとか大きなトラブルもなく成功する事ができました。タイ滞在中は、『せっかくだからもったいない、MOTTAINAI』の精神が働いて、毎日2—3時間くらいの睡眠でも日々元気に動き回ってました。ちょっと時間が空けば、外に出て観光に行き、体の維持のために朝は毎日5時くらいから周辺を走っていました。やはり新しい体験は自分を鼓舞してくれます。これは改めて確信しました★
しかしニューヨークへ戻ったとたん、やはり体調を崩し、2日間ほどは引きこもるという事に。でも人間の限界は簡単に超えられる事に感動。

【あなたの舞台はどこですか?】

今回の旅では、改めてこの事を思い出させてくれました。ダンスを始めたきっかけのひとつが、「ボールやラケットを持たず、体一つで表現できること」だったんだ。今回踊る場所はほとんどがレストランのお客さんの席やキッチン内部。日本で講演を行っている時は15人くらいしか入れない会議室で踊る事も多いし、小学校の体育館やバー、NYでは仕事でほぼ毎日ストリートで踊っている。これは自分がダンスを始めた動機と本当に重なるな、と感じました。

どういうことか、というと普通に誰かと話している時に、ちょっと踊って欲しい!と言われる事がよくあります。これはそのアーティストの価値観や考え方によると思うのですが、僕の場合、”ちょっと”はできないのです。やるなら、100%で。どんな状況、どんな場所でも、その時にできる精一杯を。もちろん、しっかりした衣装で、照明で、舞台で踊れたら自分の魅力を100%引き出せると思います。だからそのいきなりの場所で踊る事は自分の100%ではないかもしれない。でも、自分のダンスを始めた動機、どこでもいつでもできる。それがダンスで。サッカーでシュートを見せてと言われても、テニスでボールを打ってと言われても、その場でやる事は容易ではない。自分の100%を出せない状況では、パフォーマンスするべきではない、という意見の人も多いと思います。自分を一番に活かせる所じゃないと、自分の価値が下がってしまいかねないから。
しかしだからこそ、ダンスというものは、もっと一般(ダンスをしていない人)に広がるべきであり、広がる理由がここにある。既にみんなの心と体の中には、踊りがあるのだから!

だから自分の舞台はどこでもいい。求められれば、そこでやるだけ。やれる事を全力で。そこで踊りをベースに表現していく。自分の人生の舞台はどこなのか?どこが、何が一番単純に、心を揺さぶるのか。その一点さえ見つかればそれだけで人生は素晴らしいものになると思うし、必ずあるものだと思います。ひとつに特定しなくてもいいと思うし、そのひとつが見つかった僕だからこそ、もっと伝えたい事がある。ニューヨークに来る前は、知らなかったし、気づけなかったから。単純にもったいない, mottainaiですよね。
自分がタイで感じたあのワクワク感を、自分の日常に更に落とし込めたら、ほんと楽しすぎる毎日なんだろうな。5年住んでいて、どうしても慣れてきて、いい意味でも悪い意味でも。新しい事を発見する事は難しい事かもしれないけど、心持ち次第で、毎日更にドキドキしていられる。

ダンスもそうだけど、やはり僕にとって旅もその動機の一つだと改めて気付きました。21歳で就活していた時、ただ3ヶ月に一回、営業場所が変わるという理由に、150万円するマッサージチェアーを売る仕事に面接に行った事を思い出しましたw新しい事、新しいものを見るのが本当に好きなんだということ。幸いにも?その面接は1次で落ちましたが。

だから30歳の今の僕は
舞台はどこでも、そして踊りをベースにした表現方法で生きています。

もしかしたら、近い将来、変わるかもしれない。でもそれでも良いと思っていますし、可能性は一つじゃない。むしろ、その時自分に何ができるか、その方が楽しみです。要は毎日エキサイティングにドキドキワクワクして楽しく挑戦している毎日を過ごせていれば、それでいいのだから。信念さえ変わらなければ大丈夫。

さて、6年目のニューヨークは一体何が起こるのか?!
11月からはそろそろお祭り気分の年末が始まります!さて、どうなることか。。。
本当にわかりません!www しかし偶然の出会いや体験で想像できなかった今を過ごせているので、またいつか来る未来の奇跡の時の為に、その準備をしっかり行っていきたいと思います。日本での講演やパフォーマンスに向け、そちらも並行して準備していきます。結局奇跡を起こすのは、いつも自分なのだから!

今回タイでお世話になったベニハナさん(レストラン)のモットーに、

it’s not just a meal, it’s an experience

とありました。
それは食事をするだけではなく、経験も得られる。
と直訳するとそんな感じだと思いますが、ただレストランに食事をするだけではなく、そこに“何か”別の見えないもの、それがパフォーマンスであったり、感動であったり。誰かとの出会いであったり。50年以上前から存在している、当時では考えられなかった、相席で食事をするというスタイル、本来行儀の悪い事とされている、食べる道具をパフォーマンスとして魅せるものに創り上げたスタイル。学ぶべき所が非常に多かったです。自分も常識にとらわれず、ただ、ダンスを踊るだけ、ではなく、そこに見えない何かを追求していきたいと改めて感じる事ができました。
僕も


”It’s not just a dance, it’s an experience.”
それはダンスだけではなく、”何か”が他にある


ようになれるよう、引き続き楽しんで進んでいきたいと思いますい!今新しいことに色々チャレンジ中です!またしっかり決まったらお知らせしたいと思います!!!

Day1 (Thailand)
今日は意志の強さという名の時差ボケを利用し、朝4時に起きて、ぶらりランニング散策。やっぱり新しい場所はいいですね!このまま9時からリハーサル。仕事も遊びも完全燃焼で15日まで過ごしたいと思います!
Today, I woke up 4AM, my Determination for success in my life(named jet lag). Running around and I feel so fresh! I really love new place. smells… ok!!!

Day2 (Thailand)
昨日は早く寝たので、今日も5時に目が覚めて、朝食を食しています。昨日は6時までリハの後長旅での疲れもたまっていると感じたので、マッサージを受ける事に。調べていたら、有馬温泉という所が有名だったので、その名前の怪しすぎるお店へ。しかし内容は2時間オイルマッサージとタイマッサージで800バーツ。日本円で約2600円。しっかりと力を蓄えさせてもらいました!
朝も夜も人が多く、街はエネルギーに溢れています。ファミマではリラックマを推している模様。 さて、今日から毎日パフォーマンスが始まります!
http://pattayatoday.net/life-leisure/events-calendar/star-chefs-bring-culinary-flair-to-benihana-pattaya/
こちらは11日からのパタヤでのパフォーマンスの告知になりますが、これと同じように今日、明日はバンコクでパフォーマンスがあります。
Avani Atrium Bangkok Hotel
で今日は2時半から、明日は2時から、の予定です。もしお時間の都合がある方は是非ご一報くださいませ!

  I woke up 5 AM today, and running around hotel again. Yesterday, I took oil massage and Thai massage. 2 hours 800THB. about 22$. it’s so cheap and good quality!
From morning to Night, Here is so many people and I feel much energy from this city. There is an air of mystery about this city!
From today, We have a performance every day until Oct 15!
This wii be happend in Pattaya from Oct 11.
http://pattayatoday.net/life-leisure/events-calendar/star-chefs-bring-culinary-flair-to-benihana-pattaya/
So please be careful with the movement of the typhoon Toshi

Day3 (Thailand)
タイ滞在も3日目に入りました!昨日は初日のパフォーマンスを終え、お客さんも喜んでくれたので、今日も昨日の経験を活かしてしっかりと舞っていきたいと思います。
その後夕方はまた観光に行きました。特に目的も無くフラフラと街中を徘徊しました。
夜は交流会があり、ホテルのプールサイドで飲んだり食べたり。色んな世界から来た人たちと楽しい話ができました。世界10カ国以上から来た、様々な人種の人たちと話して、とてもタメになる話をする事ができました。”英語”というコミュニケーションスキルは、改めて素晴らしいものであると同時に、他の人にもやはり必要だという事を思いました。
その後、普段はほぼ行かないのですがタイでは有名なクラブ?のROUTE66という所に行きました。会場は中に入れないほどの熱気と人々。タイのエナジーを改めて感じました。
さて、今日もパフォーマンスです!またしっかり楽しんでもらえるよう、しっかり体を整えて望みたいと思います。
街中野良犬多し。みんな眉毛太し。物安し。街は祭りの臭し。辛くないと言われても食べ物辛し。

I finished first performance yesterday. It was really fun and we did it! Everybody smile at the performance!!!
After that, I went to some famous places in Bangkok aimlessly.
And the night, we have a party and I could talk to people who came from other counties. Approximately over 10 counties are there! I felt English is really important as a person who is active worldwide. After the party, I went to the club called “ROUTE66”. soooo many people there and I felt again here is so much energy!!!
So I have performance today too. I will prepare for that and will be enjoy today! everyday weare shufflin!!

Day4 (Thailand)
タイも4日目、折り返しに入りました!タイに来てから、毎日朝走っているのですが、街並みを知るのに、実際にその場所に立って溶け込む事が一番早いような気がします。
2日目のパフォーマンスも終え、今日はこれからパタヤへ行って、こちらで引き続き舞っていきます。まだ半分残っていますが、本当に貴重な経験をさせてもらっています。と同時に、大学生の時に就活で全国色んな所に営業に行けるという事だけを理由に、150万円するマッサージチェアーを売る営業の仕事の会社の面接に行ったのを思い出しました。やはり新しい人や場所に行く事は、アドレナリンが出まくります。もっとドキドキしたい人生を送っていきたい、と更に思う事ができました。ただドキドキしたいだけなんだ。世界はまだまだ広い。こんなにも行った事がない場所や、会った事のない人がまだいるのは幸せな事だな。と感じる今日この頃です。

Thailand at the halfway mark. Every morning I am running around hotel, and it’s better to know the real life of city.
I’m done 2nd day performance, and we are going to Pattaya today, and then we will be performance there again! I was able to gain many valuable experiences. and that still going on!
I get adrenaline pumping up everyday, cause each day all new for me. Still I have a place where I don’t know, still I have a friends who I don’t meet yet. That is miracle and make me Happy! Much opportunity and possibility!!

Day5 (Thailand,Pattaya)
おはようございます。昨日は深夜3時に寝て早朝5時にすっきりと目が覚めました。アドレナリンと好奇心が人間に与えるパワーはとてつもない、と感じています。
昨日は2つパフォーマンスがあり、一回目は外でゲリラライブパフォーマンス。最初はお客さん2人くらいだったのですが、始まってからどんどん人が集まり、最終的には結構人が集まっていました。夜はまたレストランの中でパフォーマンス。レストランの中でスモークがあったり、ストロボみたいな照明があったりと、エンターテイメント要素の設備がたくさんありましたw
お客さんもとても喜んでくれたので、素晴らしい時間を過ごす事ができました。エンターテイメントはすぐそばにある!
そのあと、パタヤでは有名らしい、ウォーキングストリート、という所に観光がてら行ってみました。こちらもまた深夜とは思えないほど街にエネルギーが。。。!このエネルギーはタイムズスクエアや渋谷を超えていると感じましたw
今日は3つのパフォーマンス!2つはショッピングモールでのゲリラライブパフォーマンスと、もう一つは昨日見に来てくれたお客さんが急遽誘ってくれた、パタヤで行われる、ベジタリアンのフェスティバルでパフォーマンスします。とても大きいコミュニティーらしいので、しっかり調子を整え、最高の自分で迎えられるようにしたいと思います!その為に今日も朝からランニングに行ってきたいと思います★パタヤビーチと言われる界隈を走ってきます。
それでは、今日もよい1日を!

Hello guys! Yesterday we had 2 performances and I think that was amazing. Everyone happy, we are happy!
Even I was go to bed 3AM , but I already awake like 5AM with super good motivation. People’s energetic and applause give me special protein. 2 hours sleep is not bad!
We are going to 3 performances today. One is The Chinese Vegetarian Festival known as “Gin Jai”, and others are surprise concert performance at the shopping mall in Pattaya. So I will be ready to rock it again with running Pattaya beach from now!! Hope we luck and have a special day for you!

Day6 (Thailand,Pattaya)
とうとう6日目に入りました!そして相変わらず昨日は少し早めに寝れたので、ゆっくり休もうと思ったら、3時に目が覚めたので、せっかくなんで、起きてしまいました!
色々他の方からアップしてもらってますが、無事3回のパフォーマンスを終える事ができました!2回目は外で行ったのですが、タイ特有の気候、突然の雨により30分ほど延期、床はびしょぬれでしたが、とりあえず、踊る事ができました!いつも外で踊ってますから、これくらいでへこたれる訳にはいかないですタイ。
こんな感じで色々な所でパフォーマンスさせて頂いております。あと2日、今日も3つのパフォーマンスの予定です。またどんな出会いがあるのか、とても楽しみです★ これからまた良いイメージを意識しながら、外を走りながら今夜の準備をしていきたいと思います。お昼にはバンコクに戻ります。
早いものであと2日。。。!最後の最後まで絞りきっていきたいと思います!
ここにも記事が載っているのですが、いつも名前がどこか違う。。。
Always my name is wrong… guess tricky to pronounce…
Start the day of 6th in Thailand! Yesterday(today), I could go bed earlier but I woke up 3AM. so I’ve waking up and do some desk work.
some of my friends already uploaded but last time’s performance is now on Youtube, so please look at this!
https://www.youtube.com/watch?v=TKk…
I am performance like this everyday. And We gonna leave this morning to Bangkok again! 3 performances today, so we’ll see what happens! I just doing my best!!

Day7 (Thailand)
とうとう最終日になりました!
昨日もホテルのレストランで、3回のパフォーマンスを終え、いよいよ今日で終わりになります。 本当の意味で楽しい毎日は、あっという間に終わってしまいます。
寝るのがもったいなくて日々睡眠時間が少なくなってしまい、今日は1時間睡眠です。ナポレオンを目指します。でも日々の生活もこれくらい、毎日ドキドキ、ワクワクした生活を送っていきたいと改めて思いました。
そして昨日は出歩く時間がなかったので、変わりにまたまたオイルマッサージに行きました。300バーツ、約1000円で1時間。強すぎず全身を軽くマッサージするだけなので、毎日やってもそこまで問題がないように思います。今日も時間見つけて、いけないかな。。。と目論み中。
あと23時間でタイを出発です!また約1日かけて、NYに戻りますwここからは1分も無駄に過ごしたくありません!ということで、また帰って落ち着いたらご報告させていただきます。
今日も1日”TANOSHINDE”生きましょう!!

This is last day of Thailand. Great time does fly really fast. everyday amazing! Yesterday we had 3 performances and it was dope! we found out some new possibility of performance!
I miss to spend everyday, and today 1 hour sleep, but I am still alive! Human is too strong now I learned from my body.
So I will leave here after 23 hours with almost 24 hours flight from here xoxo, so I’m gonna let you know what happened in here, when I get back NY. until then, I want to feel all of Thailand!!!

Let’s “ENJOY” our lives today.


Toshi
10月になりました!
Here we go!
I am ドリームレンジャイ!

ニューヨークもすっかり寒くなってきました。でも個人的にはこの季節は好きです。気温が寒くなれば、人は近くなろうとする。そうすると気温と反比例して、人の密度が上がるような気がして、寒いけど、なぜか温かく感じます。
さて、先月もお伝えしていましたが、今月から来月にかけて、イベントが盛りだくさんです。まずは10月7日―15日までタイのバンコクにパフォーマンスに行きます。今回は自分だけではなく、今ハワイにいるシェフ二人とコラボレーションして、3人でのパフォーマンスになります。どのようなパフォーマンスになるかは、今もスカイプでハワイのシェフとコンタクトを取りながら進めていますが、とても貴重な経験になることは間違いないです!いずれにしても初めてのタイなので、そちらも楽しんで行ってきたいと思っています★
詳細は上記に書きました!合間をぬって観光もしたいです。タイにもしいる方がいたら、お詳しい方がいたら、是非!おすすめの何かを教えてください!

その先の話になってしまいますが、11月5日―8日にもニューヨークでパフォーマンスがあります。こちらはオフブロードウェイのシアターのshowになります。全5回公演になりますので、こちらはまた詳細が分かり次第後連絡させていただきたいと思います☆

10月はその為の準備を行ってきた月でした。と、同時に時間のある月だったので、色んな人にコンタクトを取ってもいました。色んな人といっても、新しく出会う人よりもむしろ過去に出会ってきた人達に連絡を取らせていただきました。
自由な時間があるのは、色んな事を考えたり、自分のしたいことができる時間であったり、良いこともたくさんあると思いますが、それと同時に、どうでもいい事、考えなくてもよいことまで考えすぎてしまうこともあります。しかし10月あえて考えすぎて、その先に来るものが何なのかを更に考えることにしました。いかにポジティブ思考でも、色んな可能性を考えると必ずしも全てが良いものである、わけはありません。突き詰めれば突き詰めるほど、そこにはネガティブな感情は当然のように出てきて、実際、感情だけではなくフィジカルな要因も出てきます。

例えば僕なら、滞米5年目で、果たしてこのままでいいのか?と。確かに毎日楽しいし、活き活きもしているけど、じゃあずっと先の事を考えたら、、、10年、20年後、家族、国、仕事、不安を考えればいくらでも考える事ができる。しかしそれを加味した上でも、自分のしたいことを突きつめていったほうが絶対楽しい一度しかない人生を送れるとは信じているし、実際そう思う。確固たる理由としては、シンプルで。

時代は移り変わるから。

もし問題がお金だとしたら、お金に対する価値観も変わるかもしれないし、国だって今まで以上に多国籍になると思うし、家族だって、家族がいることが幸せという指針も時代と共に変わるかも。しれない。だから、先の事を考えるのは悪いことじゃないし、目標に対して逆算して行動を決めていくのは必要な事。だけど、とどのつまり、時代が変われば、自分も変わらなくてはならないし、災害や何か不幸が起きれば、優先順位が当然変わってくる。せっかく時間をかけて計算した方程式も外部の要因で変えざるを得なくなってしまう。だからこそ、今が一番大事で、目標は長期的に持ってもいいと思うけど、それはあくまで具体的な現象ではなくて、信念だったり、志だったりするものなんだと思う。自分の気持ちさえぶれなければ、環境が変わってもそこでまた新たな目標を立てる事ができるから。

だから10月はそのネガティブに飛び込んでみた。それは気持ちの面で既に持っているモチベーション(覚悟)のラインを超えるために。多分もうポジティブになる術は、アメリカ滞在の時に身につけたので、その限界地を越える事で、更に躍進できるのはないか、と考えたからだ。つまりマイナスな感情や、ネガティブな出来事が多いほど、その分強くなれる。という事だ。自分の許容範囲のふり幅を大きくすること。苦労は買ってでもしろ、っていうのが理に叶います●

その結果今の段階で行き着いた答えは、やはり変わらなかった。楽しいことをしたい。と。ネガティブに考えるメリットはもう一つあって、“どうせ自分なんて・・・”“自分になんて無理だな・・・”と生きるのに臆病に考える事によって、そこから現実的なものを見出す事ができること。つまり無理だと思う感情には、理由があるわけで。逆に言うとその要因を取り除けば、できない理由はない=全てできる。となる。しかもその要因は得てしてこの場合、痛いくらいに具体的だと。

いつもポジティブに生きてる時には気付けない事がそこにはある。なぜならポジティブに生きるという事は、自分の都合の良い方に考えるという思考回路に他ならないからだ。だからこそ夢を叶えるために、その現実に起こるであろう、そしてこの先の事などを踏まえた、事実に基づいた目標設定ができ、その為の行動ができるようになるのではないか。
だから、改めて今自分と繋がっている方達に連絡させてもらいました。同窓会などでもそうだと思いますが、仮に10年、20年以上会ってない人でも、既にその関係は仮止めしてあるので、会ったらすぐに深い関係になれると思いますし、未来は創れるけど、過去は作れない。共有する想い出が既にある事は、すでにそこの共感というキーワードが生まれている。2度と作れない時間を過ごした友と過ごす今は、この先に一生訪れないものだと思います。

ネット等で、いつでも連絡できる世の中だからこそ、こういうコミュニケーションは意外としないのかな、と思います。近すぎて逆に会わない、ってことありますよね。文字、話すという行為ならば、5秒でできる世の中だから。未来と同じくらい過去も大事にしていきたいと思います。歳を重ねれば重なるほど、その過去の比重は絶対に大きくなります。これは絶対と言える数少ない現象です。過去が大きくなればなるほど得られるものは経験です。見るもの聞くこと全てが新しかった30年前から、30年という過去を今度は経験として、また未来を生きていきたいと思っています。それができたら、どんな過去も、今、造ることができる。しかも自由自在に。変えられない過去の事実。実際に現実に身に起きた事も帰る事ができる。気持ちの持ち様によってそれは虚構にできる。逆にそれができなければ、せっかく過ごしてきた自分の歴史がもったいない。だからこそ、10月はその活動に当てた。
前を向くために後ろを向く.

2010年の11月に渡米して来月で丸五年発つ事になります。この5年間で自分は何をしてきたのか、何を得てきたのか。幸せな事に僕はまだここにいて、幸せな事に僕の体は自由に動き、幸せな事に明日はまたお腹が空き、幸せな事に怪我をすれば瘡蓋ができる。しっかりと見つめなおして、6年目のシーズンを迎えたいと思っていますので、どうぞ今後ともよろしくお願い致します。楽しい報告ができるように、サイコー!人生を送れるように!!

夢を叶える方法がたくさんあるように、夢の最終形も一つではないはず。この写真はそんな意味合いを込めました▲▽
Designed by
Takeori Motohashi
http://www.iamtakeori.com/

今まで出会って来た全ての人と、これから出会うであろう人々へ。
どうぞ、今後もよろしくお願いいたします。

ドリームメーカー
Dream Maker
中澤利彦
Toshihiko ”TOSHI” Nakazawa
9月になります!

NYはもうかなり暑さも和らぎ、長い冬の始まりを告げようとしています。NYは青森と同じ緯度で、寒さ的1年の半分以上は冬と言われています。しかもマンハッタンは特に川に挟まれており、強いビル風も吹き、体感温度は更に低くなります。でもNYといえば冬のイメージがあります。ハロウィン、サンクスギビング、そして綺麗なイルミネーションのクリスマス、そして世界で最も有名?なタイムズスクエアでのカウントダウンとイベントが続きます。観光客が一番多くなるのもこの季節です。
ちなみにここに投稿してあるyoutube動画なのですが、クラウドファンディングのありがとうビデオになります!サポートして頂いた方はもちろん、初めて聞いた方もぜひぜひご覧になってみてください!

★日本の子供達へ夢や可能性を伝える講演活動をしたい!~From NY~
https://readyfor.jp/projects/toshi-japan-tour

再生条件:パソコンはGoogle Chrome、Android端末はYouTubeアプリが必要
 iOSは順次対応のこと。ちなみにIEで見ると単なるパノラマ動画です(マウスで動かすことができない)。
Android からの再生方法
http://www.appbank.net/2015/06/18/iphone-application/1042218.php

さて、NYに戻ってきてから、2ヶ月弱になります。日本で出会ったご縁で、ここNYでも色々つながり、また新しい事にチャレンジしている最中です。と同時に毎日のルーティンワークを欠かさないように心がけています。目標が遠い時には、形になるのに時間がかかるため、日々のモチベーションを維持するのはかなり大変な事なのですが、大きな物を手に入れる為に今はそのピース集めの時期でもあります。多分ここが俗に言う、頑張り時なんだと思うので、ここは『頑張り』ます!!来月の始めにはまた新しい自分の可能性を広げるであろう、イベントが待っているので、その時の準備をしっかりしていきたいと思います。
最近、改めて自分の進むべき道を考えています。ダンスもそうですし、それ以外の人生の進みかたもそうです。

ところで、、、

ジェネラリストとスペシャリスト

聞いた事があると思います。時間は有限で、全てを得る事はできないし、でもできるだけ多くの事を得たい。でも24時間の中で何を選択して1日をデザインするか。それが1日、1週間、1ヶ月、1年となり、10年たつ頃にはそれが自分を構成している。何かを得る為には何かを捨てなければならない。
色んな事に興味を持つ事は良い事だ。だけど、それによって1つの専門性を持つ事を捨てる事になってしまう。

一つの事を突き詰める事は良い事だ。だけど、それによって多角的に視点を持つ事を捨てる事になってしまう。

僕の場合、やっぱりダンスで考えた方が早いんだ。
2003年4月に大学で始めたダンスも、3年のブランクも加味しても、気がつけばダンス歴も10年目に突入している事に気付いた。色んな経験をして、今も一つの事を続けている事は、周りから見たら、スペシャリストに見えるかもしれない。けれど、自分の中では実は違っていて、ダンスという広いカテゴリーの中ではジェネラリストだと思っている。
ダンスを始めた時は、そんな事を考える事もなかったし、ただ先輩や友人の動きを真似て、ついていくのに精一杯。新聞配達の住み込みで働いていた僕は、朝2時には起きていたので、授業はほぼ寝ていて、その分部活後は家のリビングで練習w バイト中も毎日流れる曲に合わせて基礎的な練習ずっとしていた。 通学中だろうが、どこでもとにかく目の前にあるものをこなしていた。
ただ、こちらに来てから、ただやみくもにやるだけでは突出できないと思い、この事を考え始めた。
創作ダンスから始めた僕にとって、もはやジャンルの区別はなく、ダンスのジャンルという固定概念は他の人より少なかったように思われる。しかしながら色々考えて、ある時、やはりダンスの中でもスペシャリストを目指さなくては、と考えた時期もあった。つまり、ダンスの中でもジャンルを絞って練習するという事だ。一概にダンスと言ってもたくさんの種類があり、それぞれのジャンルでバトルも行われている。
でも、その道のスペシャリストを目指すのであれば、それ以外を捨てる必要があった。1日8時間練習し続けて、職人技にまで到達した達人がたくさんいる中で、自分のダンス歴、ブランク、色んな事を考えたら、それでいいのかと迷いもあった。その時に相談した先輩に、

色んな事を出来る事を自分のスペシャルにすればいいのではないか

と言われ、それにすごく自分の中でしっくり来た。
だから『ダンス』というカテゴリーの中では、色々な動きを一通りできる、という事が僕のスペシャルになっている。と自分では思っています。それぞれのジャンルは65点で、成績で言えば、Bくらいかもしれないけど、それを平均的に取れる事が逆にスペシャルなんだ。あとはその組み合わせで、100点以上のものを捻出するんだ。
その『ダンス』という枠を超えた活動が講演だったり、他ジャンルとのコラボレーションだったり。近年はそういう活動も行ってきている。
僕の場合はそれはダンスだけど、他の人ではどうなのか?これはただしている事が違うだけで、考え方自体は似ていると思っています。
どっちが大事なんて決められないし、僕のあまり好きでない良い方をすれば、


状況による、人それぞれ


というのも事実。

https://www.linkedin.com/pulse/20141210151331-3090630-generalists-vs-specialists-who-owns-the-future
英語だけど、おもしろいコラムを見つけた。そもそもジェネラリストとスペシャリストのどちらがこれから大事かなんて、決める事は不可能だと。ここでもit depens(その時の状況次第)と言っている。またこれを決めるのは、チョコレートアイスと、バニラアイス、どちらが好きか、という事を決める事と似ている、とw。
じゃあどうすればいいのか?と思った時に、そこに正しい答えを出す事は不可能だと思っています。みんながそれぞれ専門的な事ばかりしていては、歯車が合わないし、でもみんなが平均点だけならば、そこにクリエイティブな新しいものが生まれる可能性が少なくなる。
確かに状況によって、自分を変える事も必要になってくるのは事実で、例えば会社に入ったら、郷に入ったら郷に従え。という事で、そこのルールの中で自分が出せる個性を発揮しなくてはならない。じゃなければ秩序は崩壊してしまう。国間でも文化が違う、日本人だからと言って、日本の常識のままで海外に乗り込むのもちょっと違うのではないか。それがどうしても嫌なのであれば、個人でフリーランスで自分のしたい事を創っていくしかない。

僕が思うにここで大事なのは、

どんな状況でも変わりのきかない存在になること

だと思っています。しかもそれを決めるのは他人じゃなくていい。自分がそう思っていればそれでいいと思っています

「自分の変わりなんていくらでもいる」

と自分自身で思ってしまったら、それは少し寂しいですよね。
僕の場合も、ダンスだけで言えば僕と同じ振り付けを教えて、同じ曲で踊れば、僕より更に上手に踊る事が出来る事ができる人はたくさんいる。でもそこに自分が持っているものを上乗せしていくと、自分にしかできないオリジナルが生まれる。それはダンスというジャンルを飛び越えて発生するものだと思っています。3年のブランクだって、その間に培った、マネージャー職としての経験は、ダンス以外の場面で非常に活きています。実際のパフォーマンスなんて数分で終わってしまう。そのために毎日練習を重ねてその数分に爆発させる。でも全ての時間をダンスに注げる訳ではない。練習時間だって、1日5、6時間もできるわけじゃない。でも踊ってない時にでもアイデアを考えたり、動画を見たり、showを見に行ったりと、感性を磨く活動もとっても大事だ。それ以外にも食事、睡眠、移動時間など、生きてく上で必要な時間の方が多い中で、自分の過去に行ってきた活動は非常に助けになる。

大切なのは実際踊っている以外の時間の使い方だと思うし、それはダンスだけしかしていない人からしたら、考えられない視点からも物事を見れるということだ。今の自分の経験をできているのは、自分しかいないのだから。それだけですでにオリジナル。自分の今まで生きてきたものの中で、出来ることを精一杯やる。それだけで尊い行為で、それを続けた結果、形になる時がある。それを成功というのかもしれない。でもどうせ、その先にまた新しい目標ができて、終わりなんてないんだけど、それも分かってるんだけど、それを継続できた人こそが、何か大きな物をつかむんだ。自分のしていること誇り(プライド)を持って進んでいきたいと思います。


やらなきゃいけないことをやるだけ。そうすればうまくいく。
You do what you must do and you do it well.
-ボブ ディラン


本当はシンプルなのに、複雑にしているのは自分達なのかもしれませんね。

それでは、9月も全力でエンターテイメントしていきましょう★
私は今成田空港に向かっています。とうとう日本を発ちます。2ヶ月という長い期間でしたが、非常に短かったです。でも思い返せば遠い昔のよう、、、また向こうに戻ったら色々報告させていただきます。

後半の講演を報告させて頂きたく思います!!(名古屋、神戸、三重、新潟、東京編)

前回報告させていただいた、東京、京都での講演終了後
http://ameblo.jp/goemonfromjapan/entry-12044533346.html
その後は
★兵庫教育大学附属小学校に行きました。ここでは講演&みんなでダンスワークショップ!を行い、そのまま名古屋に戻りました。

その後、
★三重の伊勢若松へ・・・!こちらではパフォーマンス&講演を行わせて頂きました。来ている方々も非常に世界基準で活動している方も多く、また素晴らしい出会いもありました。

★その後、名古屋のセミナーに行き、色々な考えをインプットし、一度新潟、小出でのワークショップの為、日帰りで新潟へ!5時間にも及ぶ!初めて経験する時間でのワークショップですが、本当に多くの方々に来て頂きありがたかったです!!一緒に主催、ご協力頂いた、S.O.Pダンススクール代表、酒井さん、本当にお世話になりました!!

https://www.facebook.com/SOP%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%80%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%AB-101057353325892/

★その後、名古屋に戻り、名古屋ブルーノートでのパフォーマンスの為、リハーサル等の準備に本格的に入りました。そして、7月3日の本番を無事に終える事ができました。リハーサルから、本番まで、バンドとのコラボということで、自分にとってもほぼ初めての試みでしたが、また新しい可能性を見いだせるきっかけになったと思っています。一緒に公演を行った
NEO Japanesque https://www.facebook.com/neojapanesque.jams
さんは和洋楽器混成ユニットとして、これからは更に新しい可能性を持って、世界にビジョンをおいて活動するということなので、また世界のどこかでコラボレーションできるよう、自分も全力で精進させていただきます。

★翌日は再び三重へ。桑名にて コウチョウと愉快な仲間たち特別企画[中澤利彦トークライブ&パフォーマンス]
を行いました。2つのソウゾウリョクを大事にするというこの楽工とコウチョウ先生の考え。 夢を描く「想像力(イマジネーション)」と具現化していく「創造力(クリエーション)」 自分が普段から思っている事と非常にリンクしていたので、話も盛り上がり、またどこかで一緒に企画したいと強く思いました!

★翌日は再び新潟へ・・・!小出郷文化会館にて講演を行いました。本格的な照明と、ステージングでとても本格的なshowを行う事ができました。当日は魚沼市長も顔を出して頂いたり、とまた新しい方に見て頂く事ができました。素晴らしいステージの機材があったので後半はダンスワークショップで、みなさんに舞台に上がってもらって、踊ってもらいましたw 舞台で踊るということは普段なかなか無い事だと思うので、その緊張感などを感じて頂けていたら、嬉しく思います。それぞれの舞台でみんなパフォーマーでありますので!!
http://kokucheese.com/event/index/312996/

その後は1ヶ月以上ぶりにw 実家に戻り、家族で温泉等に行きました。次にまたいつ会えるのか、それは誰にも約束できないので、当たり前の環境をしっかり大切にしていきたいと思っています。その間には施設を訪問したり、旧友に会ったり、クラウドファンディングのリターンの梱包作業などとパフォーマンス以外でも色々動きまわりながら過ごしていました。
★そして7月11日はりゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館 でパフォーマンス&講演。

毎回このように地元新潟で企画してもらって本当に感謝です。そしてこういう風に自分達で企画することにより、普段なかなかお会いできない人にも出会えるので、非常に嬉しい限りです。ありがとうございます!!

★そのまま不眠でTOKYO!に。こちらでは 入場料を資金として、 「みんなで集まってワイワイやってたらあら不思議、図書室を一つ、途上国の子どもたちにプレゼントできます。」
というイベントです。ダンスという表現が、更に色々な形で貢献できるようになればダンスで社会貢献!も無理では無いはず!!必ずやります!!!!
ざざざーっとではありますが、報告させていただきました。
さて、これからNYへ戻り今度は種を蒔く為の肥料を集めたり、道具を集めたり、と自分に集中すべき期間がやってきます。
自分の為にやってきたことがいつか人の役に立つ時がくる
と改めて自分に戒めて、まずは無事に!飛行機がNYの地に到達することを祈っていてください!!
元気な日本!を世界に発信するバンドネオジャパネスクとダンサー中澤利彦がお届けするコラボレーションステージ!
1st. 17:30open/18:30start
2nd. 20:30open/21:15start
ネオジャパネスク
和洋楽器混成バンド ネオジャパネスク。日本特有の美しいメロディーやドラムと和太鼓の激しいバトルセッションなど、情熱と臨場感あふれるステージをお届けし、日中国交正常化記念イベントゲスト出演をはじめ、2015年2月アジアで初めて開催されたJAPAN EXPO IN THAILANDのオープニングも担当し人気を博す。
中澤 利彦
NYのアポロシアター、アマチュアナイトで優勝。
FOXテレビによる全米アメリカのダンス番組”So You Think You Can Dance”に出演
ダンサー、シンガー、コレオグラファー、パフォーマー
どうぞ、今後共末永くよろしくお願いいたします。
こんにちは!
再び新潟に戻ってきました!
(想像以上の長文が待ってますよーwそれでもまだまだ足りないくらいですが。。)


Sorry this time Japanese only… but please feel my passion.

5月20日—5月26日まで北海道で講演活動をしていました。
本当に各場所で素晴らしすぎる出会いがあり、本当に縁の大切さ、ダンスの可能性、そして本当に色々な方にお世話になりましたが、約2ヶ月前から、色んな所に講演場所を探して頂いてコーディネートして頂いた、松並順子さんに感謝です。
本当にありがとうございました。

今回の講演も、3月に始めて無事に目標金額を達成できた、クラウドファンディングの資金集めのおかげでもあります。このセミナーをニューヨークで開いて下さって、今もクラウドファンディング普及活動をして日本全国、そしてアメリカツアーも行っている、『クラウドファンディングで夢を叶える』の著者、板越ジョージさんにもこの場を感謝申し上げたいと思います。まだまだ日本での活動は7月13日まで続きますが、おかげさまで夢の一部を叶える事ができました。ありがとうございました!

そしてクラウドファンディングを通して、自分の夢を支援し、投資して頂いた方々にもこちらで合わせてお礼申し上げたいと思います。まだまだ途中ですが、一つの夢を叶える事ができました。本当に本当にご支援頂いた方々、そして影でサポートして頂いた方々もありがとうございました。 さて、今回の北海道ツアーでは、3都市、10講演を行う事ができました。新潟からフェリーで18時間、小樽に到着。小樽でランチ会を開いてくださり、始めての焚き木を体験しました。その場所は健康応援社という場所で、とってもおいしい無添加の自家製の食事を頂きました。
http://ken-coro.jimdo.com/

1 その後、札幌に移動。札幌での最初の講演は、新聞で告知したのですが、当日だったため、一人も来ないのではないか、と思っていたら、2人新聞を見て来てくださり、更にその会場でダンスの練習をしていた人たちや、学生も参加してくれて、良いスタートを切る事ができました。中にはニューヨークに行こうかどうか、迷っている方もいて、この出会いが何か少しでもその人の可能性の鍵を開く事ができたら、と思っています。

2 翌日は旭川に移動して、急遽にも関わらず、クラブを貸し切りにして頂いて、こちらでも講演を行う事ができました。クラブということと、こちらも急遽だったため、もしかして、スタッフだけかも、、、なんて思っていたら、こちらも色んな方が来てくださって、子供たちも多くいたり、と色んな年齢層の方にお話することができました。おしゃれで良い音響のクラブで、いつもと違った雰囲気で踊る事ができました。学生時代はよくこんなクラブで踊りまくってたな、と懐かしくも感じました。
http://asahikwamo.exblog.jp/

3 その後はその流れで、近くのバーに移動。世界一のカクテルを作る方がいるというバーで踊りました。ものすごくおしゃれなバーで、踊る事はもしかしたら、場違い、かと思いましたが、横のソファーを移動してもらって踊りました。今後は畳1枚でも踊れるダンサーになりたいとも思いましたw

4 翌日は再び札幌に移動。北海道芸術高等学校のダンスコースの学生に講演を行いました。高校生からダンスという道を選んで、夢に向かっている学生に、自分のダンスや話に何か感じてくれたかはわかりませんが、ダンスというものの可能性を伝えたつもりです。ここから世界のダンサーが現れる事に大いに期待ですね★

5 その1時間半後、El Mangoにてダンスワークショップ&トークライブ講演。ワークショップでは、ソロで踊る事に踊る前は緊張していたような感じを受けましたが、いざステージに立ったら、それぞれの個性爆発!とっても楽しませていただきました★
会場はサルサのパーティーが毎日のように行われている場所で、場所もとても踊りやすく、ステージもあり、しかも食事もおいしい。と、とても快適でcool!な場所でした。愉快でとってもフレンドリーなキャストと、キレイで明るいオーナーの今美子さんの人柄もあり、非常に盛り上がっている場所でした。すすきのからも近く常連さんも多いらしく、是非お時間ありましたら、一度は足を運んでもらいたい場所です!是非お越しの際は、ニューヨーク、ダンサー、トシ!とお伝えください。いつもより更に愛の込もった料理と接客で迎いれてくれる、、、と信じていますw

6 翌日は杉本日舞スタジオAwakeさんで第一部はワークショップ。第二部は講演。を行わせて頂きました。ワークショップは小学1年生の子供も受けてくれたりしました。子供たちの個性が垣間見える時間で、とても新鮮な気持ちになりました。第二部の講演では、人数もいつもより少なかったため、スタジオに座って、アットホームな感じで進めることができました。自分ができることは、自分の楽しさをシェアすることしかできませんが、この出会いが、札幌、ニューヨーク、世界の壁を少しでも埋めることができたら幸いです。
http://www.st-awake.com/

7 キラキラゴールデン衣装のまま、次の会場、キューバンサルサダンススタジオLA RUEDAに向かいました。途中の車中では、杉本日舞スタジオ代表のお手製おにぎりとオレンジを頬張り、急いで移動。サルサのダンススタジオのため、ヒップホップやアニメーションダンス、とはまたジャンルが違う場所でしたが、『踊る』という共通ワードのため、ダンスの話を中心にさせていただきました。サルサはオーディションのため、少しかじっただけでしたが、この機会にもしかしたら、サルサも次回のパフォーマンスにとりいれられるのでは、、、と感じました。


8 その後、一度家に戻り、「英会話スクール 外国語サービス 翻訳・通訳 Studio May」さんにお邪魔しました。主催者のMayさんにも最初に小樽についた時からずっとお世話になっていました。普段は英語のスクールで、定期的に国際交流パーティーを行うイベントですので、もちろん踊るための場所ではありません。しかしながら、みなさんのご協力のおかげでこちらでもスペースいっぱい使って踊ることができました!普段は大きなステージをイメージして作っているので、こういう所で踊ることはあまり無いのですが、近いから迫力があった、とのご意見ももらったりして、ダンスという、体一つでできる表現の可能性を改めて更に自分でも感じる事ができました。
http://www.e-may.net/

9 そのまま狸小路にある、TK6という外国人の多く来る有名なバーでのパフォーマンスを行いました。こちらも机を移動して、絶対普段踊る事の無いだろう、と思われる場所で踊りました。ここでもまた偶然の出会い、一ヶ月前までブルックリンに住んでいた!というミュージシャンに出会ったり、まさに偶然の奇跡がまた起こりました!
翌日は1日お休みだったので、昼は近くの食堂、がんねん食堂にて新鮮なサーモンハラス燻製定食を食し、家に戻り事務作業、そして夜は、昔からずっと行きたかったアーティスト『Salyu』のライブに行ってきました。バンドの体調不良で、当日はボーカルとピアノのみ、のライブになっていたのですが、圧巻のパフォーマンス。ピアノと声だけで繰り広げられる90分。歌う、弾く、というダンスにも似ている見えない感性に流し込む芸術に、感じて心が動きました。と同時に自分のダンスもこんな風に人を感動させるようなものにしたい。と強く思いました。感動させるとは別に人を泣かせたり、センチメンタルにさせるだけでは無い。人の心を動かす事なんだ。感情を揺さぶること。それができるのが芸術。そしてそれは世界で挑戦できるものなんだ。


10 翌日は車で札幌大学の近くのアートプレイス「六軒村 エンロケン」に移動。押し花のアートや、100歳現役で写真を撮り続ける女性の写真が飾ってある所でした。
http://ameblo.jp/sasamotogallery/
夜はインターネットTV『いいべさ北海度、いーキタ!』に出演してきました。ロシア人の司会者が、日本人のゲストを迎える、というおもしろい企画の内容でした。USTREAMでライブで流れたので、オンタイムで色んな人の意見を聞くこともできて、楽しかったです。見逃した方は、こちらから見ることができますので、よろしければ、是非!僕は15分30秒くらいから登場します!
http://www.ustream.tv/recorded/62674294

★★★


以上、ざっとではありますが、報告させていただきます。
この滞在中は準備などに追われ、睡眠時間が2-3時間の日々が続きました。しかし、不思議なことに毎日の目覚めはよく、体はすこぶる調子が良かったです。なぜかと思ったら、今回の講演は、『夢や可能性を伝えたい!』と表した講演でしたが、実は夢や可能性をもらっているのは、自分なんだと再認識しました。僕がしているのは、ただ単純に自分がしてきた経験と、今自分がやりたいことをやれている、という幸せな状況を伝えていること。そして、それが終わったあとに有り難いお言葉やメッセージをたくさんいただき、それがまた自分のモチベーションや夢になる。人から「直接」もらえるエネルギーはどんなに大きいものか。インターネットやブラウン感を通して伝えることの100倍、電話や手紙などで伝えるよりも数十倍、ライブで話し、場を共感し、一緒の空気を創るという作業は大事なことだと思うし、便利な時代だからこそ、不便なものが強調されていく。簡単にできるオンラインでの仕事が増えれば増えるほど、オフラインでの繋がりやコミュニケーションがより大切になってくる。

今回の出会いも最初はフェイスブックの書き込みからだったのです。ネットでコミュニケーションしていくうちに、実際この地に足を運ぶ事となりました。使いかさえ間違えなければ、本当に便利な世の中で、それは人と人との可能性や見識を大きくしてくれる。ただそこで大事なのは、最初のきっかけから、何か行動を起こす事。アクションを起こす事。
この滞在中会った人達は、僕から見ても行動を自分の力で起こしてきた人達が多かった。だから自分も刺激になったし、尊敬できるような人にもたくさん出会えた。そしてその人達は今後も更に行動を起こし、自分の足で動き、また新しい何かを見つけるのだろうと確信している。 出会いは宝で、縁は一生。初めての北海道だったけど、またこの地に帰って来る理由は十分すぎるほどありました。

だから人間はおもしろい。


教育×ダンス×英語=可能性
と掲げている事も全て正解がないから。

教え方に正解はない。
踊り方に答えはない。
英語という言語を話すという伝え方にも間違いはない。
全て個性だ。みんなが違うからおもしろい。みんなが違う経験や環境だから、人間は進化し続ける事ができるんだ。ただ生きてるだけだったら、おもしろくないじゃん!!って事。
目に見える物の答えはすぐそばにある。でも目に見えない物に答えはない。それを見つける為の人生を今後も送っていきたいと思います。
僕の名刺の後ろに書いてある職業いくつかの職業、ダンサー、シンガー、振付家、、、そして


Dream Maker
ドリームメーカー


まだまだ自分の夢を創っている途中です。また新たな出会いに期待しつつ、今日もまた1日楽しんでいきたいと思います!!
改めて、この約1週間で出会った皆様、こんな自分の話を聞いてくれてありがとうございました。謙虚に、かつ大胆に、次の可能性に向けて進んでいきますので、どうぞ今後もよろしくお願い致します。

5月9日、23時をもちまして、 
[日本の子供達へ夢や可能性を伝える講演活動をしたい!~From NY~]
https://readyfor.jp/projects/toshi-japan-tour
クラウドファンディングが終了致しました!
と、同時にプロジェクトも成立致しました。
最終的な結果を報告させて頂きます。

目標達成金額「60万円」
最終達成金額「82万5500円」
目標達成率「137%」
総支援者数は「104人」
になりました。

皆様のおかげで目標を達成することができました。お一人お一人に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました!

皆様からいただいたご支援を、日本の子供たちに『夢』という形に変えて伝えていきたいと思います。プロジェクト中は皆様からの コメントやシェア、いいね、などのアクションに感動しつつ,なんとか自分を支えて、最後までやりきることができました。皆様からのご支援を決して無駄にすることないよう、実現に向け、様々な準備を進めております。
期間中は、みなさまの貴重なお時間を頂戴して頂いて、大変失礼しました。と同時に大変感謝しております。このプロジェクトを通して、新たな人にも出会い、新しい可能性にも触れて、今までの友人や知人なども協力してくれて、本当に貴重な体験になりました。

         
 教育×ダンス×英語=可能性

このスローガンを元に、5月14日—7月13日の2ヶ月間、日本中の様々な場所にお邪魔させていただきます。まだ空いている日もありますので、もしこのプロジェクトに興味を持って頂けた方、是非ともご連絡頂けたら幸いです。夢が必要なのは、子供達だけに限った事ではないと思うので、どんな場所でも、そこに1人でもいたら、出向きたいと思っています★
改めて、支援して頂いた方々、コメントやシェア等で拡散して頂いた方々、影ながら見守っていてくれた方々、心より御礼申し上げます。本当にありがとうございました。
このプロジェクトの終了とともに、ここからが本当のプロジェクトのスタートです!終わりは始まり。必ず皆様の想いを伝えていきます。
クラウドファンディングを通して学んだ事はたくさんありますが、まずはここでは感謝の気持ちしかありません。こちらに関しては、また色々追記していこうと思っています。 沢山の応援、ご縁や機会をいただき、本当に本当にありがとうございました!!!
中澤利彦
TOSHIHIKO NAKAZAWA
30歳からの、新しい挑戦のスタート!

4月になりましたね!みなさま、いかがお過ごしでしょうか?!
ようやくNYも暖かくなってきました。これからが更に楽しい季節ですね!春はいつだって最高です☆


クラウドファンディング終了まで残り ★10日★


さて、タイトルにもあるように、クラウドファンディングが終了するまで、残り10日となりました!今の段階で、目標金額に対して %まで達成していますが、正直まだまだ足りていない、のが現状です。。。どうぞ、引き続きよろしくお願い致します。夢を叶えるために、最後まで諦めずに走り抜きます。これからは毎日このプロジェクトが終わるまで、更新していきます!どうぞ、最後までお付き合いくださいね★

近況としましては、こうしている時にも、今日は12回目の、アポロシアター、アマチュアナイトに挑戦してきます。以前も書いた事がありますが、この舞台は僕にとって、夢の舞台の一つでした。夢でした。その舞台に、またこうやって何度も立てる事はとても信じがたいものです。とにかく、今回は楽しんで踊ってきます!

これは本当に幸せなことなんです。改めて言うまでもないですが、こうやって普段踊って生活しているだけで、本当に幸せです。僕が今働いている、パフォーマンス観光バスツアー、The The Ride NYC、ライドでは、僕はニューヨークのメインので駅もある、Grand Central 駅から歩いて3分くらいの所で踊っています。週4-5くらいのペースで踊っています。雨の日も風の日も。12-2月くらいはもちろん雪の日もたくさんありましたが、雨天、雪天決行です。ぐちゃぐちゃになりながら、外で踊っています。笑

ちなみにライドの事務所はタイムズスクエアから歩いて5分くらいの所に位置しています。
なので、僕は毎日42stという通り利用してマンハッタンを往復して、仕事をしているわけです。
こんなことが10年前、5年前、3年前、1年前、に想像できただろうか?
目指してはいたものの、それが現実になるなんて、思っていなかった、かもしれない。

たまに聞かれる質問に、 「なぜニューヨークを選んだのか?」 という問いに僕は必ず

「ニューヨークで踊る、ということがかっこいいと思ったから」 と答えます。

たくさんの選択肢がある中で、何を信じて進む道を決めるのか、その判断基準は何なのか。
僕にとってそれが

かっこいいと思える自分になる

という事でした。だから英語を学ぶ事にも抵抗は無かったし、ダンスというものもかっこいいと思っているから続けている。
学生の頃、得意科目はずっと英語でした。僕にとって、の価値観は
「同じお金を稼ぐのなら、理科や数学とか、数字を使って仕事するよりも英語をペラペラに話す何か、の方がかっこいいじゃん!」
という理由でした。 この判断基準は人によってもちろん異なる、だけど、自分で自分の生きる道を否定はしたくない。
だから、今回の日本の旅は、その自分にとっての

『かっこいい』

を一緒に探す旅でもあります。もしかしたら、まだ見ぬ『かっこいい』が僕を待っているかもしれない。まだそれがどういう事なのか、を知らない人もいるはず。僕はそれに26歳くらいで意識するようになったから。
みなさんにとっての『かっこいい自分』とは何ですか?
そもそも『かっこいい』とは何でしょうか?
大事なのは、それを人と比較しないこと、その基準を自分で決めること。もっと多くの人と、夢を共有していきたいと思っています。

だからそれは、性別、国籍、年齢、なんにも関係ない。自分でそう思えた人生こそ、最高の人生だと思うし、そうでありたい。5歳でそう思ってもいい、100歳でもいい。そう感じることができた時点で、その人生はそれ以上無いものだろう。そして僕と出会った事のある人が、一人でもそうあってほしい。それがまた広がって、みんなが幸せになる。 大きすぎる話かもしれないですが、でもそういうことだと思っています。
クラウドファンディングのプロジェクトを通して、日本講演を通して、本当に多くの人に関わらせて頂いています!是非みなさま、引き続きよろしくお願いいたします。

中澤利彦
Toshihiko Nakazawa
クラウドファンディングに挑戦します!!

教育×ダンス×英語=可能性

~見えないものを見るために~

こんにちわ。3月になりましたね★少しずつ日も長くなってきました、がNYはまだまだ寒い日々が続いています。いかがお過ごしでしょうか?
さて、冒頭でもいきなり宣言しましたが、3月15日から、クラウドファンディングに挑戦したいと思っています!
ところで、みなさん、クラウドファンディングをご存知ですか?
知らない方のために。。。

’’クラウドファンディングは、インターネットを介して不特定多数の個人から資金(支援金)を集めるサービスです。新しい資金調達の手段として注目されており、世界中で500以上のクラウドファンディングサービスが存在します’’
とあります。
自分の夢に共感してくれる人からの支援を受けて、夢を形にすることです。インターネットの時代、直接会えない人にもこうやって呼びかけることができる、サービスです☆
じゃあなんで、僕は今回これをしようと思ったか。お話させて頂きたく思います。 2013、14年と合計2回の帰国で、合わせて約3ヶ月ほど日本に滞在しました。これだけ長く滞在していた理由は、自分のしたかった夢や可能性を伝える、講演活動をしていたからです。
主に学校を中心に公民会や集会所、児童施設など、6都市、30箇所以上の講演活動をしてきました。それぞれの場所で思い出があり、素晴らしい経験をさせていただきました。
この活動は是非今後も自分の体が動く限り続けていきたいと思っています。ですが、過去の講演の中で、続けていくのに必ず事前にしっかりとした予算の確保が必要だということも学びました。学校側は来て欲しいと言っているのに、しかしながら予算の関係で行けない案件がいくつかありました。交通費や滞在費等を考えると、全国のどこにでも行きます!と言うことが難しい事実もありました。
僕もニューヨークでの仕事をお休みしていくので、今現在している仕事を長期休む、ということは、それなりのリスクもあります。多くの才能がひしめき合っているNYで、必要の無いと判断された者は簡単に切り捨てられてしまうからです。代わりはいくらでもいる、というスタンスです。2ヶ月以上も仕事に来れない、という事は、同時に職を失うというリスクもあります。そして海外でダンサーとして、プレイヤーとしてのキャリアの形成が低くなる、という事もあります。期間中はもちろんオーディション等も受けることはできませんし、こちらでのパフォーマンスに参加することもできません。今の仕事もとても好きなので。。。

しかし、そういうリスクがあっても、僕は日本に伝えなきゃいけない、と強く思っています。代わりのきかない存在になると努力して、日々のパフォーマンスも取り組んでいますし、日本での講演の計画を立てるため、今ある時間を精一杯に活きているつもりです!!

知っておけば良かった
ーーー大人になるまで知らなかったことがたくさんたくさんあるーーー

と思ったことはありませんか?僕が講演をする一つの大きな理由です。
子供の事に知らなかったことを、年齢が重ねるとともに、知っていくことがたくさんあります。僕は18歳でダンスと出会い、26歳で自分の可能性を見出しました。色んな事で出会えたのでとても幸せです、が、もしそれがもう少し早く出会えていたら、、、何か人生は違った形になっていたかも。。。という想いもあります。では、どうして18歳まで気付けなかったのか?それを子供のうちに知る、というのは非常に難しいことだと思う反面、『夢』とか『世界』とか『可能性』を教えてくれる大人が周りに少なかった。という気持ちもあります。まだまだ自分で選べる選択肢が少ない学生時代は特に、周りがそれをサポートしてあげなければならないと思います。そういう機会を作ってあげるのが、力を持っている人たちの役割だと思っています。
ただ、学生は先生を選べません。これは事実です。
出会った先生で大きく人生が変わる、というのはみなさんも経験があるのではないでしょうか?
全員が全員、素晴らしい先生である、というのは正直難しいことだと思っています。どんな先生からももちろん学ぶ事はありますが、
NY在住、現役プロダンサーとして踊っていて、そして日本での社会人経験が3年間ある
という、自分だけにしか言えないことが必ずあるはず、だと信じています。 大人になっても気付かないことはまだまだたくさんあるはず。僕が26歳になって気付けたように、大事な事に気付くのはいくつでも構わない、けれど早く色んな事を知ってもらいたい。自分のこの今、この瞬間を、最高の楽しんでいる人生をシェアしたいし、多くの人に、そうなってほしい!

このプロジェクトを立ち上げるべく、今
フォトグラファー、ビデオグラファー、WEBデザイナー、イラストレーター など、現役でNYで活躍している人達にお願いして、新しいサイトをOPENさせようとしている所です♪
今回は、まず、自分がこのような事に挑戦しようとしている事を宣言できれば、と思います。サイトや写真、動画等、随時完成次第、アップデートしていこうと思いますので、そちらもお楽しみに★プロフェッショナルの方に作ってもらっているので、非常に完成度の高い作品を見ることができるのも、楽しみな所です!
日本滞在は
5月3日~7月10日
を考えています。少しずつ講演のお話も頂きつつあります。日程は講演の都合で前後可能です。

今回もここまでお付き合い頂き、ありがとうございました! 詳細等は追ってご連絡をさせて頂きます。

※このプロジェクトはある意味、『超真剣なお祭り!』だと思っています。みなさんで楽しみながら一緒に成長していけたら、と思っています!!まずは認知してもらうこと、が始まりだと思っています。
一人でも多くの方に、想いが届くように僕も出しつくします!! まさに今ゼロからのスタートです。ここからどこまで自分が4ヵ月後に成長できるか、非常に楽しみな部分でもあります♪
みなさんのご協力が更に必要不可欠になります!是非頭の片隅にでも置いといて頂けたら幸いです。みなさんと一緒にこのプロジェクトも、僕自身も成長していきたいと思っています!!何卒よろしくお願い致します。
それでは、今日も最高の一日を!2ヵ月後、日本のどこかでお会いしましょう。

中澤利彦 TOSHIHIKO NAKAZAWA
2月になりました!!
みなさまいかがお過ごしでしょうか?


少し投稿が遅れてしまって申し訳ありません! 今回はこちらを見て下さっている方の為に、ブログを先に更新してみました★  この間2015年になったと思ったら、もう1ヶ月が過ぎました。1月はオーディションがあったり、仕事も忙しく、自分を見つめる時間が少なかったかもしれません。本当の意味で毎日を大事に過ごしていきたいと思います♪ ☆そして2月1日でまた一つ歳をとりました☆ 本当にその歳、その時にしかできないことが必ずあるはず。その今の自分を大切にしていきたいです。 たくさんのメッセージを頂き、ありがとうございます☆ 今月は何を書こうか、と思っていて考えたのですが。先の事を考えるのも大事だと思うのですが、今回は、過去の事を。自分の形跡を書こうと思います。なので、今回はまったくの自己満で自分の生い立ちを綴っておこうと思います。いつも固く書きすぎちゃうので、ゆるめに書こうと思います☆


ーーーーーーーーーーーーー 1985年2月1日 新潟県新潟市で生まれる。 幼い頃は剣道や書道等をしながら、当時流行っていた漫画『スラムダンク』に感化され、小学校からバスケ部入部を希望するが、女子バスケしかなく、サッカー部に入部。自称井原正巳(元全日本のセンターバック)。ローラーブレードクラブ、図画漫画クラブも同時に入っていた。自称ゲーマーでテレビゲーム大好きっ子。ポケモン、四目並べ、ベーゴマ、メガタゾなどが流行る。好きなポケモンはカメックス。修学旅行は佐渡。行った場所は佐渡金山。牛乳委員会所属。

 中学に入り、即柔道部に入部。ほぼ毎日真面目に道場に通うも、バスケでダンクがしたくて、一ヶ月で辞めて念願のバスケ部に入部。学校大好きで学校内でもほぼ1番か2番に登校していた。昼休みはチャイムと同時にバスケット。部活と同時に流行っていたのはマジック・ザ・ギャザリングというカードゲーム。あとゲームの活動の場所を広げ、ゲームセンターに。メタルスラッグ、キングオブファイターズ、カプコンVSマーブルヒーローズ、などに熱中。バスケ部は1年生、2年生の時は先輩が非常に厳しく、上下関係の厳しさを体に叩き込まれる。しかし同期の仲間がいたので、乗り切れた。しかし3年生の時部活の顧問の先生が代わり、いきなり部活を強くするという方向性になり、それまでの楽しい部活から激変、勝ちにこだわる部活になり、A,Bチームに分かれて、そこでBチームになり、練習メニューもAとBチームで違って、入ってきた1年生と一緒の練習メニューという、若い自分には屈辱的な仕打ちを受け、耐え切れず幽霊部員に。人生一回目の挫折。修学旅行は京都、奈良。  中学3年生くらいから勉強に目覚めてそれまで、まったく勉強してなかったのにある程度成績良い高校に進学。
1年時はスポーツクラス。1年時の担任の先生がある事件を起こしで学期途中でいなくなる。担任変わる。それ以降教員への不信感が強まる。また楽しくバスケがしたくてバスケ部入部。しかしそこもまた強い学校で1年生から球拾いの日々。上手じゃなければ、人間としての価値も低いんだ、と感じて顧問に手紙を書いて退部。二度目の挫折。修学旅行はまたしても京都、奈良。  第一志望の大学を4回受けるも、受からず。友人に薦められた滑り止めの大学に入る。

新聞奨学生で住み込みで仕事をしながら通学。朝2時起き×週6で授業はほぼ眠っていた。自分の体だけで出来る、何か新しい事をしたいと思い、テコンドー部を見学に行ったら、隣のモダンダンス部の主将に『良かったら見ていったら?』と誘われて、はじめてダンスと出会う。体というものをこれだけ意識してストレッチをしていたり、男女がとても楽しそうな雰囲気で創作をしている姿に感動して、入部。 始めは創作ダンス部で、初舞台は新入生歓迎会での武富士のJAZZダンス。毎年神戸で行われる大会で、はじめてステージというものに立つ。今までバスケットでレギュラーにもなれず、ただただ応援していただけの人生の中で、舞台に立つ、という事が自分の中で自分はレギュラー なんだという気持ちが強く残っていました。
大学4年間は今までの挫折を払拭するかのごとく、全ての時間と思考をダンスに捧げる。学校登校時はいつも練習着。創作ダンスの部活以外にもアニメーションダンスのチームに入ってクラブなどで踊ったり、コンテストに挑戦する日々。部活のある日は朝7時から近くのサービスエリアでバイト→学校→部活→ミーティングの毎日。部活を引退してからは7時から16時までバイト→新宿に練習して行って池袋23時48分発の終点で帰る日々。
 卒業後は飲食業に就職。某うどん屋さんの店長や某有名ドーナツ店(ポン○リン○、オール○ファッショ○等が有名)の社員として3年間正社員として働く。忙しすぎて、ダンスをする時間や気力は無かった。しかし転勤で新潟に戻り、実家暮らしになり、時間と気持ちの余裕が少しずつ出てきたときに、やはりダンスをもう一回やりたい、と強く思うようになり、退社。退社後約半年の準備期間を経て渡米。今に至る。


ーーーーーーーーーーーーー


 ★やっぱり長くなってしまいましたね。。。でもこうしてNYで踊れていることに改めて感謝。ダンスに出会えて本当に良かった。ダンスは文字通り自分の人生を変えてくれたんだ。そこで出会った仲間や先生にも本当に感謝だし、大事にしていきたいと思っています。運命とか偶然とか奇跡とかってあんま信じないですが、ダンスに出会ったことは運命です!
バスケットではリングにボールを入れられなければ不正解。 サッカーだってネットにボールを入れなければ不正解。 でもダンスには不正解が無い。 手を右に動かそうが、左に動かそうが、叩こうが、止めようが。それは不正解ではない。正しい答えがない。だからこそ、楽しいし、難しい。そして終わりがない。それはもはや自分の生きる人生と同じなんだ。  
大学までは周りにルールという鎖をガチガチに固められてきた分、それが解き放たれた時の人間はすごく活き活きする。何か一つ夢中になれることを見つけるだけで、こうも人生が変わってくる。見る視点が変わってくる。多かれ少なかれ、みなさんにも何かあるはず。物でも人でも出来事でも。ほんのひとつのきっかけが人生を変えてくれるような。自分はそれになりたい。求めて得るきっかけもそうだけど、何気ない瞬間に出会ったきっかけに出会いたいなと。自分がダンスと偶然出会ったように。 これからの人生は自由で、自分の人生は自分で創っていく。それが創作であって、僕が一番魅力を感じたものであり、大事なものだと信じています♪
終点が決まっている道を進むより、終点を自分で作って、それに向かって各駅停車の駅を作っていく。時に急行で、時に止まったり。だからゴールが決まっている人生を否定するのではなくて、それをいかに自分で創っていけるか、が大事だと思うし、そうすることで楽しく生きていける。

かんじんなことは、目に見えないんだよ By サン=テグジュペリ そしてその最終地点は形がない。でもその過程で様々な計画を立てて具体的な目標を決めて進んでいく。そうすることで年齢を重ねてもずっと熱く、楽しい人生を送れるのだと思います。今年は既に新しいプロジェクトも動き出そうとしています。一人で出来ることは限られています。みなさんのご協力が必要不可欠です。。 2月も精一杯活きていきます★よろしくお願いします!!
あけまして、おめでとうございます!
AKEMASHITE OMEDETOU GOZAIMASU!!

↓English is bellow↓ をちょっとフライングして言ってみましたw 年末はちょっと予定が立て込んでおり、更新できるチャンスが今しかないので、お先に失礼します!!忙しいのは有難いことです☆
 みなさんにとって、2014年はどんな年になったでしょうか?
 僕は2014年1月1日に立てた目標は、半分以上は叶いました。が叶ってないものもあります(その代わり他の予期せぬ出来事もたくさんありましたが)2015年は全て叶えられるよう、日々を大事に過ごして目標に進んでいきます!2015はおそらく色々冒険の年になるでしょう。今まで培った経験を活かして、何かより刺激的な道に進みたいと考えています。2月にあと約1ヶ月で30歳になりますが、何かを始めるのに遅すぎるということはありません。なぜなら、始めようと思っていることは、始められるからなんです。本当にできないことは、その選択肢にも入ってきません。その選択ができる以上、本能に従って本当にしたいことをすべきだと思います。まあ、もしかしたら、いつも同じようなことを言っているかもしれませんね、でも大事なことは何度でも声を大にして言うべきだと思います。じゃないと伝わらないですしね。
 恋愛関係であっても『好き、愛してる』とかって何度も言うじゃないですか?(言わない人もいるかもですがw)やっぱりそれはお互いの存在を確認したいから。子供にだって、何度も同じことを言い続けることで、理解してもらえる時は多い。コミュニケーションだと思うので。大事なことは何度でも。飽きたと思わせるくらい。でも発言していくことは、自分の成長と同時に変わっていくと思うので、それでいいのです。しかもこの場所はインターネット上で、文字でしか表現できませんしね。
 僕はFACEBOOKでは、毎日のように投稿はしません。イベントに出れば写真をシェアしてくれる人がいたり、どこかに行けば、告知してくれる人がありがたい事にいるからです。日常の小さな事はtwitter とかinstagram とかで更新してます。よく僕の投稿は長い、というご意見を頂きます汗 でも読みたい人が読んでくれれば、この場所ではいいと思っていて。だから文章もキチッと1から10まで考えては作っていません。今思いついたことを書いています。ですが、読ませたい相手がいる時の表現方法を、今年はもっと学ぼうと思います。

全ては勘違いから始まる。 All begins with misunderstanding.

妄想を現実に。イメージを形に。
In reality the delusion
To form an image


 今月は大きなオーディションがあったり、引き続きTHERIDE(バスツアー)や教え等、色々なことが平行して進んでいきますが、まだまだ頑張りが足りない。ここでやれることがまだまだある。NYで踊りたくても踊れない人だってたくさんいるんだし、この今の状況が最高に幸せであるという事を認識して、本当に精一杯頑張らねば。
 いつ終わりが来るかわからない、この時を最大限に活きようと思います。終わることを意識し始めた時、風景は形を変える。NYへ最初来た時はもっと、勢いがあったはず。もっと求めていたはず。慣れてくると同時にムダなものは省ける。でもそれと同時に予想ができない出会いというものも減ってしまうのも事実。ここからは一人ではいけないかもしれない。なので是非みなさまのお力もお貸しください。自分にも他人にも精一杯活きたいと思います。今年もどうぞよろしくお願いします★自分のためにやってきたことがいつか人のためになるときが来る。それではみなさん、良いお年を&あけましておめでとうございます!
※写真は今年日本に帰った時に取材してもらった時のものです。確かまだUPしてなかったので、、、


YOI OTOSHIWO!! ¡Que tenga un buen año! 祝你过个好年。 좋은 한해를 맞이해 주세요 Ein gutens neues Jahr! Bonne année ! Buon anno! Boas Festas!